CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
顎関節症の治療でスプリント療法(マウスピース療法やプレート療法)を行わない理由。
当院では、巷で行われているスプリント療法(マウスピース治療やプレート療法とも呼ばれる)を16年間一度も使用することなく患者さんの抱える顎の不調を解決しています。おてんき

それは、何故か???

1980年代後半から1990年代前半に顎関節症にスプリント療法を適応することがスタンダードになった時代もあります。

しかし、スプリント療法の作用・効果を正当に評価する目的で、信憑性の高い(RCTランダム化比較臨床試験)による研究が1990年代に相次いで発表されました。 1980年代のスプリント療法の全盛期には、その有効性が高いと結論づける研究も多かったのですが、それらの研究のほとんどは、EBM(科学的根拠)に必要とされる条件を十分に満たしていないため、信頼性に欠けることが明らかになりスプリントの有用性を再検討する必要が出てきたからです。

1994年のDaoらの報告によるスプリントの形態や、そもそも使用する意義はないという結論により、私自身も1998年よりスプリント療法を行わずに臨床を行うようになりました。おてんき

本日もスプリント療法を行ったが、、、噛み合わせがずれてしまい、何軒かの歯科医院を転院した後に、、、最期に訪れた歯科医院で、もう歯のことは気にしないで生きていくしか仕方がありませんねと言われ、当院に辿り着きました。冷や汗

天然の歯も削られているので、快癒まで時間がかかるかと思いますが、不定愁訴の症状も改善しつつ、顎のズレも補正して行く予定です。おてんき

スプリント療法を行わずに改善できるのに、スプリントを使用した影響で顎がずれてしまい治りずらくなってしまうことがある事を知っておいて下さいね。聞き耳を立てる

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄


 
                    
| 顎関節症の話 | 21:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アゴの痛みがとれる、、、ストレッチ&セルフマッサージの紹介
 当院では、顎関節症患者さんに対して生活指導の一環として姿勢指導を行っています。

姿勢指導の中では、患者さんご自身が自宅で行って頂く、ストレッチならびにセルフマッサージも指導していますが、、、この度、ストレッチ&セルフマッサージに関する詳細を記録したブルーレイディスクを提供できる運びとなりました。
(ただし当院で姿勢指導を受けた経験のある方、ならびにこれから受診されて姿勢指導を受けられる方のみ対象となります)、


提供できるブルーレイディスクは、、、なんと、、、。
日本歯科大学附属病院 顎関節症センター:監修の非常に分かりやすくまとめあげられた貴重な映像になります。

顎関節症は専門医の間では、生活習慣病という位置づけになっており、マウスピース療法等ではなく、、、ご自身の姿勢の改善や、ストレッチやセルフマッサージ等によって改善方向に向かう疾患という事を理解して頂ければと思います。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 顎関節症の話 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顎関節症の制覇に向けて、、、。
 日曜日は東京歯科歯科大学歯科同窓会主催の講演会にスタッフと共に参加してきました。

講演会タイトルは、、、。
現在、顎関節症はこう治す
ー構造損傷モデルから疼痛症候群へー

講師は原 節宏先生(日本歯科大学病院顎関節症診療センター長)

私がお誘いした15名程の先生方は、、、勉強になってよかった、、、参加してよかったと言って頂け、、、感謝、感謝です。

またスタッフも勉強になったと喜んでいました。

マウスピースによる顎関節症制覇は過去の治療法、、、。

顎関節症制覇パラダイムシフトのキーワードは筋膜痛です。

くれぐれもマウスピース療法で治るなんて思わないで下さいね。

マウスピース療法は可逆的治療でなく不可逆的に働くと、、、顎のズレなんで簡単に起きてしまうんです。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄






                    
| 顎関節症の話 | 10:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プレート療法の功罪、、、。
 最近プレート療法(マウスピース療法)をしたが、余計に悪くなってしまった患者さんが多数来院されています。

昔はプレート療法は可逆的治療などと言われていましたが、、、とんでもないと言った話で、、、長期間装着することにより、、、どんどん顎がずれてしまう、、、これが現実で、、、可逆的なんていうのは嘘なんですね。

患者さんの性格がまじめな方ほどDRの言いつけを守り、、、ズレてどうしようもなくなってから私の医院にたどり着きます。

例えば、どんな優秀な整形外科医でも腰の曲がってしまった患者さんを治せないかと思います。
故に、、、顎が取り返しもないほどずれてしまうと治しにくくなってしまう現実を考えると、、、プレート療法は場合によっては悪化してしまう治療法であると認識して頂ければ幸いです。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 顎関節症の話 | 10:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顎関節症は姿勢が影響、、、、。
 顎関節症は姿勢が影響している内容の記事が日経に掲載されました。

答えはもちろんYesですね。

故に、当院では姿勢の指導を行っているんです。


ま〜姿勢だけの問題だけが全てではありませんが、重力に負けない姿勢の制御をすることが基本事項としては、重要事項ですね。

また顎や噛み合わせの専門医の間では、顎の関節からの音は治療は不要という流れが常識な点も理解して頂ければと、、、。

新聞記事の中でも、東京医科歯科大学の木野先生は、顎関節症の典型的な症状として、口を開け閉めする時に、『カクン』という音や、『ザラザラ』というこすれるような音がすることがあるが、音だけならば治療の必要がない。 顎関節で音が鳴るのは、膝の屈伸運動や首や肩を回した時に関節が鳴るようなもの。
『耳のすぐ近くで鳴るので気になるだけで、あまり心配する必要がない』
、、、と書かれています。

また治療の必要が出てくるのは、口が大きく開けられなくなったり、口を開け閉めする時に痛みが出たりするようになってから。
、、、と書かれています。

補足として当院に来院する患者さんの問い合わせの中でよくある症状として、顎関節症だと思うのですが、顎が痛く、また肩と首のこり、背中の痛みもあります。
という内容で相談を受けますが、顎関節症の症状の中には首&肩&腰の症状は定義付けられていなので混同しないようにお願い致します。

重力に負けない姿勢作りで、全身を健康にしましょうね。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄

                    
| 顎関節症の話 | 17:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顎関節症の難症例、、、。
 本日は、顎関節症の新規患者さんが来院されました。

某歯科大学の口腔外科でマウスピース療法&開口訓練を行ったそうです。

しかし開口訓練により、、、何故か?
首&肩が痛くなってしまった。

これは、顎関節症の本当の原因を知らない、、、典型的なパターンですね。

開口訓練の前に行うべき治療は、首&肩&咬筋&側頭筋&舌骨筋群のリリースなんですね。

本日の患者さんは、かなり歯医者不信に陥っており通院には至りませんが、原因論に納得して頂けました。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄


                    
| 顎関節症の話 | 22:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
遠方よりの患者さん、、、。
 今日は、矯正治療後に①左顎〜後頭部にかけて痛みが走る、、、②口が開きくい、、、③食べ物をうまく噛めないを訴えて山梨県より来院して頂けました。

①〜③の問題を解決すべく、、、トリガーポイント療法(筋膜リリース)を施術し、、、。

①の問題は、改善する方向に向けたかと思います。

②の問題はリリース後は、15ミリ以上は大きく楽に口を開くことができるように変化しました。

③の問題は解決に時間がかかるかも知れませんが、解消できるように頑張りたいと思います。

再来週は、名古屋から顎周辺に問題を抱えた初診患者さんが来院されます。

遠方より来院して頂き感謝しております。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 顎関節症の話 | 19:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顎関節症の初診患者さん、、、。
 本日は午前1名、午後1名、、、顎関節症の新規患者さんが来院されます。

午後の患者さんは、先週の台風の影響により避難され来院されなかった名古屋からの患者さんです。

お逢いし、悩みを解決できるよう、ベストを尽くしたいと思います。

また昨日は長野県より顎関節症?の患者さんから問い合わせを頂きました。

遠方からの患者さんの解決に汗をかきますね

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 顎関節症の話 | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
開口障害、、、快癒しました、、、。
本日は顎関節症の症状の一つ、、、開口障害(口が開きにくい)患者さんの第1回目治療を計2時間行いました。

1時間目は姿勢指導、、、立位、座位においての重力に負けない姿勢作りによる顎の後退を防ぐ 指導

2時間目はトリガーポイント療法(筋膜リリース)を行いました。

終了後は20mm以上多く開口できるようになり、、、患者さんも驚いていました。

この患者さんの場合は3回程度の施術で開口障害に関する悩みは解消する予定です。

暑さ寒さも彼岸まで、、、段々寒くなりますので体調不良にならないようにして下さいね。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 顎関節症の話 | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
顎関節症、、、初診患者さんの話、、、。
 先週の土曜日に来院された顎関節症の初診患者2名の話です。

まず、一人目は年齢は17歳、、、学校検診で顎関節症の傾向有りと判定され、、、顎関節症の認識が芽生え、、、歯科医院に受診、、、そして虫歯が一本もない歯を削られ、、、顎のズレが大きくなったそうです。

削られてしまった天然の歯を完全に元には戻せませんが、治せる範疇でホッとしています。

もう一名の患者さんは22歳、、、この患者さんは底抜けに出来の悪い1本のクラウンを装着されてから、顎のズレが始まり、、、ドクターショッピングをしながら当院に辿り着いたそうです。

両名とも破壊の進行程度は軽いので、、、ホッとしています。

天然の歯を削らない、、、歯科医療が一番ですね。

歯科衛生士と友達になり、、、歯を守って下さいね。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 顎関節症の話 | 22:44 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
| 1/6PAGES | >>