CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< ⭐コロナ騒動の真偽ってどうなんでしょう⭐ | main | ⭐オーク銀座歯科クリニックの強み⭐ >>
⭐オーク銀座歯科クリニックの強み紹介⭐

クリニックの強みを考えると・・・はやり一番とか順位づけるものではないかと思いますが、裏方を担ってくれている歯科技工士の存在も挙げることができると考えています。

 

各部門を冷静に分析すると・・・歯科医師と歯科技工士は、治療部門・・・歯科衛生士は歯を守る部門(予防部門)に分かれると考えています。(密接に連携していますが・・・)

 

本来であるならば、歯を守る歯科衛生士とお友達になって頂き、大切な歯を守る歯科医療を共有して頂きたいコアな想いもあるのですが、現場はそう理想論ばかりでは、事はすまない現実に直面し続けています。

 

一歯科医師として臨床技術の研鑽に明け暮れながら・・・ここまで到達したかなって自負もありますが、その患者さんと喜び合いの歯科臨床の中には、歯科技工士の存在が欠かせないんですよね。

 

歯科医療を建築に例えると・・・歯科医師は設計士であり、歯科技工士は大工であると思います。

大工の腕が悪いと・・・いい家は建たないのではないでしょうか?

 

かみ合わせを制する者は、歯科を制する言葉の深さに・・・悩んだ時期もあり外中技工士との関係性を断ち、緊密なコミュニケーションが取れる院内技工士を常駐させ教育を継続できている点が、歯科医師人生の中で一つの誇りのだと感じています。

(唯一、入れ歯治療は外注技工で対応しています)

 

私からの技術的指導にも文句を言うことなく実直に技術研鑽に汗を流してくれている2名の技工士のメンバーに感謝です。

 

画像は、歯科技工士の与えているマイクロスコープ(実体顕微鏡)ですが、1000円札の周りにある文字が3倍拡大でもわからないのですが、20倍の拡大率だとNIPPON GINKOと書かれているのが・・・見えるんです。

 

身勝手な論理で精密技工だと言うのは・・・簡単なように思いますが、改めてチームメンバーに感謝のステージです。

 

歯科医師の力も必要ですが、口腔内に入る補綴物は歯科技工士の腕に左右される現実を知って頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 医院情報 | 03:36 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする