CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
『咬合』〜『顎位』・・・。
 日曜日に開催した『咬合』講演会は400名近くの参加を頂けました。

この講演会はリレー講演となり、次回は8月22日(日)@仙台で『顎位』に関する講演会が東北大学歯学部同窓会主催で開催されます。

『顎位』の制覇なしに『咬合』は語れない・・・『顎位』は一言では表現できない難解な世界です。

欧米の理論ではなく、真に人の身体を見続けてきた丸茂義二先生の真髄に触れてみて下さい。

講演会詳細はこちらから

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 18:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ベロ(舌)が痛い・・・。
 今日は、初診の患者さんでベロ(舌)が痛いと訴えられた患者さんが来院しました。

左下の奥から2番目の歯の治療後から、ベロが痛くなり・・・前医で一番奥の歯がベロに当たっているから歯を削りましょうと言われ4回調整したが・・・もっとベロが強く当たるようになったと訴えられていました。

ここで考えたい点は、調整すればするほど調子が悪くなってしまった点ですね。
原因は2番目の奥歯のかみ合わせが低くなり顎が左にずれ、ベロ(舌)も左にずれ、今までよりも左側の接触が強くなり違和感を覚えていたのにもかかわらず左の一番奥の歯を削りもっと悪化させていまったことが事の顛末でした。

例えば椅子の4脚の内の一つの脚が低くなるとバランスが取れなくなり、もっと削ればもっとバラ
ンスが崩れることは簡単に理解できるはずのに・・・困ったことにかみ合わせを知らないと削ることで対処しもっと悪化させてしまう結果になる。

天然の歯を簡単に調整したりされたりすることは止めましょうね

さて、この患者さんのベロの問題を解決するために・・・左下の奥から2番目の歯の必要な箇所を少し高くするだけでベロの違和感は軽減しました

かみ合わせの治療情報はこちらから

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 22:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
咬合=かみ合わせ問題・・・。
今日は、まだ来院されていませんが、メールでの問い合わせがあった患者さんからの話です。 
まずは、届いたメールを紹介します。
> 2ヶ月前に右下6番の虫歯の治療をしてから、調子が悪くなりました。
>
> 銀歯の噛み合わせがおかしいと言いましたが、
> 噛み合わせは合っている、
> もし気になるなら7番の歯を削るしかないと言われたので、
> 違う歯医者に行き銀歯の調節をしてもらいました。
> 結局その銀歯は低かったようで調節では改善されなかったので
> はずしてもう一度いれなおしてもらいました。
>
> しかしまた低いように感じるし上の歯が7番にあたってしまうのです。
> 最初の歯医者で銀歯と自分の歯がかなりずれていて痛かったので、
> 自分の歯の部分をだいぶ削ってしまい、低くなっているのではないかと
> 思っています。
>
> 3週間仮詰めだったからか7番に負担がかかっているのか、
> 詰めた後もずっと痛いままです。
> 左の耳のしたのあたりも痛くなってきました。
>
> 前の銀歯よりは食事も問題ないし、
> 普通にしていたら普通な気がするので気のせいかなとは思うのですが、
> たまに当たる7番が痛いので気にしてしまいます。
>
> またやり直すと神経を抜くリスクがあるのではとの心配もあり、
> また7番を削るとなると7番6番とも低くなってしまいそうで
> どうしたらいいのかと毎日悩んでいます。
>
> 一度そちらでかみ合わせを見ていただきたいと思いメールいたしました。
> また検査費用はどのぐらいになるのかも教えていただけると幸いです。
>
> どうぞよろしくお願いいたします。

この患者さんは、簡単に治せるかと思います。
何故? 簡単か・・・天然の歯を削られていない患者さんだからです。
本文中にもあったようにもし気になるなら7番の歯を削るしかない。
削られていればもっと崩壊への道をたどっていたでしょう。

治すと壊すは紙一重の歯科医療の大変さを理解して頂けたでしょうか

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 13:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噛み合わせ異常の患者さん・・・。

明日、かみ合わせ異常を訴えている患者さんが来院されます。

での訴えは、かぶせ物の治療をした後からかみ合わせがおかしくなり、精神的にイライラする・・・。

どんなかぶせ物が入っているか、興味津々ですが、きっと回復させることは簡単にできるかと思います

さて話は治療後、精神的にイライラする・・・。

逆に考えると咬合=噛み合わせを患者さんの体のデザインや口腔の左右の機能差などを考慮しないと・・・上記の精神的な問題を生じることもあります。

極めてまれな患者さんのように思うかも知れませんが、咬合を無視してはいけない点を理解して頂ければ、幸いです。

顎関節症&噛み合わせに関する情報はこちらから

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
噛みあわせ不調の患者さん・・・。
 昨日、ある患者さんから私宛に噛みあわせに関する問い合わせが入りました。

右の上下の奥歯を計6本セラミック治療を受けてから前歯に強い当たりが生じ・・・医師に相談した所、よく分からないので大学病院に行ってくださいと言われ行き、不安になりネットサーフィンし私に問い合わせがきました。

昨日の顎機能患者さんに比較すれば簡単に終わる患者さんと思います。

右の上下に装着したセラミッククラウンが低いことが原因と考え、仮の歯で調整しながら適正な高さに改善すれば解決する比較的簡単な症例かと思います。

ただしこのような状況に陥ったまま放置すると顎のズレも大きくなり、そして歯列崩壊への道に進みますので要注意です。

『治すも壊す』も紙一重な噛みあわせ治療・・・出来るだけ治療介入しないよう予防歯科で大切な歯を守りましょうね。

今日は診療終了後、CAD・CAMの新製品の説明会に出かけてきます。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄




                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 00:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『咬合』語る・・・。
今日は歯科医師向け情報です

 2010年4月18日に開催される奥羽大学歯学部同窓会創立30周年記念学術講演会 第3弾完結編の準備で大忙しの日々を送っています。

講演内容は・・・いまだに論争の絶えない『咬合』をテーマに取り上げ・・・臨床家にとって日々避けて通れないテーマでありながら、食生活や骨格、体型も異なる欧米人のナソロジカルな咬合理論が、いまだに日本人にとって理想的であるかのように言われています。

口腔内のアミラーゼの分泌が多く、お米を主食とする日本人にとって本当に犬歯誘導やディスオクルージョンなどの咬合様式が理想なのか

咬合と顎関節症のスペシャリストの丸茂 義二先生に歯科医学の根幹をなす『咬合』について正しい知識を整理して頂きます。

@六本木アカデミーヒルズ:49階タワーホールで開催しますが、現段階で350名UPの参加者に登録を頂いております。

後、100名程で満員御礼となります。
咬合の整理をしたい歯科医師のご参加をお待ちしております。

『咬合』を語るの申し込みはこちらから

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
機能の本質・・・。
私が考える歯科医療の本質とは?

一般的な歯科医療の本質は咬合機能〜全身の機能の向上であると考えています。

歯を失って機能を回復する・・・一般的には入れ歯、クラウン&ブリッジ、インプラントが掲げられますが全ては治療オプションの一つに過ぎません。
機能の本質とは何か?・・・十人十色の咬合=噛み合わせをいかに表現し全身の機能を向上することだと考えています。

機能と対極に位置する審美歯科治療の本質は、綺麗、ファッションの一部に過ぎないかも知れません。

昨日は某大学病院のいびき外来でマウスピースを約2年間装着し・・・一向に改善しなく顎も不調になり、また食いしばりも強い患者さんを改善するために解決第一弾を行いました。
経過は追って報告しますね。

マウスピース療法やプレート療法は・・・例えば高血圧症になった時点で原因追求する事もなくただ単に薬を処方するだけの歯科医療なのかも知れません。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 00:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矯正治療後に噛み合わせ異常を訴えた患者さんへの対応・・・。
 昨日、来院された矯正治療後に噛み合わせの異常を訴えた患者さんの話です。

他院で矯正治療を受け歯並びは多少改善されていましたが、上下の歯の接触関係の構築が悪く噛み合わせが悪い状態でした。
右側しか歯が当たっておらず、左側がすいてる状態で、全身的には肩が痛い、首が痛い、不眠症ぎみとの事でした。

右上の歯が高い感じがすると言われていましたが、まずは歯を削らずに姿勢指導やトリガーポイント療法で肩の筋肉から首の筋肉を弛める治療を3回施術した所・・・右上の歯の強く当たっていた箇所の違和感は完全に消失したとの事でした。
また最近寝つきが良くなりましたとの報告も受け、ますます機能障害を見つめながら歯科医療を展開したいと考えています。

歯並びが良くなる事は大変喜ばしいことですが、機能の本質とは何かを考えさせられた患者さんでした。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 23:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
気づきの大切さ・・・。
 昨日は千葉の医院での診療でした。

診療終了後、スタッフ全員に対しブラキシズム(歯ぎしりや食いしばり)をしているかいないか のチェックをしました。
全スタッフ6人中、4人は食いしばりをしていました。
今日、解決法を伝授しましたので毎月チェックをしたいと思います。
睡眠時などの無意識下の行動なので気づきにくい点が問題なのですが・・・やはり気づきが大切なんですね。 

歯科医療のテーマは『炎症のコントロール』&『力のコントロール』と言われてきています。
20世紀の歯科医療で炎症のコントロールは科学的に解明されていますが、力のコントロールは何をすれば解決できるか・・・がきっと誰も明確な説明できないかも知れません。

世界的に高名な噛み合わせの権威のルドルフ・セラバチェック先生(オーストリアの先生)も我々歯科医師がどんなに完璧な治療をしても・・・患者さんが歯ぎしりや食いしばりで歯を壊してしまう・・・ここを解決する術が難しいと言っています。

セラバチェック先生は難解な歯ぎしり、食いしばり解決の糸口のため理学療法を開始しているそうです。
EBM(エビデンス=科学的解明)は未解決ですが、理学療法により歯ぎしりや食いしばりは防げる可能性は高いと考え、現在トリガーポイントマッサージを主軸に取り組んでいます。

来週は東京医科歯科大学で歯ぎしり防止のためマウスピースを装着したが・・・顎の調子が悪い患者さんが来院します。

ぜひ、解決したい患者さんですね。

また、来月は2人の患者様の治療体験記をUPできると思います。 乞う、ご期待です。
一人は顎関節症の開口障害を解決した患者さんです。
もう一人はジルコニアオールセラミックブリッジで審美的に解決した患者さんです。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医:難波郁雄



                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯ぎしり&食いしばりを訴えた患者さんの話・・・。
今日もあいにくの雨ですね。

では今日のお題は昨日来院された歯ぎしり&食いしばりを訴えた患者さんの話です。
主訴は左上の歯ぐきが何故か 痛い

口の中を拝見しても歯ぐきの炎症もなく普通の歯科医師ならば問題ないですよ経過を見ましょうね・・・なんて答えるかも知れません。

きっと歯科医師になりたての頃は私も解決不能の患者さんだったも知れません。

そこでもしかすると左で歯ぎしりをしているかもねと言った途端・・・接骨院or整骨院であなたの顔からすると左の頸椎ヘルニアから左の顔の筋肉緊張〜歯ぎしりがあるかも知れないねと言われましたと・・・。

接骨院or整骨院の先生の驚くべき洞察力に敬意を払いたいと思います。

患者さんより何人かの歯科医師の先生よ歯ぎしりを防止する装置としてマウスピースを入れた方がよいと言われたそうですが、原因療法を私に求めているなら私は入れませんと答えました。

昨日は頭の筋肉、顔の筋肉の弛め方を指導しましたが、今後経過観察をしたい患者さんに出逢いました。

オーク歯科クリニック@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医:難波郁雄


                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 00:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 6/9PAGES | >>