CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐Purpose(目的)を深掘りの夏季休暇⭐

夏季休暇も残り1日となり、仕事モードに戻りつつ、午後のひと時を過ごしながらブログを更新しています。

 

夏休みのスタッフ向け課題図書『PURPOSE  MANEGEMENT(パーパスマネジメント)』=『人生の目的』・・・社員の幸せを大切にする経営:丹羽真理著を深く読み込み、今後の組織のあり方を深掘りした夏休みでした。

 

通年、スタッフからのみ感想文を提出してもらっているのですが、今回は僕も感想文を10枚も書き上げました。

 

もしかしたら、スタッフは今頃、苦戦しながら取り組んでいるかも知れませんね(笑)

 

政府が取り組んでいる働き方改革で・・・本当に豊かな社会が創造できるか?甚だ疑問がありますが・・・。

 

僕がリーダーとして取り組んでいる働き方改革は、『生き方改革』に注力しながら仕事のあり方を組織の軸だけでなく、『個人の生き方』の軸を定める必要があると考えています。

そこで、今回は上記の『パーパスマネジメント』=人生の目的を課題図書に選んだ訳です。

 

『社会に何を与えたいか』『社会から何を得たいか』と言った軸を持っていれば、仕事についてのフィロソフィー(哲学・考え方)も決まり目標を持って仕事に取り組めると考えています。

(組織のフィロソフィーもあるのですが、バージョンアップしないといけない時期ですね)

 

また今後の取り組みにおいてもスタッフがどのように仕事に取り組みたいかを組織が把握していれば、お互いの関係性は良くなり真の働き方改革に繋がることは間違いないと考えています。

 

月曜日に会社に行きたいと思う人は日本には少ないと言われています。

働きがいが感じられず、生産性が低いのは4つのエネルギーを満たしていないからであり、4つのエネルギーとは、『身体』『感情』『集中』『生命』であり、体が健康で幸せを感じていれば自然とパフォーマンスが上がって物事に集中できると言われています。

 

今後は、自分の人生の目的や存在意義を見つけられないスタッフもいるかと思いますので、全体MTGの場で探すお手伝いをしたり、心(感情)が大切とみんな考えているかと思いますが、心(感情)を日々磨くことは実践できていないと思いますので、心(感情)の成長に向けたワークショップも開催したいと考えています。

 

スタッフと共に、『個人の成長』+『みんなの成長』=『組織の成長』から人生の質を上げ続けながら・・・患者さんとの『関係性の質』・『場の質』・『高度医療提供の質』を上げ続けた組織に進歩していくことが、Our Purpose(医院理念)かと考えています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐院内MTG開催⭐

昨日の午前を休診にさせて頂き、スタッフ向け院内MTGを3時間開催しました。

 

内容は、『スタッフ満足度』から『スタッフ幸福度』を高める組織作り。

意図は、『スタッフ幸福度』を高めスタッフ各自が自分の強みを発揮し、弱点を克服しながら主体的に患者さんに喜ばれるホスピタリティ力を向上させ、『患者満足度』から『患者幸福度』を高めるために取り組む流れです。

 

 

現在、土壌を耕す取り組みの一環として、スタッフの強みを知るために各自のストレングスファインダーにも取り組んでいます。

 

全員のデータが揃い次第、各自の強みを法人全体MTGの場においてシェアし、お互いの補完関係に気づきあいながら人としての成長に意識を高めていきます。

また自分の弱点をされけだす取り組みをしますが、弱点を人前でされけだすことにより痛みを感じるとは思いますが、『痛み+内省=進歩』という数式を理解させ、職場の人間関係の風通しを良くしながら、各自の個性を認め合い、お互いが尊敬し合える組織成長へ向かいます。

職場のストレスが減ることにより『スタッフ幸福度』が上がり、そのエネルギーが『患者幸福度』につながる実験的取り組みです。(笑)

 

そしてスタッフ向け夏休みの課題図書として、PURPOSE(パーパスマネージメント)社員の幸せを大切にする経営:丹羽真理著

 

PURPOSE=存在意義

 

世の中、ブラック企業とかホワイト企業とか騒ぐ中、真の働き方改革とは何か?

正解がない問いに満ちた世界ですが、スタッフが生きがい・やりがい・仕事の誇りを感じ取りながら社会貢献・患者利益の医療・患者幸福度に意識を拡大し、意思を持って行動実践しながら患者さんと喜び合いで過ごせる組織にらせん状に進化させます。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐美しく健康に老いるということ⭐

美しく健康に老いるためには、外見の美しさも大切ですが、心のあり方にも意識するようなMTGを6月20日の木曜日に千葉と銀座のクリニックを休診にさせて頂き、合同会議を開催します。

 

少しスタート時のスライドを紹介しますね。

 

 

豊かさゆえの苦悩を感じながら生きている次世代のリーダーシップを発揮してもらうための会議にしたいと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 21:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐美しく健康に老いるということ⭐

土曜日に来院された患者さんの主訴は・・・右耳の耳鳴り。(まず、この症状で歯医者に来院するだけで勇気いりますよね)

 

 

耳鼻科・脳神経外科などの医療機関での画像診断では、異常なしと言われたらしいです。

 

さて原因はどこかにあるのですが・・・かなり脳コンピューターを駆使しながら診断をしました。

 

身体を観察・・・右耳・・・足を観察すると右O脚・・・首が右に少し傾斜・・・その結果・・・右下寝。

 

この結果は、小さい頃からのお行儀やお作法の悪さがもたらしているんですよね。

 

それに加えて・・・歯科医療での補綴治療結果が・・・かみ合わせのバランスを崩してしまっていました。

 

治るか? 治らないか? 治るとは考えていませんが・・・もし治療スタートしたならば、これ以上倒れない歯科医療と身体のバランス改善を二人三脚で実践しながら症状を軽減したいと思います。

 

犬の片側の歯を削ると・・・犬はバランスを崩して歩くようになってしまいます。

 

美しく健康に老いるためには・・・なるべく歯を削られないよう自己の身は自分で守る姿勢が大切ですよね???

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐美しく健康に老いるということ⭐

今日は砂糖のお話をしたいと思います。

 

 

精製された砂糖や甘味料がむし歯に悪いことはみなさんご存知かと思います。

 

砂糖は数ある食品の中で毒であり、もともと人間の体は砂糖を直接取るようにできていないのです。

 

糖は糖化を促進し活性酸素を生み出し過酸化を誘導、さらに糖化が進むとAGEが精製され弊害が生じてきます。

また子どもが精神的におかしくなることの一つに砂糖や甘いものを与えていることが挙げられます。

 

白砂糖はミネラルが皆無であり、代謝の過程で体内のミネラル、特にカルシウムやビタミンなどを消費してしまい、厳密に述べると全ての糖は使用すべきではないのです。

三温糖、黒砂糖、てんさい糖なども同様です。

 

最近、さらに問題視されているのが『異性化糖』・・・清涼飲料水やお菓子に使用されています。

 

異性化糖には、もう一つ別の問題があり、それはほとんどが遺伝子組み換えのトウモロコシを原料として製造されています。

 

その結果どんどん病気が増えることになってしまう可能性が高まります。

 

人工甘味料も同様に危険な甘味料と考えて頂いた方が良いかと思います。

 

私は、美しく健康に老いることを実践していますので、基本的に食事以外に間食を取らないように気をつけています。

 

フレイル・オーラルフレイル予防につながる甘味制限にぜひ意識を向けて頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 16:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐美しく健康に老いるということ⭐

東洋医学的考え方として病気⇄未病⇄健康という概念があります。

 

真の健康という世界観でなく・・・現在人は未病で生きている人が多いのではないでしょうか???

一概に未病や病気が良い悪いではないですが、可能な限り『美しく健康に老いる』生き方を選択したいですよね。

 

↓オーラルフレイルの概念はメタボリックシンドロームの概念と比較すると理解しやすいと言われています。

過食といった食生活の乱れから肥満までは病気ではありませんが、さらに進むと脂質代謝異常や高脂血症、高血圧という、いわゆる病名が付き、最終的にはかなりシビアな心筋梗塞や脳卒中というところまでいってしまう。

 

オーラルフレイルも同様でお口の健康の意識の低下により、色々な問題を生じてしまいます。

 

また当クリニックには不幸なことに歯科医療後に不調を訴えて来院される方が多いのですが、口への意識の低下と治療すれば良くなるといった感覚で大切な歯を削ることへの無自覚が引き金となっているかと思います。

 

神様が創造された天然の歯に勝るものはないかと考えています。

適切な予防歯科に足を踏み入れることが、残念な結果を引き起こさないためにも大切だということに多くの日本人が意識を拡大してほしいものです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 14:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐美しく健康に老いるということ⭐

当クリニックの一つの存在意義として『美しく健康に老いる』サポートをするという目標があります。

 

では、美しく健康に老いるとは一体どういうことなんでしょうか???

 

基本的には、心身ともに健康で天寿を全うするということに尽きると考えていますが・・・。

 

↑画像にあるように「健康寿命」と「生物学的寿命」が一致せず要介護というステージが存在していることが、日本社会全体の問題として国民一人ひとりが考えることが必要な時代にさしかかっているかと思います。

 

今日は、その中で注目されているフレイル・オーラルフレイルという言葉の概念についてお伝えしようと思います。

 

老年医学会が「痴ほう」を「認知症」に変えたように「虚弱」を「フレイル」という言葉にパブリックコメントを求める動きがあることをご存知でしょうか???

 

またフレイルは生存率に大きく関与することがわかっています。

フレイルを定義する5項目(筋力の減少・倦怠感・さらに日常生活がおっくうになる・活動量の低下・体重の減少)のうちあてはまるものが1〜2項目の人は「プレフレイル」・・・3項目以上の人は老化の曲線が緩やかであるのに対してフレイルの人は老いの坂道を急速に転げ落ちていくということになります。

 

我々歯科領域で扱われている「オーラルフレイル」にも同様のことが言えると考えています。

 

要介護・認知症にならないで、『美しく健康に老いる』ためには、何を意識して実践すればいいのでしょうか!

 

各論については、次回より考えを深めたいと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 09:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐墓じまいの旅⭐

日、月のお休みを利用して先祖が眠る岡山まで墓じまいの旅に出かけてきました。

 

父が1月に逝去し、色々と身辺整理する時期なのですが、墓じまいの知識もなく未知の旅でしたが、菩提寺で親切に色々と教えて頂けた感謝の旅でした。

 

また信徒の方よりご先祖の一人である難波抱節の資料が展示されている備前市歴史民族資料館にも案内して頂けました。

 

 

父から難波抱節のことは色々と聞いていたのですが、まさか資料館に展示されているとは驚きでした。

 

また思誠堂塾を開講し、全国から門下生が集まったことをはじめて知りました。

 

現在、57歳ですが、今後のライフワークとして患者利益の咬合(かみ合わせ)とは何か?について伝承することに意識を拡大することができ、先祖の導きに心より感謝の旅となりました。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐スタッフ力に感謝⭐

↑昨日は、診療の隙間時間に先輩スタッフが身体を張って後輩歯科衛生士2名に対して技術指導を行なっていました。

 

私から指示しないでも、主体的に今、自分たちがどう行動すれば成長でき、お互いを尊敬し合える仲間になれるか?

そんな意識で考働しているスタッフ力に感謝デーでした。

 

昔は強いリーダーシップを発揮しないと現場がうまく回らないこともありましたが、今後は民主的で女性が輝く職場創造に向かえそうです。

 

スタッフが日々、感謝や喜び合いに満ちたクリニックが創造でき、スタッフがお互いを尊敬しながら幸せを感じ、仕事場を人生と思えるか?

今後は、仕事場を人生と思いながら、自己実現に向かうスタッフ育成にも汗をかいていきます。

 

7月から始まる幸せリーダーシップを発揮!・・・『幸福学』×『経営学』4ヶ月コースに幹部2名と参加しますが、人として成長できる予感がしていますので、今からワクワクしています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐感情をアウトプットすることの優位性⭐

かみ合わせと身体と心はつながっているので・・・かみ合わせを壊されてしまった患者さんは、首こりや肩こりや頭痛や不眠や色々な身体症状や心の不調を訴えられていますが・・・ある意味・・・思考がグルグル回ってしまい自分が、今、何をすべきか分からなくなり負のスパイラルに陥っている患者さんが多く見受けられます。

 

思考で解決しようとするのが土台無理なのかも知れません。

 

基本的に人として良い人でなければいけないと言った思い込みや信念が日本人の場合、特に人格形成として有しているかと思います。

(これは基本的には、利他の精神を重んじながら社会生活を幸せに生きる概念としては、とても重要ですが・・・)

 

そもそも考えて欲しい点は・・・歯科医院に通院しているのにも関わらず・・・どんどんかみ合わせや身体の不調が起きている。

 

この実態はどうして生まれるのでしょうか。

 

私と関わって心に深い傷を負っていて・・・自分軸で解決しようと努力している患者さんには・・・今感じている悲しさや苦しみをノートに書き出してくださいねと伝えています。

 

人を信じたいと言う自分も大切にしながら・・・許せない出来事から生まれる感情・・・直接的に犯人探しや相手責めをしても決して幸せにはなりませんが・・・ノートにアウトプットするときっと少し感情が少しずつ和らぎながら負のスパイラルから正のスパイラルにシフトするかと思います。

思考レベルで考えてもグルグル回るだけなので・・・一度目を閉じながら自分の心と対話しながらリラックスした状態で・・・感情を味わってくださいね。

 

実際に7軒の歯科医院で壊されてしまった患者さんは、ノートに恨み辛みを書き出すワークを何度か行ったあと・・・精神的に安定しています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 23:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/32PAGES | >>