CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< ⭐咬合=かみ合わせが難しい理由⭐ | main | ⭐コロナ騒動の真偽ってどうなんでしょう⭐ >>
⭐顎の位置決定方法の真偽について⭐

今日は『顎の位置』決定の方法についてお話しますね。

講演会に使用したスライドで歯科医師向けなので難しいと思いますが、お付き合い下さいね。

顎の決定方法には、米国においても対立軸があります。

 

^譴弔蓮⊇兌圈併科医師)が誘導する方法

△發Π譴弔蓮筋肉が行きたい方向に顎の位置を探し当てる方法

 

ドーソンテクニックと呼ばれる米国の大家の先生が編み出した方法が左の図になります。

この位置にかみ合わせを合わせて、咬合再構成(かみ合わせの再構築)する。

もちろん私も昔は米国型機械式咬合理論を学習した時期もあるので、この方法がベストなやり方だと幻想を抱いていた時期もありました。

 

当時は、なんの疑問もなく大家の先生が言っているんだから、これが真実だと錯覚していました。

咬合の学習を日本人型にシフトしたからではなく・・・冷静に考えると顎自体が勝手に動いているのでなく・・・顎を動かしているのは筋肉なので患者さんが動きたい方向に顎の位置を自然に再現してあげる方が、理に叶っていることに気づかされました。

 

しかし・・・かみ合わせを再構築する基準作りが・・・難問になるのですが、日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生の学習を深めるにつれ真実に近い顎の位置決定方法や再構築法にたどり着けることができた訳です。

 

科学は生き物なので・・・時代背景によっては、権威ある人の教えによって真実から遠ざかる理論がまかり通る世界なのですが、一歯科医師として真実を追求する世界を楽しんでいます。

 

最近では、顎の位置を左右しているのは・・・空中に浮かんでいる舌骨という学習レベルにも到達していますが・・・なかなか難問なんですが、次のステージの更なる新たな患者利益の歯科医療を創造し、真実に近い咬合の世界を目指し、やり抜きたいと思います。

(ここまで来ると、歯科医師を超えた医療ステージなる世界です:笑)

↑舌骨が空中に浮かんでいるのが、わかると思いますが、この位置によっても顎の位置が変わるなんて・・・驚きの事実でしょ。

その舌骨の上には舌骨上筋群・・・舌骨の下には胸骨につながっている舌骨下筋群・・・複雑なシステムで我々人間は生かされていますね。(この位置をコントロールする装置がやっと患者さんに提供できるようになりました)←年内にHPに公開します。

 

歯科医師が勝手に顎の位置を決めるなんていう時代を終わりにしないといけないかな〜って思いますが、少数派の意見なので・・・なかなか浸透しにくい世界観だという点をご理解頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 19:20 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする