CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
補綴専門医としてのこだわり・・・。
 週末は、以前からUPしますねと言っていた『顎関節症』や『咬合病』や『補綴歯科』に関するホームページコンテンツ充実のために汗を流していました。

この分野を正しく表現するのは、難解でしたが重い腰を上げて作成しております。

インプラント治療や審美歯科治療も得意な分野ですが、補綴歯科分野をもっと患者さんに知って頂きたいと思います。
また、審美歯科学会やインプラント学会の理事長は、補綴歯科学会に所属している大学教授が歴任するほど補綴歯科学会は由緒ある学会なのです。

では、今日は私が1本のクラウンをどれだけこだわって作製しているかご理解して頂ければと思います。
では、左の写真が奥歯の天然の歯、右の写真が同一患者さんの奥歯に装着されたクラウンです。


このクラウンの形態が天然の歯に模倣されていなく、上下の接触が顎の動きに合っていなければ、患者さんは咀嚼に対しての不満や体を支えているポイントを失います。
これ以上お話すると脳死状態に陥りますので割愛しますが、患者満足の補綴物(クラウン)を作製するための努力について紹介します。
左の写真は天然の歯、右の写真は不備のあったクラウンを歯科技工士が天然の歯を模倣し生体に調和させるために苦心したロウで作成した形態です。(ノギスの数値がピッタリに再現出来ています)

分かりますか  目に見えない努力の賜物かと
ここまでこだわったクラウンを製作している歯科医師&歯科技工士が何人いるんですかね?

今日初診で来院された患者さんは、ほとんどの奥歯を銀歯で治療されて来院されましたが、身体に合っていないデザインのため奥歯2本が骨吸収で抜歯の運命・・・。
悲しい現実ですが、補綴専門医としてこれ以上の破壊を止めたいと思います。
当院専属技工士は、無口で頑固な男ですが、教えた事を進化する職人なんですよ。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄




                    
| 歯科情報 | 21:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯根破折の顛末・・・。
昨日に引き続き、歯根破折の話です。聞き耳を立てる
まずは、レントゲン写真をお見せしますねグッド

昨日UPした歯根破折とは、違うレントゲン写真ですが、この症例は、骨の吸収が進んでいました。冷や汗冷や汗冷や汗

悲しいことに、前の歯科医師の診断が、それなりに問題はありますが、経過を見ましょうで何年も放置されたそうです。

歯根破折があり骨の吸収が進行するにもかかわらず放置されることで、腐った骨の範囲が広がっていました。

この歯根破折も解決したい・・・課題ですね。
またこのような状況に至らないためには、歯ぎしりや食いしばりがなくなるような全身へのアプローチが大切で、咬合(噛み合わせ)の力に対する考えを整理したいと思います

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 歯科情報 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
むし歯発見器の詳細情報
一昨日お話した『むし歯発見器』の詳細情報です。

この機器は、千葉の医院時代から使用しており確か10年は経過していると思いますが、当時、ドイツのハイテク技術は、凄いびっくりと感心した記憶があります。

オーク銀座歯科クリニックで使用している『むし歯発見器』です。
ときめきぜひクリックして見て下さいね。ときめき

オーク銀座歯科クリニック@東京 銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄



                    
| 歯科情報 | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ジルコニアオールセラミックのリサーチ
月日が経つのも早いもので・・・もう9月ですね。
9月は男の料理:七輪編が活躍しそうです。拍手
さて昨日話したように今日は、『The International Journal of Prosthodontics』:米国補綴学会誌に投稿された論文の中での臼歯部(奥歯)固定性ブリッジに用いられたジルコニアフレームワークの5年臨床成績について報告します。聞き耳を立てる

本題に入る前に、最近初診の患者さんのカウンセリングを行っていると・・・患者さんからオールセラミッククラウン&ブリッジ修復の中で、先生の歯科医院ではプロセラオールセラミックやジルコニアオールセラミック・・・どちらの方法で治療していますか?などなどかなりDEEPな質問を受けます。びっくり
患者のみなさんもDEEPなネットサーフィンをされて知識を持たれているようですね。
この間は色調と形態の問題でジルコニアブリッジをやりかえて欲しいと依頼がありましたがドイツKAVO社のエベレストで治したんですが、なんて言われました。びっくり

さて日本では2006年・・・約2年前より認可されたジルコニアオールセラミッククラウンの治療ですが、海外では5年経過症例の報告が行われています。
27名の5年経過した奥歯のジルコニアオールセラミックの成績は・・・ジルコニアフレームワークの成功率は、97,8%だったそうです。拍手
日本で2年、海外でも未だ5年経過報告が現実のジルコニアオールセラミッククラウン&ブリッジですが、10年後には金属による修復は『過去の遺物』となる予感を感じています。冷や汗
ちなみに私は日本で認可される5年前よりジルコニアオールセラミックブリッジによる審美修復治療を行っていますが、未だ口腔内健在機能中です。
明日は、4年経過したジルコニアブリッジのオーク銀座歯科クリニックでの治療例を紹介しますね。

オーク銀座歯科クリニック@東京 銀座 歯科
 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 歯科情報 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
審美歯科&インプラント診療を終えて・・・。
本日第2弾です。拍手
本日三重県から来院された審美歯科に問題のある患者さんは、歯の根の問題や歯肉の問題を抱えていましたが、患者さんの審美的不満を解決できる状況でした。
また今日の診療記録は、クリニカルコーディネーターの林がまずカウンセリングルームで1時間カウンセリング〜診療室で1時間30分資料取りと前歯の動揺のあるブリッジの噛み合わせの調整(調整で歯の動揺は軽減し患者さんからも噛み合わせが軽くなったと確認して頂けました)〜カウンセリングルームで私からの説明1時間30分〜林にバトンを渡し30分程度・・・計4時間30分かかりました。びっくり

銀座で開業して看板も出さずに・・・口コミ経由かインターネット経由の患者さんが主流の患者層ですが・・・審美歯科 東京を検索しても私の医院などは表示されるわけでもありませんが、どこをどう経由して私の医院に辿り着いたのかがミステリーです。おばけ

経由は永遠の謎かも知れませんが、縁あって来院して頂ける患者さんに感謝です。ときめき
午後のインプラントの患者さんは、紹介で来院してくれている患者さんですが、なんとその患者さんは、福島県から来院してくれています。
インプラントの手術は、静脈沈静法によるインプラントのため術後の安全管理のため今日は銀座のホテルに泊まって頂きました。 本当に地方から来院して頂き感謝です。
骨の状態が悪く難症例でしたが、成功でした。拍手

今週も上の愛娘は、銀座の医院の技工室で猛勉強ですが、明日は夏休みの自由研究で歯の模型ができあがるまでをテーマに取り組む予定です。また明日は銀座プランタンB2Fにあるお店でマンゴーのかき氷を一緒に食べる予定です。ときめき

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄




                    
| 歯科情報 | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
審美歯科&インプラント集中日
今日は、三重県から審美歯科の不満を訴えた患者さんが来院します。
悩みが多そうですが、解決のために魂をこめた診療をしたいと思います。見る

午後からは、麻酔専門医とのコラボレーションによるインプラントの手術があります。
下顎の2本のインプラントですが、骨の状況が悪いケースでアドバンスインプラントになります。冷や汗


生体モニターを見ながら全身にストレスのないインプラント手術の様子です。左斜め上

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 歯科情報 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
予防歯科
今日は、1年半ほど前から予防歯科管理をさせて頂いている14歳の患者さんのお話です。聞き耳を立てる

当院に来院された時点では、むし歯になりかけの歯が2本ありましたが、現在患者さんのホームケアの充実と生活の中で、甘い物を控えたり、間食を控えたりと生活習慣を見つめなおしたり、年3回のプロフェショナルケアによりカリエスフリー(むし歯が0本)の状態を維持しています。拍手

このまま管理を続けむし歯&歯周病と無縁の人生を送れるようサポートして行きたいと思います。ときめき

悪くなってしまった歯は治療の介入が必要ですが、『予防』は『治療』に勝るをお忘れなく悪くなってから歯科医院に通院するのでなく、悪くしないように歯科医院に通院するよう心がけて欲しいなと思います。

当院の予防プログラムを紹介しますのでぜひご覧下さいね
上記の文をクリックして下さい。 いくつかの予防プログラムを紹介していますが、むし歯予防には唾液検査&トータルケアーがお勧めです。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄

                    
| 歯科情報 | 15:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯根破折の話
昨日話した歯根破折の問題に関しての続きです。聞き耳を立てる

まず歯根破折してしまったレントゲン写真をお見せしますね。グッド
赤丸で囲んでいる箇所の根の先端が折れてしまっています。(WEB公開了承済み)

神経がなくなって20年近く経過しているそうですが、歯軋りや、食いしばりなどの力のストレスが原因で根が折れてしまったと考えられます。
根の先端に感染が起きていますが、まだ進行性のものではなく経過観察を始めたばかりですが・・・いずれは抜歯の運命です。冷や汗

次に別の患者さんですが、3年前に歯根破折したまま放置され当院に転院し抜歯となったレントゲン写真をお見せしますねグッド

この患者さんは、放置されたために赤丸で囲んだ箇所の黒くなってしまっている部分の骨が溶かされ重症の状態でした。冷や汗

神経を失う行く末は・・・歯根破折の可能性が高くなります。
神経を取るまで放置せずに、予防に励んで大切な天然の歯を守って下さいね。
明日は歯根破折した歯の治療法について書きますね。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 歯科情報 | 01:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
咬合=噛み合わせの話
本日第2弾です。
このコラムを読む前に、必ず前のコラムを読んでからにして下さいね.
・・・でないとでないと出ますよ。・・・おばけ

先回のレントゲン写真では、分かりにくい?
分かりましたもう1枚お見せしましょうグッド

このレントゲン写真も、右の顎の関節が、左の関節に比べて細いですよね。
この関節の差を読み・・・口の中の治療に生かす・・・ここが味噌なのです。

話は変わり・・・7月7日七夕は、残念ながら休診のため4日〜5日に七夕イベントを開催しますので・・・乞う、ご期待ラブ
担当は、受付細川ですが、かなり燃えています。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医:難波郁雄
                    
| 歯科情報 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
咬合=噛み合わせの話
今日は、久しぶりの咬合話に戻りますね。拍手

歯科語録の中で『咬合を制する者は歯科を制する』という言葉があるほど・・・咬合=噛み合わせは、難解です。

何故?難解なのか?を説明しますね。
人の顔が皆違うように噛み合わせの様式(咬合様式)は、十人十色なのです。びっくり 咬合様式をとってもかなり機能分析をしなくては、患者さんを満足出来ません。

話は変わりますが、1枚のレントゲンを見て関節(顎関節)の形態を観察して見ましょう! 赤い○で囲んでいる箇所に注目ですよ
書いていながらも解説が難しいのですが、左右の関節の形の違いが判りますよね?
右の関節の方が、細い、左の関節の方が、右に比べて太いですよね。
この形態の差は、成長発育で決定されていますが、その後の変化も関係しています。

この形の違いを分析し・・・患者さんの口に入るかぶせ物の形、長さ、接触面積を考慮し・・・食事を取る際の顎の動き等を調和させないと100点のかぶせ物を患者さんに提供できないことが、咬合が難解と考えている理由です。

これからも100点に近い詰め物、かぶせ物を提供するために魂を込めますね。ジョギング
昨日、スタッフ歯科衛生士:星野の左上のクラウンの型取りをしましたが、当然100点を目指し無調整で仕上げたいと思います。
患者のみなさん無調整のかぶせ物を作るって死ぬほど難題なんですよ。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医:難波郁雄
                    
| 歯科情報 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/3PAGES | >>