CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
<< ⭐真実に近づける噛み合わせ講演会開催⭐ | main | ⭐Purpose(目的)を深掘りの夏季休暇⭐ >>
⭐咬合問題(噛み合わせ問題)講演会⭐

 

2019年10月13日(日)に日本歯科大学附属病院 顎関節症初代センター長ならびに日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生が静岡県 浜松市で講演されます。 

 

興味深い内容なんです。

 

タイトルは咬合問題(噛み合わせ問題)

〜淘汰されない理論を学び、超高齢社会に対応する〜

 

咬合を学習する者にとって、咬合の歴史を学ばない訳にはいかない。

というのも、咬合も時流に流されて情報として流通している。 

 

咬合が『学ぶほど難しい』とされるのは、この歴史的変化と淘汰を知らぬままに書物を読むからであろう。 

 

補綴装置の咬合は簡単である。 

成功する補綴治療は簡単である。

 

歴史の中で淘汰されない理論を学ぶことが咬合への最も近道である。 

 

世の中は主義主張が激しくなっているが、本当に正しい咬合を行なっている者は時代に捕らわれずに同じことを考え、同じことを行なっているので温和しいのである。 

 

本講演では、主張されない咬合が正しいという考えを解説し、声をあげない無名の大家の考え方を解説する。

 

ぜひ、臨床の一助にしてもらいたいと考えている。

 

学問として歴史を学ぶことは大切ですよね。

もちろん咬合の歴史は学んできていますが、知識を増やすために浜松まで行ってきます。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://oakginza-dc.jugem.jp/trackback/1336
トラックバック