CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐手仕事の医療からの咬合学と歯科臨床へ⭐

先回のブログを読んでから読み進めて頂けると流れが理解できるかと思います。

 

三泊四日の家族サービス旅を終えて、今朝東京に戻りました。

読破したい本が山積みなのですが、真っ先に復習を兼ねて咬合学と歯科臨床、、、よく噛めて、噛み心地の良い咬合を目指してを再読しています。

この書籍は、先回からお話ししている石原先生の門下生で意思を引き継いだ徳島大学歯科補綴第二の坂東永一教授と中野雅則教授が中心となって書き下ろした2011年に発刊された唯一の日本人的な咬合を考えている良書であると考えています。

 

内容に関して難解ですが、プロローグの一節をご紹介します。

毎日の臨床で、患者の咬合に手を加え頻繁にこれを変化させているにもかかわらず、『咬合や顎運動はむずかしくてよくわからない』

と言う歯科医師の声を耳にする。

この『よくわからない』と言う歯科医師には2通りあり、一方は『咬合に関する知識や技術が不足しているが、適当に義歯やクラウンを装着している』本当にわかっていない歯科医師である。

その歯科医師も、患者には『私は噛み合わせのことはよくわからない』とは決して言わないと思うが、少なからずいることは確かである。

もう一方は『咬合について勉強をしてきたが、咬合学のよい教科書に辿りつけず、よくわかっていないところは経験で補って

臨床を行なっている』かなり咬合のわかっている歯科医師である。

と書かれている。

 

また、咬合が咀嚼機能に重要な役割を果たし、『良く噛め』、『良く噛む』ことが全身の健康に重要な役割を果たしていることは、身をもって体験した患者や、このような患者をたくさん診てきた経験豊かな歯科医師が一番よく知っている。しかし、『良く噛める咬合』とはどのようなものであるかを具体的にかつ正確に『表現し』『評価し』、またこれを『形にする』ことは非常にむずかしいことで、補綴装置を人工臓器をするならば、これほど患者ごとに多様で、しかも高い精度が要求される人工臓器は他にないといっても過言ではない。

とも書かれている。

 

文中の中にある咬合を改善すればあらゆる病気がたちどころに治ってしまうというというように、咬合を過大評価している宗教家のような歯科医師もいる。

咬合に関する混乱や誤解が生じたりする背景には、咬合学が明確に体系化されていないことがあると書かれている。

 

私も日々の臨床で咬合の難解さを痛感しながら患者さんと対峙している訳でありますが、咬合に関して自費出版をされている『咬合=噛み合わせ』を改善すれば○○が治ると言ったような書籍には疑問を感じて欲しいと考えています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐『手仕事の医療』を再読!!!⭐

先回ご紹介した『手仕事の医療 評伝 石原寿郎』秋元秀俊著 生活の医療社

 

深掘りしたくなり、GWを利用して再読しています。

時代に翻弄されながらも使命に明け暮れた日々を送られた石原寿郎先生

頭が下がる思い一杯で読み進めています。

 

先回の投稿でお伝えした通り、52歳という若さで他界された補綴歯科界のレジェンド。

文中の一節を拝借して、、、。

 

後年、石原の没後、石原教室の後継者らは次々に新しくできた大学のクラウンブリッジ講座の然るべき地位についた。

その多くがかみ合わせ、すなわち咬合を専門にした。

石原の没後、歯科開業医の間では米国輸入の咬合学というものが空前のブームになって学問的には混乱を極めるのであるが、石原の教室員から見れば、石原没後に『石原咬合論』という呼称を使った。もし石原本人がそこにいたなら、そういう派閥的な名前をつけるものじゃありません、と厳しく叱ったであろうが、すでにどこにも叱りつけるものはいなかった。

 

文中にあるように米国輸入の咬合学が空前のブームになって学問的には混乱を極めると書いてあるが、米国輸入の何が問題であったのだろうか?

私見でありますが、そこには日々の生活を営む上での咀嚼を考えていないのが米国の咬合理論であると考えています。

(これは全ての米国の理論が間違いと言っている訳でなく、民族の違いによる解釈に疑義がある訳であります)

 

そういう私も米国の理論で患者と対峙してきた経緯があるのですが、自分が解決したと思われた患者さんに対し、日本人的な咬合理論を当てはめ咬合調整を恐る恐る開始した訳でありますが、次回来院時、患者さんより先生、、、ありがとうございます。 以前よりとても噛みやすくなりましたと報告を受ける次第であった訳であります。

 

患者さんからの感謝の言葉の裏腹には、申し訳なかった思いでいっぱいに満たされた懺悔の日々を過ごした訳であります。

 

現在の私事ではありますが、精一杯患者固有の顎運動に調和する補綴物を提供することが使命であるように考えています。

 

ホームページ内にある日本人型咬合紹介ページになります

 

咬合に関する、何かの選択基準にして頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐魂が揺さぶられた書籍⭐

未だに論争の絶えない世界!『咬合=かみ合わせ』

今回一気読みをした書籍!

『手仕事の医療 評伝 石原寿郎』

 

石原寿郎先生は、東京医科歯科大学補綴科教授で詳細は書籍を読んで頂ければご理解頂けますが、52歳という若さで他界された歯科補綴界のレジェンドと言われています!

 

米国から輸入された咬合理論を検証しながら、また機械論的な咬合理論に異を唱えながらも寡黙に取り入れるべき点を俯瞰しつつ、理論の検証を繰り返しながら、心から患者さんへの診療技術の還元を考え抜いていた人物であったのではないかと考えています。

 

今更言っても仕方がありませんが、石原先生が存命してしていたならば、カオスな咬合論が蔓延しなかったかも知れないのではないかと考えています。

 

歯科界を見渡してみると、、、。

犬歯誘導VSグループファンクション

リンガライズオクルージョンVSバランスドオクルージョン

などなど何故? 戦わなければいけないのか甚だ以ておかしな話であったと思っています。

また、各々の先生方が補綴学を学んだ世界だけに限定し、それぞれが主義主張を繰り返すだけで、論争が絶えないのは自明の理であると思っており、戦う必要などないのではないかと考えています。

 

それは、何故か?

患者は骨格・筋・顔貌それぞれ各人違うわけで、それぞれに合った咬合をよく観察・分析しそれぞれに合う理論で臨床を行うだけであると考えていますが故に、咬合は難しい分野の学問であると言えます。

 

そういう私も咬合を学び始めた時は、何故?先述のVSな世界なのか到底理解できなかったことを思い出します。

故に、『咬合を制する者は、歯科を制する』という世界になのであると考えています。

 

私のクリニックには、何軒ものクリニックを転々とされて来院される患者やインターネットでかなりの情報を得て来院される患者さんや咬合に関する書籍を自費出版されている先生の元で治療を受けられた患者さんが多数来院して頂けています。

 

情報過多や間違った情報で混乱されている患者さんが多いように感じていますが、手仕事の医療の文中をお借りして一言!

『歯科の治療学は、治療技術学にとどまっている。 半世紀の長い冬眠の前の19世紀であれば、それでよかった。

しかし20世紀半ばの学問が、それでいいはずはない』

と書かれています。

 

私の私見ですが、未だに混沌としている咬合、そこにある理論は、本当に患者利益なのか!?

果たして歯科医師利益なのか!?と問うと疑問が未だに残りますが、今後も患者利益の補綴歯科医療とは何か!?を深く洞察しながら一人ひとりに合った補綴物を提供していきたいと考えています。

 

咬合で悩まれている患者さんがいれば、この本は一般向けにも書かれているのでご参考にして頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐顎関節症等に対する侵襲の少ない治療選択肢⭐

最近来院される患者さんの中で、色々な歯科医師を回られ様々な意見により混乱されていたり、ネット上の情報で混乱されている方が多いので顎関節症や咬合異常の治療に関して治療法を整理したいと思います。

 

下記の画像の中であるように左が侵襲がほとんどない治療の選択肢になります。

また右側が侵襲が大きくハイリスクな治療と言われています。

 

 

侵襲が大きくハイリスクな治療の中で例えば矯正治療に関してですが、論文ベースで顎関節症は、矯正治療で治るか?治らないか?は治ると報告されている論文が50%、治らないと報告されている論文が50%です。

治らない場合が、50%ということは、ハイリスクな治療と言っても過言ではないように考えています。

 

またハイリスクな治療の中にある咬合調整などは、もっての外で当クリニックには無意味な天然歯の調整により悪化された患者さんが来院しています。

 

他にもスプリント療法(マウスピース療法)も装着すると顎の位置が変化することにより噛んでいる位置が変化してしまうのでプラスに働けば良いのですが、マイナスに働いてしまうと顎の大きなズレを生じさせてしまうことがあるので、個人的には治療選択肢としてメニューには取り入れていません。

 

治療選択の中で、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐主婦の友インフォス社からの取材が着々と進んでいます⭐

日々の診療や経営者としての責務に忙しい日々を過ごしていますが、、、主婦の友からのMOOK本出版に向けて汗をかいている、今日この頃です。

 

概略とどんな情報提供をするか?だんだん纏まりつつあります。

 

具体的な内容に関して、3つの柱を構築しています。

〜歓箸罰みあわせ(顎の正しい位置)の関係性から垣間見る姿勢の大切さ!

⊃いしばり、噛みしめ対策最前線!

歯科から発信するブラキシズム(食いしばり&噛みしめ)と顎関節症のとらえ方最前線!

 

今回は、編集担当者から締め切りない依頼なので時間の許す限り、国民の健康への寄与ができるMOOK

本に仕上げたいと考えています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科医師

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 02:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐謹賀新年⭐

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

本年もスタッフ共々、さらなる成長を意識した歯科医療に向かい、患者さんと喜び合いの歯科医療を創造します。

 

患者様の怖れや不安の意識を安心に変え、ますます治療体験記を頂ける歯科医療を提供します。

 

昨日、2017年 10大ニュース(目標)を立てたのですが、その中の一つである書籍出版!

主婦の友インフォス社より依頼が来ているのですが、現在、担当編集者に当クリニックの強み〇兩指導足育指導マイクロストレッチ療法(トリガーポイント療法)SLP装置等を体験して頂きながら、その実益を体感してもらい内容に関し煮詰めたいと考えています。

 

今日は、書籍出版に向けて歯学図書を購入してきました。

 

草案としては、〜歓箸罰み合わせの関係から垣間見る姿勢の大切さ! ▲屮薀シズムコントロール(特に食いしばり)最前線!

8こり、首こり、緊張性頭痛などの『痛みと不調の管理』! 他にも『食育』等に関して書くか書かないか迷っていますが、ワクワクしています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐インタビュー記事が掲載されました⭐

先日取材を受けた記事が掲載されました。

 

取材記事はこちらから

 

欧米型咬合理論から学ぶことも多いのですが、日本人には日本人に必要な咬合=噛み合わせの概念があることを知って頂ければ嬉しいです。

 

私のクリニックには、咬合異常の患者さんが多数来院されていますが、これからも日本人型咬合理論を武器にして解決に向かいます。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 10:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️患者さんにご理解して頂きたいこと⭐️

今日は、患者さんに伝えたいことがあります。

 

私どものクリニックに来院される方は、歯科治療後に噛み合わせがおかしくなった、どこで噛んでいいかわからない、顎が不安定、治療後に首こりや肩こりがひどくなった、腕がしびれるようになった、前歯の正中線が合わなくなった等、、、訴えが多岐に渡る患者さんに来院して頂いております。

(それ以外にも顎関節症や食いしばりが辛い、頭痛、耳鳴り、難聴、目の奥の痛み、数え上げれば切りがありませんが、、、)

 

患者さんの意識レベルを俯瞰させて頂くと、本当によくなるのだろうか?

その意識からくる怖れ、不安、心配なお気持ちで一杯な患者さんが多いように感じています。

 

私の守備範囲である補綴歯科治療とトリガーポイント療法士の李先生による理学療法ならびに当院専属技工士の大内君による日本人型咬合を付与した補綴物により患者さんの悩みに日々汗をかいているわけですが、、、。

 

そこで理解して頂きたい点をお伝えさせて頂きます。

―蘓任隆擬圓気鵑

電話で症状の訴えを聞くことに関しては、何の問題はありませんが、抱えているすべての症状が快癒するかどうかに関しては、拝見させて頂かないことには、決してわからない点をご理解して頂ければ幸いです。

(不安なお気持ちは理解しておりますが、問題点の把握もできていない状況下で、電話での症状の訴えだけで診断ができない点、治療プランが立案できない点をご理解して頂ければと思います)

 

⊆N迭始前の患者さんへ

不安が払拭できた上で、治療をスタートする決意や覚悟を腑に落として頂ければ幸いです。

また治療がスタートしたならば、身を委ねる覚悟に意識を向けて頂けるとコミュニケーションがうまく回るかと思います。

 

J篦崋N電喘罎隆擬圓気鵑

治療途中の経過においては、仮の歯で装着しているプラスティック製の仮歯が削れてしまうことは日常茶飯事なことです。

それによりよくなった症状に変化が起きる可能性がある点をご理解ください。

私の治療により大小に関わらず改善されることは当たり前の流れと自負しておりますが、、、良くなった点に目を向けず、途中経過の少し悪くなってしまった点にばかり目を向けすぎると、コミュニケーションエラーが生じ関係性が悪くなるという思いが医療側にもある点を理解して頂ければ幸いです。

 

基本的なスタンスとして、私が関わって治せるかどうかに関しては、自分の力量を客観的に判断して診断をさせて頂いております。

また治せない患者さんには、素直にその旨をお伝えしております。

 

基本は、補綴専門医&指導医として高度な補綴治療、全身と咬合の関係に目を向けた生活指導&理学療法、日本人型咬合を付与した技工を駆使しながら患者さんと喜び合える歯科医療を創造しているわけですが、基本的に患者さんにも上記の 銑に関して、お問い合わせや治療への共同作業について、お互いが幸せになるコミュニケーションの流れである点をご理解頂ければ嬉しい限りです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️足と姿勢と噛み合わせの関係性に関して⭐️

理学療法士の湯浅慶朗先生が開講している『足と姿勢と噛み合わせ』に参加して早2年が過ぎました。

(オーク銀座歯科クリニックでは、私とトリガーポイント療法士の李先生がフットケアアドバイザーの資格を取らせて頂きました)

 

湯浅先生は、福岡県@博多でみらいクリニックを開業されているあいうべ体操で有名な今井一彰先生の診療所に併設されている、みらいクリニックフットケアセンターでセンター長を務められています。

 

姿勢と噛み合わせが連動している概念は20年ほど前より学び続けてきましたが、足&足指の概念がなく目から鱗の研修会だったことを今でも覚えております。

 

後輩のO先生に参加しようと誘われたのですが、当時は足???って感じでしたが、今となってはO先生に感謝するくらい学びが深かった内容でした。

 

そんな流れの中、湯浅先生がオーク銀座歯科クリニックと〜難波先生の想い〜と題してご自身のブログに紹介して頂けました。

 

今後も全身の健康を見据えた歯科医療を創造し続けたいと思います。

 

⭐️湯浅先生のブログはこちらより⭐️

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️未来患者学サミットに参加!⭐️

昨日、『未来患者学サミット』にトリガーポイント療法士の李先生と参加してきました。

 

 

おのころ心平さんというカウンセラーの方がファシリテーターとして色々な医科の先生方の取り組みや患者学という視点でのお話を拝聴させて頂きました。

ホリスティック患者学として高名な帯津良一先生や聖路加国際病院リエゾンセンター長の保坂隆先生など多数の高名な先生方が登壇し、実りの多いサミットでした。

 

印象的だったお話として患者さんには、ご自身の身体のことなので医師任せにしないで、もっと自分の身体、心に関心を向けて医師と患者の関係でなく人と人の関係性を深めたお付き合いをすることが大切であると仰っていました。

また色々な情報が氾濫しているので、何を信じれば良いのか?迷うこともあるかと思いますが、色々な意見を聞き、ご自身が納得出来る治療法に出会ったならば、怖れ・不安などの意識を払拭し、病気に立ち向かう勇気を持って欲しいと仰っていました。

 

他にも死生観を持つことが大切、これからの人工知能で変わる医療等、学びの連続にワクワクした1日でした。

 

僕は、補綴専門医としてだけでなく色々な歯科医療を学んできました。

特に咬合=(噛み合わせ)に関する学びは、右往左往しながらといった感じで、何が真実なのか? 咬合の旅を続けてきました。

正直なところ論争が絶えない咬合の世界ですが、人種や民族の違いによる咬合学が必要な時代に差し掛かっているのではないかと考えています。(正直まとめるのが難解ですが、、、笑)

 

咬合に関する情報提供として、下記のリンクを貼りますので少しでも噛み合わせに関する情報として受け取って頂ければ幸いです。

 

⭐️咬合に関する情報はこちらより⭐️

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
<< | 2/27PAGES | >>