CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< ⭐こんな時期でも日々精進するスタッフ力に感謝⭐ | main | ⭐免疫を上げる生活の提案⭐ >>
⭐今後のチーム成長のために取り組む課題⭐

色々な情報が交錯するコロナ情報ですが・・・少し冷静になり私見を述べさせて頂くとインフルエンザも毎年新型に進化している訳で、ワクチンも前年度の株で作られている訳なんです。

 

効いているか?効いていないか?わからない世界の中でどうにかウイルスを退治しようと考えるよりもウイルスに負けない身体作りに知識と知恵を振り絞って考える時期ではないのかと思います。

 

インフルエンザって毎年流行を防げていないんですよ?

感染症や病気というものに対する考え方を根本的に見直す段階に入っているのではないでしょうか?

 

つまり、自分の外(消毒やワクチン、薬)に頼るのではなく、自分の内なる力(免疫力や抵抗力=日常生活)を高めることではないでしょうか?

 

そんな事を考えながら・・・小出し小出しに食の情報を流してきましたが、患者さん向けとスタッフの知識拡大のために色々な食にまつわる知識をまとめながら本にまとめあげようと考え行動を始めます。

最初にどんな情報から伝えようと模索していましたが・・・なんと言っても『食生活と身体の退化』ー先住民の伝統食と近代食ーその身体への影響ーW.A.PRICE著(1870年9月6日〜1948年1月23日)

 

なんとPRICE博士は1918年に流行したスペインインフルエンザパンデミックの時に・・・アメリカ人とイギリス人260人を調べた結果を報告しているんです。

 

口腔内の状態が悪かった人と良かった人を比較すると前者はインフルエンザ罹患率72%、良かった人は32%。

 

『食と口腔衛生向上』もコロナ対策につながる点を理解して頂ければ幸いです。

 

ゴーストライターもいないので大変ですが・・・3ヶ月以内を目処に書き終え・・・印刷を終え患者さんに配布できるようにしたいと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする