CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐今後のコロナ対策で何を考え抜くか⭐

我々のチームは、質の高い情報を提供したい!と考えながら日々進化し続けています。

そんな流れの中・・・情報を選択しながらリーダーシップ力により発信し続けたことで、メンバー全員、日々元気に不安に呑みこまれずに元気に診療を継続していますが、社会に恐れや不安を与え続けたメディアからの洗脳を解放できる動画に出会えましたので、シェアさせて頂きますね。

 

善悪で判断せずに、情報の質のあり方に気づいて頂ければ幸いです。

 

情報動画はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:09 | comments(0) | - | pookmark |
⭐マスクの弊害を知ろう⭐

同調圧力の高いマスク問題ですが・・・マスクの中で何が起きているか?

知って頂ければ幸いです。

 

矯正医の有本博英先生が素晴らしい動画(12分)を作成して頂けました。

ぜひ、ご覧くださいね。

 

動画はこちらより

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 23:44 | comments(0) | - | pookmark |
⭐感染症予防対策⭐

インフルエンザ対策に関するYou Tube動画ですが、コロナ対策にも通じるものがありますので、ぜひご覧くださいね

 

第二波に対する考え方としては、心を整えながら腸内細菌に優しい食事や体温を上げる食事などで免疫力を上げながら生活をしていけば決して恐れる必要のないウイルスだと考えています。

またワクチンも弱毒化されているとはいえ、生ウイルス毒を身体に入れるので、感染症になりにくい身体作りの方がより健康的だと思いませんか。

 

You Tube動画はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 12:45 | comments(0) | - | pookmark |
⭐口腔ケアの重要性⭐

本日は、新月ですね。

月光浴でもしながら心穏やかな夜を過ごしたいと思います。

 

さて、チームで感染症対策や診療に日々汗を流していますが、我々チーム全体で意識拡大している点として患者さんの毎日がより楽しく、より豊かに、より健やかになることを願いながら活動ギアを上げ続けています。

 

『コロナに負けない免疫力&歯みがき入門』・・・感染症リスク89.8%減が発刊されましたね。

 

100%磨きをするのにスェーデンにあるイエテボリ大学の研究によると約4時間かかるそうですが、4時間は難しいと思いますが、ご自身の健康は自分で守る意識でホームケアの充実に意識を拡大して頂ければな〜と思います。

スタッフ作成のホームケアポイントを紹介しますので、参考にして頂ければ幸いです。

舌磨きと鼻うがいも習慣化していけば更に感染症対策や免疫力も上がりますので、オススメしています。

21日継続できれば習慣化できますので、実践してくださいね。

 

最後に、100%磨きは我々医療サイドも現実的に難しいと考えていますので、定期的なプロフェッショナルクリーニングもあわせて取り組めるとさらに感染症予防になる点も知って頂ければ幸いです。

(細菌は3ヶ月でバイオフィルムという細菌の集落を形成しますが、歯科衛生士による器械を使ったクリーニングでバイオフィルムを破壊できるんです)

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 10:54 | comments(0) | - | pookmark |
 ⭐感染を恐れない暮らし方⭐

『感染を恐れない暮らし方』(本間真二郎著)が6月上旬に発刊されます。

感染を恐れない暮らし方・・・新型コロナからあなたと家族を守る衣食住50の工夫

自然派の医師が書かれた本ですが、オススメ本です。

 

こちらから予約注文できますよ

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 11:05 | comments(0) | - | pookmark |
⭐免疫を上げる生活の提案⭐

今回のコロナ騒動で心理社会的不安に駆られている方が多いと思います。

恐怖を煽るだけの報道や芸能人の方もご自身が識者か専門家にでもなったと勘違いされている世界かと思うのですが、いかがでしょうか。 

何が正解か?問いに満ちた世界の中、真実に近い答えを見つけるのは大変だと思いますが、不安が良い悪いのではなく不安を成長と捉えるか?呑みこまれてしまうしまうか?

不安に呑みこまれてしまうと免疫力が落ちてしまうので、その点が少し心配になります。

 

そこで『笑う門には福来る』で笑いの効用を・・・。

 

「笑い」が免疫力をアップすることはさまざま実験で証明されているんです。

たとえば米ウェスタン・ニューイングランド大の実験があります。

喜劇ビデオを見せて大笑いした学生グループは免疫グロブリンAの増加が確認されたのです。

この免疫物質は細菌やウィルスの人体への侵入を防ぐ働きがあります。

つまり「笑い」は人体の防衛機能と治癒機能を高めることの証明です。

 

NK細胞はガン細胞に対抗する白血球の中でも、直接、巨大なガン細胞を攻撃する猜嫉劉瓩燭舛任后

体内をパトロールして、異常なガン細胞を発見すると攻撃してくれます。

細胞膜を破り中に3種類の毒性タンパクを注入してくれます。

その結果、ガン細胞はその場で殺されるのです。

残されたガン細胞の死骸は、酵素によって分解され尿から排泄されます。

 

身体の中にガン細胞が存在しない人など、一人もいません。

人間の身体にはガン細胞があってあたりまえなのです。

 

ガン細胞は人体の免疫系にとっては健康を損なう牋枴瓩任后

NK細胞は、それを認知し、攻撃してくれるのです。

まさに素晴らしい免疫ネットワークですよね。

 

だから、感染症を治すのと同様に、ガンを治すにはとにかく免疫力をあげることです。

それは、ガンと戦うNK細胞を増やすことに他なりません。

わかりやすくいえばNK細胞の戦う力こそが、ガンと戦ってくれる自然治癒力そのものなのです。

そのナチュラル・キラー細胞は1975年に発見されています。

このNK細胞には興味深い報告があります。

その攻撃力は宿主(ご自身)である人間の感情や気分に、おおいに作用されるのです。

 

宿主が落ち込む気分や感情になると、NK細胞も落ち込んでしまいます。

宿主がやる気になると、NK細胞もやる気になってくれます。

 

このNK細胞が、笑うことによって激増することが証明されています。

実験を行なったのが「生きがい療法」で有名な伊丹仁朗医師です。

彼はガン細胞の患者さん19人を引き連れて関西の笑いのメッカ「なんばグランド花月」を訪れます。

そこで、漫才や吉本新喜劇などを観て腹の底から笑ってもらいました。

 

その後、患者さんたちの血液中のNK細胞の活性を測定しました。

NK活性とは、ガン細胞に対する攻撃力です。

すると19人中13人(68%)のNK活性が増加していたのです。

 

不安が悪いのではないのですが、不安になっているのは、例えば安全・安心のニーズが満たされていないんだな〜とかって自分の内面を見つめながら、大きく深呼吸しながら今、主体的にできることは何だろう?とかに意識を拡大して、思考の質を高めながら行動することによって人生の質を良くすることに意識を向けていきたい時代ですね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 15:47 | comments(0) | - | pookmark |
⭐今後のチーム成長のために取り組む課題⭐

色々な情報が交錯するコロナ情報ですが・・・少し冷静になり私見を述べさせて頂くとインフルエンザも毎年新型に進化している訳で、ワクチンも前年度の株で作られている訳なんです。

 

効いているか?効いていないか?わからない世界の中でどうにかウイルスを退治しようと考えるよりもウイルスに負けない身体作りに知識と知恵を振り絞って考える時期ではないのかと思います。

 

インフルエンザって毎年流行を防げていないんですよ?

感染症や病気というものに対する考え方を根本的に見直す段階に入っているのではないでしょうか?

 

つまり、自分の外(消毒やワクチン、薬)に頼るのではなく、自分の内なる力(免疫力や抵抗力=日常生活)を高めることではないでしょうか?

 

そんな事を考えながら・・・小出し小出しに食の情報を流してきましたが、患者さん向けとスタッフの知識拡大のために色々な食にまつわる知識をまとめながら本にまとめあげようと考え行動を始めます。

最初にどんな情報から伝えようと模索していましたが・・・なんと言っても『食生活と身体の退化』ー先住民の伝統食と近代食ーその身体への影響ーW.A.PRICE著(1870年9月6日〜1948年1月23日)

 

なんとPRICE博士は1918年に流行したスペインインフルエンザパンデミックの時に・・・アメリカ人とイギリス人260人を調べた結果を報告しているんです。

 

口腔内の状態が悪かった人と良かった人を比較すると前者はインフルエンザ罹患率72%、良かった人は32%。

 

『食と口腔衛生向上』もコロナ対策につながる点を理解して頂ければ幸いです。

 

ゴーストライターもいないので大変ですが・・・3ヶ月以内を目処に書き終え・・・印刷を終え患者さんに配布できるようにしたいと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:31 | comments(0) | - | pookmark |
⭐純粋な意識で戦っている医療人に感謝⭐

職業に貴賎はないと言う言葉がありますが・・・地位や名誉や権力でない・・・全ては患者さんのためや・・・生活の質向上のために命を捧げている医療人に心より感謝申し上げます。

 

純粋な意識の看護師さんは、バットマンやスパイダーマンよりもヒロインなんです。

命の入り口の誤嚥性肺炎や感染症に戦っている・・・私のチームの歯科衛生士の方々もヒロインなんです。

チームメンバーに心より感謝です。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 21:46 | comments(0) | - | pookmark |
⭐生活の質⭐

『Stay Home』中の方がが多いと思いますが、我々歯科医療従事者として少し心配を感じる点として・・・『Stay Home』の生活の質を心配しています。

 

よくコロナ太りとか聞かれているかと思いますが・・・その背景には目に見えないストレスによる過食もあると思います。

 

我々歯科医療従事者として一番の心配は・・・ついつい目の前にあるお菓子やジュースが目に入ると・・・ダラダラ食いをしてしまうかな?もあるのがコロナ太りにつながる心配な点と、またその事によりむし歯が多発してしまう可能性がある点が心配なんです。

 

それは、何故なのか?

何かお口の中に甘いものが入ると・・・ミュータンス菌と呼ばれる菌と糖が反応して酸が産生されて・・・脱灰と呼ばれるシステムにより歯のエナメル質(歯の表面)が溶け出してしまいます。

 

しかし・・・唾液の作用により溶け出したエナメル質は再石灰化と呼ばれるシステムにより修復されていくんです。

自然の力って凄いシステムなんですよ。

だから文明のない原住民の人々は・・・歯磨きもしなくても(歯ブラシない)・・・むし歯にならないんですが・・・文明社会ではむし歯になってしまうんです。

 

そんな文明社会を生きている我々は・・・『Stay Home』で時間の過ごし方の中、ダラダラ食いを続けていると・・・歯が酸に侵される環境になりむし歯につながってしまうんです。

 

また、唾液は血液から作られるので生活の質が下がり続ける『Stay Home』ばかりだと・・・血液の質も下がるんですよね。

 

『Stay Home』にしばられずに・・・人の行き会う場所を避けて散歩しながら太陽に浴びてビタミンDを産生する生活や・・・テレビ漬けになると不安を増長させてしまうことにより不安を作り出す思考になってしまい・・・その結果・・・行動の質も下がり・・・人生の質も下がるという事を知って頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 02:09 | comments(0) | - | pookmark |
⭐歯科医療に対する『誤解と錯覚』⭐

昨日、日本歯科医師会会長:堀 憲郎先生がWeb終了した内容が、本日報道されました。

 

内容は、今日まで歯科医療を通じて患者の中での新型コロナウイルスの感染は1件もない。

マスコミ報道と違うと思われる方もいらっしゃるかと思います。

 

それは、これまで歯科医院の感染は、兼業スタッフ(ナイトクラブなどの夜の仕事関連を兼業されていた方)によるものでした。

 

通常、歯科医院は今までも感染予防・衛生管理はインフルエンザウイルスならびに他のウイルスに対しても徹底管理を行ってきました。

 

そして今回の新型コロナウイルスの影響を受け、更に徹底管理意識と行動実践しているクリニックも増えていると思います。

 

色々な不安を煽る報道の善悪を問うつもりでなく、命の入り口である口腔ケアの大切をご理解頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 12:33 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/35PAGES | >>