CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐コロナ感染者への一考察⭐

コロナ感染に対する個人的な一考察です。

 

コロナウィルスが細胞に侵入したら「感染」ですが、その前に、ほとんどが自然免疫で処理されてしまいます。

更に「感染」しても普通はT細胞が細胞ごと破壊してくれます。

ゆえに、ここまでで「曝露者」と「感染者」の98%が「自然免疫」で片付いてしまうという訳だと考えています。

 

今の統計を正確に読み込むと理解できますが、「PCR陽性者」(曝露者+感染者)のうち約98%が、無症状か風邪程度で治っています。

国による違いがありますがコロナは「日本人の場合」、曝露力は強いですが、感染力が弱いので、重症者も死亡者も大変少ないと考えています。

 

1、PCR陽性反応者

 

単にウイルスが「曝露」(ばくろ・体の中に入る)しただけで、「感染」(細胞の中に入って増殖する)には至っていない人。

 

免疫にやっつけられて破壊されたウイルスの残骸が出てきただけの人

 

2、感染者

 

ウイルスが細胞内に侵入した人。無自覚、無症状多数。

 

3、患者

 

発症してる人。

 

今の統計を観察すると死亡者は全然増えていないですね。

 

しかし、国を挙げて第二波とか緊急事態宣言だと騒いでいるのか? 不思議に思います。

 

当クリニックでも普通に行っている唾液検査・・・むし歯の原因菌であるミュータンス菌がいるだけで・・・あなたはむし歯になっていますと診断するようなPCR検査だと感じています。

 

また、NHKも保健所までただの陽性者を「感染者」と呼んだり「患者」と呼んだりして不安をあおり続けるのか不思議に思いませんか?

 

個人的には、不安の感情を胸の中にしまいながら暮らすことにより、自己免疫が下がり続けることがとても心配ですね。

テレビを見ないで、マスクを外してビタミンD生成のためお日様に当たりながら散歩したり、腸内細菌に優しい食生活改善で免疫細胞を活性化しながら、普通の風邪やインフルエンザが流行る冬までに・・・免疫力を上げる生活へのシフトが求められている時期なのではないかと考えています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 13:06 | comments(0) | - | pookmark |
⭐初診の患者さんの話⭐

今日の午前中の初診患者さんの話です。

 

左下のブリッジの仮歯が調子悪く・・・肩こり・首こりが辛い。

 

仮歯の影響もあるのですが、もともとトリガーポイントと呼ばれる痛みの引き金になっている痛みの物質が肩や首に溜まっていた可能性が高いと考えています。

要するに元々も肩こり・首こりがあったが、かみ合わせが悪くなることにより痛みが強く誘発されたと考えています。

 

解決策は、仮歯のかみ合わせを調整するのはもちろんですが・・・肩こりや首こりの辛さを解決するには、痛みの物質を洗い流すような理学療法が最適と考えています。

 

解決策の理学療法はこちらから

 

 

上の画像にあるような歯科関係の『痛みや不調』のオンパレードは、欧米では理学療法で解決する世界観が広がりつつありますが・・・現実的に打つ手のない先生方は、とりあえずマウスピース療法(プレート療法)に頼るしか仕方がないとは思います。

 

しかしマウスピース療法の副作用を考えると患者利益の世界から遠ざかるので、我々の法人では、20年以上前から治療に使用しない装置だということを知って頂ければ幸いです。

 

午後の初診患者さんは、長崎県から来院です。

『痛みや不調』を抱えられて遠方から来院して頂きますので、事前のやり取りで明日、2時間理学療法を受けて快癒に向けてスタートします。 

 

辛いに一を足すと『幸』せ・・・勇気を振り絞って来院して頂けた、初診の患者さんに感謝です。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 15:07 | comments(0) | - | pookmark |
⭐スタッフ教育の進化⭐

昨日は、午後休診にして千葉のNAMBA DENTAL OFFICEにスタッフ教育に行ってきました。

 

3月に新人受付を採用し、今までの受付嬢は新たなステージのお仕事に向かってもらいます。

 

新しいステージは、トリートメントコーディネーター・・・患者さんとクリニックの架け橋的存在ですね。

今までも多少なりに取り組んできていたのですが、今回は専属トリートメントコーディネーターへの進化の道です。

 

↓クリニック玄関です。

開業22年目を迎えていますが、開業当初は歯科の文字もなくエステサロンに間違えられていました(笑)

 

昨日は、補綴歯科医療の中で扱う審美歯科に関してスライド作成し、トーク練習!

患者さんにわかりやすく『伝える力』が向上したかと思います。

 

 

『医療法人社団 雄翔会』の存在意義の一つとして『美しく健康に老いる』サポートするという私のコアな想いも伝えられ、お互い満足のいく研修に終わりました。

 

私は、かみ合わせの専門家と思われている患者さんも多いかと思いますが、『審美歯科』も得意なんですよね。

 

8月18日(火)は、トリートメントコーディネーターの進化をスタッフ全員(特に新人受付・新人歯科助手・新人歯科衛生士)にお披露目会です。

 

合計5回にわたる研修でしたが、補綴歯科編・審美歯科編・インプラント歯科編の3つが完成しましたので、新人教育にとって有意義な一日になりそうです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 17:21 | comments(0) | - | pookmark |
⭐コロナ騒動の真偽ってどうなんでしょう⭐

日々、命の時間を診療・学問の追究・チームシップ推進・コロナ騒動の真偽について汗を流しています。

 

チームメンバーに安心を提供したいという想いでもあります。

この画像のデータ解析をして見ると・・・何が分かるの?

 

善悪抜きにして言えば・・・感染者数っておかしくないと考えています。

 

感染者数?

この表現は、そもそも間違ってい流のではないでしょうかね。

感染者数でなく・・・(((PCR陽性判定患者数)))ですよね。(偽陽性も多く含まれているのではないでしょうか)

インフルエンザでは、発症者数を報道していますが・・・コロナに関して言えば・・・感染者数?

 

新型コロナウイルスだけでなくインフルエンザウイルスや他の風邪のウイルス(アデノウイルス)その他ウイルスにも反応してしまうPCR検査ですが、感染者数を報道し続け不安を煽り続けることによるストレスの方が、個人的には免疫が下がるのを心配しています。

 

重症化数低下している現実や死者数ゼロなんて報道をしないのにも疑問を感じています。

 

知性を働かせながら不安報道に呑みこまれず、感染症を恐れない生活にシフトして免疫力を高める時代だと考えています。

 

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 23:25 | comments(0) | - | pookmark |
⭐新たなかみ合わせの世界観に進歩しています⭐

本日の初診患者さんは・・・2年前からなんとなく繊維質のものを食べるとうまく食べることができずに、数軒の歯科を回ったけど・・・問題ないですと言われ悩まれていました。

 

口の中を拝見すると・・・銀歯で治療されたクラウンが明らかに低い!

 

色々と低いクラウンの上に簡単な実験としてプラスチックの材料を盛り足したりしながら、体験型課題点を体感して頂きましたが、かなり知性が高い患者さんの質問にその場、その場で色々と駆使しましたが、実情を共有して頂く難問にぶつかりました。

 

そんな流れの中で、新しく分かりやすい説明スライドの作成に取りかかりました。

 

有難い患者さんとの出会いに感謝な日です。

 

また情報公開しますので、乞うご期待!

 

オーク銀座歯科クリニック:銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 21:43 | comments(0) | - | pookmark |
⭐『痛み・不調』管理最前線な話⭐

連続投稿で・・・色々と伝えさせて頂きましたが、この記事を今見た方は、新たに過去記事から読み進めて頂くことをオススメします。

 

クリエィティブなテンションがかかるストレスなら毛細血管の一つは閉まらない話の過去記事の復習からスタートしますね。

↑自律神経のコントロールをしている司令塔の交感神経が、ストレスにさらされ続けていると・・・毛細血管レベルで何が起きているの?

 

2つある毛細血管の上図の左には連続性毛細血管が右の毛細血管には有窓性毛細血管が存在しています。

 

悲しいことに窓がある毛細血管は、永続的に血が流れていってくれていますので安心です。

 

しかし、連続性毛細血管は、交感神経の緊張が高まる生活が続くと・・・水道の蛇口が閉まると水が流れなくなるように血液が遮断されてしまうんです。

 

ここまでは、過去の記事で紹介してきましたが、じゃーどうすればいいの?

ってことに意識しながら解決策の提案をしますね。

なんて言いながら・・・またまた毛細血管系の画像に戻りますね。

 

 

毛細血管は身体の中に分布しています。それも90%以上もです。

太い血管の周りを囲んでいるのが、毛細血管です。

 

この毛細血管の一本が詰まるとどんな世界になるのか?

想像してみてください!!!

 

でも、それを開放する世界が我々が日々クリニック内で行っているマイクロストレッチ療法(トリガーポイント療法)という治療法なんです。

 

ここでかなりレアな毛細血管の話です。

毛細血管が動くスピードはどれくらいのスピードか知っていますか?

 

答えは、毛細血管内の血液が流れるスピードは、1ミリなんです。

 

その1ミリに合ったスピードに合わせた施術が、長引く不調や痛みを解決できる世界観だと考えています。

 

体験してみないと分からない世界観ですが、クリニックの強みを紹介している特集記事を公開しますので、参考にして頂ければ幸いです。

 

特集記事はこちらより

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 23:14 | comments(0) | - | pookmark |
⭐毛細血管の奥深い話⭐

今日のお題は・・・『毛細血管』です。

なんだか・・・歯科医師じゃなくなる世界観ですが、とても大事な話なのでお付き合いくださいね。

 

まずは、頭頸部と手の毛細血管画像からスタート!

毛細血管は、我々の身体の中に約90%以上存在していると言われています。

 

我々の心臓は、寝ていても活動している臓器ですが、感謝ですね。

心臓を出た血液が動脈〜細動脈を通り毛細血管に入る道と細静脈に戻りながら静脈〜心臓に戻ることをずっと生命体が続く限り・・・行ってくれているんです。 神秘な世界ですね。

 

身体の中に大量に存在してくれている毛細血管ですが、ななな〜んと2つあるんですよー。

 

一つは、連続性毛細血管・・・もう一つは有窓性血管(下右画像にあるように窓がついています)・・・。

連続性毛細血管には、平滑筋が取り囲んでいるので、クリエイティブなテンションをかけるストレスなら閉まらないのですが、今回のようなコロナ騒動で不安を煽られ過ぎたり・・・広まりつつある不景気の世界に不安を感じすぎると締まってしまうから厄介な毛細血管とも言えます。

 

そんな身体の神秘ですが、有窓性血管には窓があるので、どうにか生き延びれる訳なんですが・・・連続性毛細血管が閉まった状態が長引くと・・・なんか最近寝ても寝ても疲れが取れないんだよねって感覚の身体になってしまうんです。

(長引く不調や痛みの原因になっている可能性が大な世界だと考えています)

 

↓図で分かりやすく説明すると・・・右図の前毛細血管と書かれている閉じていると書かれている流れが連続性毛細血管のルートで、下の開いている流れが有窓性毛細血管になります。

不安がダメだと言うつもりでなく・・・不安な自分に共感しながらも主体的に今何ができるか?と言う意識で行動しないと悪循環に入ってしまう可能性があることを知っておいて頂ければ幸いです。

 

解決法の提案としては、横隔膜を動かすような深い呼吸や瞑想や良書の読書などがオススメかと思います。

マインドフルネスの世界観で幸福度あげて生活したい時期ですね。

(不安を煽り続けるメディア報道から離れる生活することも大切ですかね)

 

当クリニックで行っている解決法は次回のブログでご紹介しますね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:43 | comments(0) | - | pookmark |
⭐美しく健康に老いるために必要な筋膜の話⭐

昨日の続きです。

全身に張りめぐされている筋膜ですが、かなり複雑な構造をしています。

我々の皮膚の下に存在している『浅筋膜』ですが、さらに奥に深筋膜が存在しているのです。

さらに深掘りしていきますよー。

浅筋膜〜深筋膜・・・その先にお肉の塊だと思っている筋肉の外側は外筋膜・・・外筋膜の中を観察するとたくさんの束になっています。 その束の一つを取り出して観察したものが筋周膜・・・筋周膜の中を観察するとまたまたたくさんの束が存在しています。

その束の一つを取り出して観察したものが筋内膜になります。

 

ななな〜んと・・・我々の身体の中は、筋膜だらけということなんですね。

そして筋膜内には、神経系・血管系・リンパ系も存在しているんです。

 

その筋膜には、悲しい性質があります。

それは、生きている限り縮んで硬くなってしまうんですよ〜。

さらに不活動が加わるとさらに筋膜のコラーゲン繊維が不規則な配列になってしまうんです。

昨日の投稿にもあったよう『Stay Home』の質が悪いと筋膜のコラーゲン繊維は配列が乱れ、長引く不調や痛みの原因につながってしまうんです。

さらに恐ろしいことに不安を煽り続けるメディア報道で不安ゾーンに入ってしまい過ぎ過度のストレスにさらされ続けると、毛細血管にも悪影響が起こります。

 

ストレスによる毛細血管の変化は、次回にお話ししますね。

 

40肩や50肩なんていうのも筋膜が癒着して神経系・血管系・リンパ系が異常になり、筋膜痛になって腕が上がりにくいとかにつながるんです。(10歳の子供が腕が上がりにくいなんてないですからね)

 

美しく健康に老いるためには不活動生活は避け、全身のストレッチを十分に実践する必要があることを知って頂ければ幸いです。

楽する生活や不安ゾーンに入り続けると、『不調や痛み』につながることも併せて考えてくださいね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 13:28 | comments(0) | - | pookmark |
⭐Stay Homeで不調メインテナンス患者さん増加傾向?⭐

政府の緊急事態宣とマスコミの報道により自粛されていた患者さんがメインテナンスに訪れ始めている最近の傾向ですが・・・なんだか皆さん不調を抱えていらっしゃいます。

 

なんでか? 少しづつ紐解いていければと考えています。

 

私から言えば・・・そりゃそうですよねって感じです。

不活動になればなるほど・・・全身に張りめぐされている筋膜のコラーゲン繊維が絡まってしまうんですよ。

 

そして筋膜のコラーゲン繊維の中には、神経系・血管系・リンパ系が存在しているので、そのコラーゲン繊維の配列が乱れれば乱れるほど不調になりますよね。

 

では、外側にある筋膜の説明から・・・。

全身に張りめぐされている筋肉を覆っている筋膜ですが・・・何気に首などは・・・電車の中で居眠りしている時なのどは、潜在意識下(無意識)にストレッチしているんですよー。

 

やはり人は・・・顕在意識より潜在意識で行動しているんですね。

 

肩はどんなに頑張ってもストレッチできないから・・・肩こりで悩んでいる人類が多いと考えています。

 

Stay Homeの功罪を問うつもりはありませんが、こういう情報もマスコミに流して欲しいですね。

(Stay Homeの過ごし方編ってタイトルでね)

 

次のブログ記事は、更なる筋膜の旅に誘いたいと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 20:59 | comments(0) | - | pookmark |
⭐マウスピース治療の功罪に関して⭐

何が真実か?

患者利益の歯科医療を哲学しながら、チームシップを推進し新しい歯科医療の創造を考え抜いています。

 

昨日、公開したブログ記事の流れの中で、マウスピース治療(プレート療法)の話の真実に近いホームページ内の記事を公開しますので、ぜひご覧頂ければ幸いです。

(また記事を気に入って頂けた方は、シェアして頂けると嬉しいです)

 

マウスピース治療の真実に近い回答

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 19:11 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/37PAGES | >>