CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< 噛み合わせに問題を抱えた初診患者さん、、、。 | main | 噛み合わせと全身の関係の動画作成開始、、、。 >>
噛み合わせに問題を抱えた患者さんの経過報告、、、。
 マウスピース治療を行った後に、顎が悪い方向にずれてしまい、噛み合わせも不安定になってしまった患者さんの経過報告です。

トリガーポイント療法と現段階では、左下に装着したブリッジでどうにかどうにか安定傾向に推移していますが、、、。

本日、噛み合わせの微調整で来院されましたが、昨年の6月頃より訴えられている右下の奥歯に自覚症状としてお持ちの歯に当たる接触の感覚が朝起きた時に強く当たると、、、。

本来ならば患者さんが強く当たると言われたら削る先生も多数いるかと思いますが、患者さんには申し訳ないと思っていますが、この患者さんの訴えを聞き入れ削ってしまうと、、、もっと顎は奥にずれてしまう可能性があるため、、、現段階では、私の診断で削ることはしていません。

Mさん すいませんね。

分かって欲しい点は、、、患者さんからこの歯が強く当たると言われた後、何故、その歯に強く当たっているのかの診断もないままに削ってしまったために噛み合わせ異常になってしまった患者さんが当院に多数来院されている現実がある点、、、一度削ってしまうと後戻りできなくなってしまうことが怖いんですね。

天然の歯を意味もなく削りたくない思いを、ご理解頂ければなと思います。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄




                    
| 顎関節症&噛み合わせの話 | 12:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oakginza-dc.jugem.jp/trackback/979
トラックバック