CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< 患者様の治療体験記頂けました、、、。 | main | スタッフは研修会参加、、、。 >>
咀嚼障害患者さんからの問い合わせ、、、。
 昨日は右足を負傷してしまい、午前中は休診とさせて頂きました。、
この場をお借りし、患者の皆様にご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

午後からは通常診療を開始しましたが、午前中に大阪より相談の電話が入りましたと、、、報告を受けました。

相談内容は、一言で言えば『咀嚼障害』、、、。
①6本の歯を治療した後に、ご飯を食べると食べ物が逃げてしまい美味しく食べれない。
②何人かの先生に相談したが、問題が見当たらないと言われてしまう。
上記の2点に悩まれていました。

何故、、、治療した後に咀嚼障害に陥ってしまったのか また他の先生方は補綴物の評価後、何故問題が見当たらないとコメントしたのか これってミステリー

ミステリーでもなんでもなく、、、咀嚼障害が起きたのは事実で、事実に対しての解決策の引き出しが足りないだけのように思います。

拝見していないのですべてが的確なコメントではないかも知れませんが、イコライザー的A点と呼ばれる奥歯の接触点&クロージャーストッパー的B点と呼ばれる奥歯の接触点が不足していると分析しています。

実は歯科医師になってイコライザーやクロージャーストッパーという単語を知ったのが卒後6年後に参加した1年間のコースでした。
また本当に上記の接触点の意味や機能が理解できたのは、卒後9年目辺りのようにように記憶しています。

故に、『咬合=噛み合わせを制する者は歯科を制する』と言われるくらい奥が深いんです。

問い合わせのあった患者さんより関西で誰か紹介して頂けないかと言われましたが、4大咀嚼筋と呼ばれている中の咬筋&側頭筋と連動しているクロージャーストッパーとイコライザー、、、これを本当に理解している先生でないと紹介できないなと考え紹介を見送らせて頂きましたが、、、理解している先生に出会えることを祈っています。

寸分狂いのない補綴物を作製するのは至難の業で歯科医師を辞めたいなと思った時期もありましたが、今はかなり楽しい生業となってきている、、、この頃です。

来週の金曜日は入れ歯治療を専門として開業されているS先生と会食予定ですが、咬合談義に花が咲く予感が、、、。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 咬みずらい(咀嚼障害) | 01:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oakginza-dc.jugem.jp/trackback/904
トラックバック