CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
姿勢で全身が健康!

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.1

  • 女性
  • H.K様
  • 2007年6月

オーク銀座歯科クリニックに行くきっかけになったのは、右の顎の骨が鏡で見て分かるくらいポコッと出てきて「そのうち直るだろう」と思っていたのに、直ることなく次第に痛みや話すのが困難になり、ネットで探して通院が始まりました。
そして診断は「顎関節症」でした。

私の治療イメージは、ポコッと出ている骨を手術して削るのかと思っていましたがそうではなく、噛み合わせの大切さ・生活習慣・態度・適度な運動などバランスよく生活しないといけないと教わり、出来ることから実行していきました。

色んな事を意識して生活をしていると何度も「あっ」って思うことが多々あるのにはびっくりでした。

例えば足を組むとかです。前は当たり前のように組んでいましたが、今は組まないのが普通になりました。

その他顎関節症に良い事悪い事を、難波先生や衛生士さんから教わっていくうちに、今までの私は「知らず知らず体に悪い事が好きなんだなぁ〜(無意識にやっている)」と。難波先生に「知っててやるのと、知らないでやるのは違うから、知ったその時からでも遅くない」と言われ、その結果見た目で右顎の骨の出っ張りも目立たなく、顎の関節の動きもスムーズになって来ました。

こうした一つ一つの努力(意識)が、顎関節症の改善に繋がっているのではないかと思っています。自分で顎関節症にしたのだから、治すのも自分次第で良くも悪くもなります。今後も難波先生のサポートは必要不可欠ですので宜しくお願いします。

次に虫歯の治療の話をしたいと思います。

私はいろんな歯科医院に行きましたが、他とオーク銀座歯科クリニックとの違いは、「患者目線で患者の歯や体のことを一番に考えている」ところです。それが行動や話し方に出ているのです。今まで通った歯医者は治療の説明も少なく、傲慢なので不安や不愉快に何度もなりました。治療途中で他の歯医者に行ったこともあるくらいです。

まずは歯磨きについてですが、今までの経験上、歯磨きを教わる時期は、治療終了と共に1回だけ見本の歯を使い教わっていました。でもオーク歯科クリニックでは、最初の頃に教わります。まずは見本の歯を使い、次に自分の歯を衛生士さんが実際に磨き、最後に自分で自分の歯を鏡を使って磨きます。そして数週間後にチェックをします。私は今までこんなに歯磨きをチェックしてくれる歯医者には出会ったことがありません。結構人の記憶って時間が経つと曖昧になるので、これからも定期的にチェックしてもらい正しい歯磨きを心がけたいです。

次に虫歯治療についてですが、前の歯医者で「次右上奥歯が虫歯になったら抜歯だから」と言われていましたが、難波先生は少しでも天然の歯を残したほうがいいからと、抜かずに治療をしてくれました。

虫歯の治療では、「エナメル質内に限った虫歯なら、削らないで定期的な予防をし続けていれば大丈夫です」と言ってくれた事が驚きでした。

唾液検査を行い、虫歯菌などの数を調べたりもしました。幸いに菌が少なかったので安心しました。検査結果を基に、衛生士さんから普段の生活での虫歯予防につながる指導をして頂き、最近では間食も減っています。

今回難波先生に出会ったお陰で、「天然の歯の大切さ」を改めて知ることが出来ました。
これからも定期的にトータルケアーをして80歳で20本以上の歯が残るよう頑張りますので宜しくお願いします。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:48 | comments(0) | - | pookmark |
顎や首が改善する歯科医療

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.2

  • 女性
  • H・W様
  • 2007年8月

 

クリニックとの出会い
オーク銀座歯科クリニックとの出会いは、親知らずの治療から始まりました。仕事中に親不知が痛み出し、職場の近くですぐに見てもらえるところを探し、このクリニックに駆け込みました。

親不知を抜くまでは問題ありませんでしたが、その頃忙しく体力が落ちていて、傷口の治りが遅く痛い思いをしました。それでも、先生が状態を説明しながら時間をかけて丁寧に治療をしてくださったので、安心でした。

また、先生は、スウェーデンの先進的な治療と比較しながら、今の日本の歯科の問題点を語られ、スウェーデンでは80歳になっても自分の歯が25本残っていること、小さい頃から予防治療をしていること等を教えてくださいました。治療が長引いたにも関わらず、お話を通して「この先生なら、安心して診てもらえる」と思うようになりました。

生活習慣からの指導
親不知の完治後は、歯科衛生士さんに、歯茎の健康チェックや唾液検査をしていただきました。その時に普段の食生活を聞かれ、「物を食べたり、砂糖入りの飲み物を飲むと、口の中が糖分で酸性になり虫歯になりやすくなるので、間食を控え、お茶か水を飲んだ方が良いですよ」とアドバイスされました。

また、歯の磨き方も教わりました。実際に歯科衛生士さんが歯を磨いてくださるのですが、今までちゃんと磨けていなかった部分がどこなのか、感触で実感できました。いくら治療しても普段からちゃんと磨いていないと、虫歯リスクは大きくなるので、それ依頼、教わったとおり丁寧に磨くようになりました。

ここまででも、「だいぶ親切な歯医者さんだなぁ。」と思っていましたが、さらに驚いたのは、生活習慣まで指導されたことです。口を閉じる時「ゴキッ」と顎が鳴る顎関節症の私に対し、先生は治療の度に「(横を向いて寝ると顎に荷重がかかるので)寝る時は大の字で寝る」「(姿勢が良くなるように)椅子には寄りかからずに丹田【タンデン:おへそのちょっと下】に力を入れる」「(骨盤が曲がるから)足を組まない」「(首が鞭打ちのような状態になるから)電車の中で居眠りしない」と生活チェックしてきました。姿勢や生活態度が全て歯や顎の悪さにつながるというのです。自分に甘い私は、最初の頃はいつもの癖で足を組んだりしたのですが、最近は全く組まなくなりました。

他にもバスタオル枕の作り方、食いしばりによる顎の変形、頬杖の怖さ等、色々と教えていただき、ちょっとずつ実行していたら、いつのまにか顎の鳴りや首の痛みがだいぶよくなった気がします。自分の悪い癖を知っているかいないか、普段からそれを意識するかしないかで、生活が変わり、顎や首の状態も改善しました。

セラミックインレー
ある日、虫歯の跡をセラミックインレーにすることをクリニックに進められました。決して安い治療費ではありませんが、やることに決意しました。当初、虫歯の治療跡が8本(奥歯2本ずつ)、前歯が欠けた治療跡が1本ありましたが、被せ物を取ってみると、9本すべて虫歯になっていました。1本は神経まで抜く深い虫歯に。世の中には銀歯等のインレーではない治療跡の方がたくさんいますが、「その下は一体どうなっているんだろう?」と想像すると正直怖くなりました。

約1年、根気よく通い、今月末に無事9本の治療を終える予定です。その時できる最善の方法を提案していただきながら、最後まで丁寧で確実な治療をしてくださった先生とクリニックの皆さまに、とても感謝しています。

治療を終えて
通い始めて1年以上経ちますが、仮歯の時はご飯がかめないほど痛い時もありました。治療中に痛さで泣いたこともありました。(もちろん、平和に終わった日も何回もありますが…。)

これからも健康な歯でおいしくご飯を食べられる幸せをありがたく感じながら、日々のケアと定期的な診断を怠らず、生活態度もより意識して過ごしていきたいと思います。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:47 | comments(0) | - | pookmark |
姿勢の改善で開かなかった口が開くように

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.3

  • 女性
  • Y・S様
  • 2010年2月

 

一年半前より口が開きにくい状態になってしまい通院中の歯科医院の先生に相談した所、そのうちに良くなるだろうということで様子を見ていましたが、とうとう指1本程度しか開かなくなり、食事や会話に困る状態になってしまいました。

ネットサーフィンをしながらたどり着いたのが、オーク銀座歯科クリニックさんでした。
指が1本程度しか開かなかった状況から立ち直り現在では指3本以上は入るようになり顎に関しての不快な状況もすべて改善されました。

オーク銀座歯科クリニックでの治療は顎のずれに対しての分析から始まり、私の姿勢に関しての悪い点を直すための指導が行われました。

椅子に座った時、立った時などの重力に負けない姿勢作りを教えて頂き、ストレッチの器具に立ち正しい姿勢を維持した後は、体の重心が変化するのが自分でも分かるほど認識でき、口を開く量が徐々にですが増していきました。

普段の姿勢にかなり気を配るようになり、あの時の顎の不調はなんだったんだろうという思いです。

また口が開きにくいという状況以外に口を開くときに顎が右にずれてしまうという症状もあったのですが、かなり前に治療を終えている左のブリッジの高さが低いために起こっていると難波先生に指摘して頂け、治療に入りました。今では顎のずれる事がまったくなくなりまた以前より快適に食事が取れるようになったように感じています。

まだむし歯の治療が残っているので通院を継続していますが、教わった重力に負けない姿勢を努力し顎の調子を悪くしないように保っていきたいと思います。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:47 | comments(0) | - | pookmark |
顎の不調が改善し、頭痛までも軽減した歯科医療

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.4

  • 女性
  • T・S様
  • 2010年9月

春中旬

高熱で倒れ、顎を強打。

奥歯数本が欠けてしまう事態に見舞われた。

数日入院し調べたところ
顎にヒビ。

転倒時の衝撃で顎もズレ、

口が開かず、歯も欠けている為に

食事もままならず、

退院後、すぐにネットで調べ、
このクリニックに辿り着く。

事前にメールにて現状を伝え、
期待と不安で訪れた。

カウンセリングに1時間。

これからの治療などの流れについて
映像DVDを5分。

歯のチェックに15分。

欠けた歯の応急処置に15分。

正しい姿勢について30分。

実際治療した患者さんの
初診から完治までに映像DVDを10分。

一人の患者にかける時間が長い!

この間、
随時説明をしてくれたり

私の症状について事細かに質問、メモしてくれる。

尚且つ
これらの治療にかかる金額もその場で教えてくれる。
(保険外診療にあたるもの)

この段階で、"お、この歯医者当たりかも"と
心の中でガッツポーズ。

 

カウンセリング後
真っ先に指摘されたのが

入院中に言われた
『顎を開ける練習』

"某大学病院の顎歯科の先生を非難するわけじゃないけど・・"

と前置きを入れつつ

"足を捻挫した人に「ダッシュしてこい!」と言うのと同じくらい顎に悪い!!"

らしい(笑)

ヒビが入って
顎の筋が延びちゃってるところに

無理くり口を開けると首がおかしくなる!

安静が一番!!

と。

確かに
入院中からずっと首から後頭部にかけ鈍痛が続いていた。

そう話しながら

のびてしまっているという顎から首にかけての筋を
少しマッサージしてもらった。

すると・・

まだ違和感があるが
数段噛みやすくなってる!!

すごーい!!

ここは噛合わせや顎関節症など
身体のバランスの含めて診てくれるとこ。

"後遺症にならないためにも
顎と筋を正しく戻して

歯とともに治療していきましょう!"

と、心強いお言葉。

そして、
頬杖や横向き寝、足組みの禁止。

まずは、身体のバランスを正して下さい。

これからの治療で
片頭痛も治ると思いますよ。

元々、片頭痛持ちの私には
かなり嬉しい話。

 

二回目の診療からは

悲鳴と叫びの嵐。

「ギャー!!痛い痛い痛い!」

ずれた顎を治すためのマッサージ。

マッサージ前に
口を開けて角度測定。

相変わらず上手く開かず
違和感が顎に残る。

マッサージ開始・・

先生が触れるあらゆるポイント全て痛いは

"重症ですね(苦笑)、治しがいあるな〜"

と言われた。

マッサージ中・・

痛くて痛くて
泣きそうに痛い。

それがまるっと一時間。。。

痛みに悶え

汗だくになり

診察台をバシバシ叩き・・

怒涛のマッサージ終了。

ぜーはーしている呼吸が落ち着いたところで

"じゃ、立って口開けてみてね"

恐る恐る開けてみる・・

 

!!!

 

スムーズに・・

口が・・

開きますよー!!!

思わず「すげー」と言ってしまった。

 

奥歯をカチカチ鳴らすことも出来なかったのに

「カチカチッ!」鳴るよ・・おい・・

"まだ一回目ですから、完全ではないです。
でも劇的に変化したでしょ?"

と、先生。

まさしく某TV番組のような
ビフォーアフターですよ!先生!

それから春、夏、秋と季節も移ろい

顎と歯は完全復旧。

現在は片頭痛をいかになくすか
先生が最後の仕上げ(?)に取り掛かり中。

歯医者に通っていながら
歯の治療ではなく、頭痛の治療を受けている・・

トリガーポイント通りに痛む私、
それに感心する先生。

身体がねじれてますからね・・・

ちなみに

片頭痛の発生頻度はぐんとさがり、
左側の痛みは出なくなりました(以前、左右どちらかで痛み発生)。

それにより、鎮痛剤の服用も減り
胃にもお財布にも優しい限りです。

筋肉注射・点滴・強い薬(過去に頭痛外来で受けた片頭痛の治療)とも
おさらばできそう♪

ここまで結果がついてくる医者は
初めてかもしれません。

今後ともこちらでお世話になりたいと思わせるクリニックです。
これからも宜しくお願い致します。

 

最後に・・

もう泣き叫ぶこともないかと思われますが
私が治療中にたまたま遭遇した患者様達、及びクリニックの方々には

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

あまりの叫びっぷりに、お産のよう・・と揶揄されましたので(苦笑)

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:47 | comments(0) | - | pookmark |
15年悩んだ顎関節症のストレスがほぼなくなりました

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.5

  • 女性
  • S・M様
  • 2011年5月

かれこれ15年以上、顎関節症に悩んでいました。
何軒かの歯科医院で相談してみましたが、マウスピースを勧められたり
自分の顎と上手に付き合っていくしかない。など言われて諦めていました。
ところがこの1,2年の間に症状が悪くなってきて奥歯が咬み合わなくなってしまいました。このままでは物が咬めなくなってしまう…なんとかしなくては‥

でもどこの病院に行けばいいのか…?という不安で毎日毎日ネットで探しました。
オーク銀座歯科クリニックのホームページを見つけた時、ここかもしれない!という期待で電話をかけました。

「治してあげますよ」の先生の一言は本当に嬉しかったです。
いままで毎日のように感じていた顎関節や咬み合わせに対する不安やストレスが
筋膜リリースを受けるにつれ薄れていき、今ではそれらの不安はほとんどなくなり
毎晩よく眠れるようになりました。
この筋膜リリースですが、他の体験談でとても痛いと書かれてあったので
どれ程の痛さなんだろう…と恐る恐る受けてみると、それはそれは本当に痛い!!
その後何度受けてもやはり痛い…
でもこの痛みを乗り越えればきっと良くなる。良くなりたいという気持ちを持って筋膜リリースの度に先生に励まされながら痛みに耐えています。

顎関節や咬み合わせの状態が安定してきているので、今は咬みあわせ改善を中心とした
形態の悪いかぶせ物や詰め物の交換が始まりました。今後症状がもっと良くなっていくのが楽しみです。
又、正しい姿勢の指導などもあり日常生活の見直しもでき、毎日快調に過ごせています。
先生と出会えたことに感謝しています。これからもよろしくお願いいたします。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:46 | comments(0) | - | pookmark |
マウスピースや整体で治らなかった顎関節症が快方へ

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.6

  • 女性
  • S・I様
  • 2011年6月

二年前にカラオケで熱唱しているときに口が開かなくなってしまいました。

でも、数分たったら開くようになったので医者にもいかずほったらかしにしていたら
それが癖になったのかだんだん開かなくなることが頻繁になってしまい、とうとう開かない時間が長くなってしまったので近くの歯医者に行きました。

そこではマウスピースを作って様子を見ましょうということだったのですが改善されず今度は違う歯医者にも行ったのですがそこでもマウスピースを作るといわれ、他に何かないかなぁ〜とネットで調べて整体も改善されると書いてあったので行ってみました。

その時は、少し改善されましたが日にちがたつとまた戻ってしまうのでこれはもう無理なのかもしれないと思いながらも再度ネットで調べていたら、オーク銀座歯科クリニックのホームページを見つけて今までの歯医者とは違った治療方法だったのでこれでダメだったら諦めようと思い予約を入れ治療を受けることにしました。

ネットの体験談にも書いてあった筋膜リリースを受けることになりました。

これが思っていた以上に痛く帰りはヘトヘトになって帰っていました。

最初は治療の日が憂鬱なくらい痛くて仕方なかったですが、だんだん痛さも少なくなり口がスムーズに開くようにもなってきました。

これからは先生に教えてもらったことを自分でもやって悪い姿勢にならないように頑張っていきたいと思います。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:46 | comments(0) | - | pookmark |
矯正でも治らなかった頭痛を解消したトリガーポイント療法

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.7

  • 女性
  • M・K様
  • 2011年9月

私は、20代前半の頃から頭痛に悩まされるようになり、20代後半には、ほぼ毎日薬が手放せなくなりました。

脳ドックに行ったり、マッサージに通ったりと色々試しても全く良くならず「歯の噛み合わせが良くなると頭痛も治る」と勧められ、35歳の時、歯科矯正を始めました。しかし頭痛が良くなったという実感はありませんでした。

そんな時「トリガーポイント療法」を知り、正直、半信半疑でしたが、「もしかしたら良くなるかも」と思いトライしてみる事にしました。

「痛い」とは聞いていたけど・・・こんなにも痛いとは・・・声を上げるのも我慢出来ないほどの痛みとの戦いでした。

ネットの体験談にも書いてあった筋膜リリースを受けることになりました。

最初に体の変化を感じたのは睡眠でした。

夜中に何度も目が覚める事が多かったのに、一度も覚める事なく深い眠りで朝の目覚めがスッキリになりました。

良く眠れるようになったおかげで、朝の頭痛がなくなりました。

最初のうちは、あまりにもマッサージが痛いので何度も辞めようと思いましたが、続けていくうちに痛みがやわらいでいき、頭痛が良くなるのが実感出来たので頑張れました。

今では頭痛薬を持ち歩くこともなくなり本当にやって良かったです。

トリガーポイント療法に出会えたことに心から感謝します。

そして先生ありがとうございました。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:45 | comments(0) | - | pookmark |
顎の痛みが軽減し、睡眠不足も解消したトリガーポイント療法

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.8

 

  • 男性
  • T・Y様
  • 2011年9月

学生の頃に顎関節症の症状が出はじめ、大きく開口するとカクッと音がするようになったのですが、生活にはとくに支障がなかったので放置していました。

キリキリと顎が痛むようになって、藁にもすがる思いでインターネット上の情報を調べて治療法を探したところ、多く目にしたのがマウスピースを使っての治療法でした。しかし、子供の頃にやっていた歯列矯正の経験から口の中に装置を入れる煩わしさをよく知っていたので、そういった治療には抵抗がありました。

オーク銀座歯科の治療法はそういったものとは全く異なっていました。姿勢や全身の筋肉のバランスを整えて治療するという方針に興味を惹かれました。これなら対症療法でなく、 原因の根本から治せるのではないかと思いました。私はもともと姿勢があまり良くなく、さらにはデスクワークのせいでそれが悪化していたこともあり、通院を決めました。

初めての診察で1時間以上かけて治療方法を説明してくださり、いろいろな要因が重なって顎の痛みが出ているのだということを教えていただきました。驚いたと同時に、これは矯正器具のようなものを使ってすぐに治せるものではないことを知りました。時間をかけて治していかなければと覚悟を決めました。

トリガーポイントマッサージは痛くてときに辛い治療でしたが、少しずつ効果を実感することができました。数回ほど受けた頃から、顎の痛む頻度が少なくなっていきました。

最初に体の変化を感じたのは睡眠でした。

普段の姿勢についてもいろいろと指導をしていただき、役にたっています。仕事中パソコンに向かっているとき、たまに顎が痛くなることがあっても、教わった姿勢を保つことで痛むことが少なくなっていくのを実感しています。それだけでなく、通院しはじめた頃の食欲不振も改善し睡眠もよくとれるようになりました。

オーク銀座歯科に通い始めて以来、電車やバスに乗っても座席に座ることがほとんどありません。立ったまま「重力に負けない姿勢」でいることを楽しんでいます。

顎の治療してもらっただけでなくいろいろなことを学ばせてもらい感謝しています。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:44 | comments(0) | - | pookmark |
噛み合わせ治療とトリガーポイント療法で開かなかった口が開くように!

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.9

  • 女性
  • J・Y様
  • 2012年3月

『顎が外れる』なんていう事が自分の身に降りかかるなど、想像したこともありませんでした。

実際、外れるまでは行きませんでしたが、ある朝起きて朝食を食べようと思ったら…口が開かない!

初めての体験にとにかく焦りました。

1cm程度は開きましたが、食べ物を口の中に入れようと思っても、顎の関節に何かが引っ掛かった様な感じでそれ以上は開きませんでした。

応急処置でなんとなく関節部分をマッサージして、無理矢理口を動かし朝食を終え、その場は凌ぎました。
日中は普通に戻りましたが、翌朝も同じ状況になった為、掛かりつけの歯科へ行きました。

顎関節症とは診断されず、「膝を曲げた時に音がしたり、足を捻挫したりするのと一緒。一時的なものだと思います。」と言われ、すっきりとはしませんでしたが、とりあえず納得してしばらく普通に過ごしていました。

その際、マウスピースも勧められましたが、本当に症状が解消するのか半信半疑だったので、その場ではとりあえず断りました。(結果断って良かったなと、後で思うことになりました。)

その後も不定期にその『顎ロック』の症状が発生した為、カイロプラクティックへ行ったりもしてみましたが、「食いしばったり、顎にあまり力を入れないようにして下さい。」と言われるだけで、根本的な原因は分かりませんでした。

不定期とは言え、不快な症状に悩まされ、寝る時や食事の際にもなにか気を使うようになり、気が落ち着きませんでした。

このまま一生この症状と付き合って行かなければならないのか…と思うとかなり憂鬱になり、ひたすらインターネットで、「顎関節症」・「治療」のキーワードで検索を掛けました。

マウスピース治療を掲載している歯科医院が多い中で、体の姿勢や筋肉のバランスを改善することを重視した治療法を掲げているオーク銀座歯科クリニックへ辿り着きました。

過去の体験もあり、その時には正直トリガーポイント療法にも半信半疑で、立地も銀座ということもあり、結局高い治療費を払うだけで終わりになるんじゃないか…と8割不安混じりで初診療へ臨みました。

診療の結果、姿勢の悪さも一因ですが、過去に治療した歯の高さが低すぎることに因る噛み合わせの問題も原因とのことでした。

その後、まず姿勢指導を受け、トリガーポイント療法、クラウンのやり直しという順で治療は進んでいきました。

ホームページにて、他の患者さんの体験記を事前に読んでいたので、トリガーポイント療法は痛いという事は理解していましたが…とにかく痛いっ!!

想像を絶する痛さに(診療台を蹴り飛ばしそうになり)、初日から挫折しそうになりました。

普段から特に頭痛や肩こりに悩まされているわけではないのですが、難波先生が突いてくるポイントはゴリゴリしていてとにかく痛いのです。
(私の場合、痛いポイントとくすぐったいポイントが混在していて、痛いツボの合間に、たまに“笑いのツボ”の方を押されて本当の『泣き笑い』状態になっていました…泣いたり笑ったり騒がしくてすみません(笑))

2回目も痛かったのですが、回を追う毎には以前痛かったポイントが痛くなくなっていることに気付き、体が良くなっていってるんだな、と実感できました。

正直行きたくないと思うこともありましたが、効果を実感できたことや、難波先生はじめスタッフの皆様の温かい笑顔、励ましのおかげで通い続けることが出来ました。ありがとうございます!

現在は主要なクラウンの入替も済み、噛み合わせもかなり改善され、変な気がかりも無くごはんがおいしく食べられるようになりました。

顎の音はまだ残っていますが、以前の様に起床時にロックがかかってごはんが食べられない、ということは無くなりました。

普段は、自分で痛いトリガーポイントをほぐすようにし、姿勢も“重力に負けない姿勢”でいようと意識するようになりました。まだ100%には程遠いですが、綺麗な姿勢を保てる様に日々心掛けています。

また、今後は予防歯科を重視し、定期的なメンテナンスにも通おうと思います。
日頃の歯のメンテナンスが、将来の自分の歯や健康へどれ程影響を及ぼすのかが分かり、歯磨きも一本一本意識して磨くようになりました。

オーク銀座歯科クリニックへ来るまで、歯科とは非常に敷居が高く敬遠しがちな場所だったのですが、自分の健康をサポートしてくれる心強い身近なパートナーという存在に変わりました。

まだまだ改善したい歯はありますが、焦らずゆっくりと治して行きたいと思います。
今後も長いお付き合いになるかと思いますが、どうぞ宜しくお願い致します。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:44 | comments(0) | - | pookmark |
マウスピースによる顎関節症治療の功罪

顎関節症の患者様の治療体験談Vol.10

  • 女性
  • H・M様
  • 2013年9月

オーク銀座歯科クリニックに通い始めてから、もうすぐ2年半になります。
始まりは、左顎の痛みから、ある口腔外科で顎関節症と診断されてマウスピースを作ったことでした。

最初は左顎周辺の痛みでしたが、マウスピースを使用した事で、なぜか右顎が開けづらくなってしまいました。すぐに受診しましたが、特に調整もしてもらえず「顎は左右つながっているものだから・・・」と、なんとも納得できない説明をされ帰されました。

その後、様子を見るようにと言われたものの、右顎の調子も改善しないので、不信感を持った私は、家からわりと近いところに顎関節症の治療に力を入れているという(ホームページもしっかりありました)歯科医院をみつけました。

そこでの治療は、コンピューター診断により顎の正しい位置を探し出して、その位置でマウスピースをつくるというものでした。
ですが、その出来上がったマウスピースがとにかく固くて、分厚いのです。就寝時に装着すればいいとのことでしたが、あまりの厚さに寝ることはもちろん、口を閉じることさえもできませんでした。
何度かマウスピースの調整を繰り返しましたが、その度に顎の位置が変わり、かみ合わせまでおかしくなりました。
頭痛、首のコリ、背中の痛み等、体全体が不調に陥ってしまったのです。自分の元々のかみ位置が分からなくなってしまいました。

 精神的にもすっかり参ってしまい、ネットサーフィンの末、半信半疑でしたが、まさに藁にもすがる思いで辿り着いたのがオーク銀座歯科クリニックでした。

初めてのカウンセリングの際、使用していたマウスピースを見た難波先生が、「ここで治療をする、しないにかかわらず今日からこのマウスピースはおやめください。こんなものを続けていたら廃人になりますよ」と言われたことをよく覚えています。

オーク銀座歯科クリニックでの治療は、まず正しい姿勢指導と、先生によるトリガーポイント療法でした。
これが皆さん言っておられますが最初は本当に痛いんです。内心、逆に悪化するんじゃないか・・・と思ったほどです。
私の場合、長年の姿勢の悪さからくる歪みや、慢性的なコリがひどく、なかなかほぐれずに、このトリガーポイント療法を20回近く受けたと思います。

補綴治療に入ってからは、少しずつゆっくりとしたペースで進めて頂きました。
詰め物でも、被せ物でも、先生は最初は少し高めに作られるようで当然大抵の場合、調整が必要になります。
先生曰く、「低く削りすぎたらアウトなので」ということで、調整の時は削るというより研磨するように本当に少しずつされているようでした。時には1本の歯に何度も何度も調整をお願いすることもあり、申し訳なく思いましたが、その都度、快くしていただき感謝しています。

また、歯科衛生士の小西さん(杉本さん、串田さんは辞めてしまわれたそうで残念です)、受付の大林さんにも大変お世話になりました。
もともと歯科治療は痛い・・・というイメージがあり苦手でした。更に初めてのブリッジや予定外だった神経治療など、途中不安な事も多々ありました。
そんな時に支えになって頂いたのがスタッフの皆様です。
多忙な先生には聞けない様な些細な疑問にも丁寧に応対していただき、また不安な気持ちを汲み取っていただけたと思います。皆さん明るくて笑顔が素敵な方達です。
ありがとうございました。

これからは、姿勢の大切さを忘れずにメンテナンスと予防の面でお世話になりたいと思います。

難波先生はじめ、スタッフの皆様、今後ともよろしくお願いします。

                    
| 顎関節症治療体験談 | 14:43 | comments(0) | - | pookmark |
| 1/3PAGES | >>