CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< 嬉しい患者さん・・・。 | main | 顎機能障害の患者さん・・・その後・・・。 >>
顎機能障害の患者さん来院・・・。
 昨日、顎の機能障害に陥ってしまった治すのが大変そうな患者さんが来院されました。

症状は、多岐に渡り右顎下から耳の辺りに痛み、うまく喋れない、食事がミキサーなどでつぶした物しか食べられない、腕がしびれる、右半分の頭が痛い、首、肩がつらい・・・とどめは下の唇を巻き込んでいないと顎がずれて苦しい。

昨年の5月に歯科治療を開始してから始めは顎や噛み合わせの違和感程度だったそうですが、数軒の歯科医院をめぐり天然の歯を削ったり、スプリント(マウスピース)を装着されたりする度に症状が重症化していったそうです。

昨年の11月には、うまく喋れないことを理由に仕事を辞めるまでに至ったそうです。

昨日は、メディカルマッサージ&下の唇を巻き込まないようにするために簡単な装置を作製しました。

中々、手強い患者さんですが、これ以上倒れないようにしてあげる予定です。

このような患者さんを救うのが、当面のミッションのように感じています。

最後に天然の歯を削ることやスプリントを装着することで、こんなにも壊れた口腔や体になってしまうことを少しでも理解して頂ければと思います。

明日からの休みは下の愛娘が抽選で当てた伊豆旅行に出かけてきます。
なんと娘はくじ運が強く、以前もパリ旅行を当てました。 凄い娘でしょ。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波 郁雄
                    
| 顎機能障害の治療 | 18:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oakginza-dc.jugem.jp/trackback/595
トラックバック