CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
断食体験記・・・。

 昨日決行する予定の断食でしたが、本日決行中です。

朝食、昼食のハードルは乗り越え、現在6時、明朝まで空腹と対決です。
現在の心境は・・・あー腹へった。

でも体の細胞が生命の危機を判断してくれ遺伝子修復プログラムを活性化してくれ、活性酸素を除去する遺伝子群を発現し、内臓脂肪が減ることを目標に頑張ります。

ただお腹はすいていますが、何故か頭は冴えて今晩は読書に集中できそうです。
今朝の電車の中で読み始めた本を紹介します。
人生を好転させる『新・陽転思考』 和田浩美様著
体と心をリセットしながら残りの4ヶ月間を充実させたいと思います。


オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医:難波郁雄



                    
| アンチエイジング | 17:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンチエイジングのお話・・・断食編。
 昨日お話した抗加齢(アンチエイジング)での断食で細胞内を大掃除する・・・やり方のコツです。

24時間断食は1ヶ月に一度程度行うのが理想的です。
3ヶ月に一度か半年に一度程度でもOKだそうです。

ヒマだと空腹に負けてしまうので何か夢中になることをしながら行うと成功するそうです。

特に注意する点は、24時間断食の後の食事の取り方で、いつから何を食べ始めるかです。
断食をすると体が飢餓状態になり、最初に食べたものをすべて消化吸収しようとして血糖値が急上昇してしまうので、活動が活発になる朝に断食を破り、よく動くのが原則だそうです。

また食事のメニューも血糖値が上がりやすい炭水化物はできるだけ避け、野菜や果物を中心に取るようにしたほうがよいそうです。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| アンチエイジング | 01:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンチエイジングの取り組み・・・。
今日は抗加齢(アンチエイジング)の話です。

若さと健康のためには、体内に余分なものをため込まないようにすることが大切です。 
水分がたまればむくみやすくなり、脂肪がたまればメタボになってしまいます。
また食品に含まれる重金属や食品添加物なども、知らず知らず知らずのうちに体内にたまり、病気や老化の原因になってしまいます。

そこでお勧めメニューとして24時間断食が有効と言われています。
断食は様々な健康効果があると医学的に証明されているそうで、中でも注目されているのが、細胞内を大掃除するシステム『オートファジー』だそうです。

『オートファジー』は細胞内のタンパク質やDNAのクオリティを保つためのシステムで人間の場合は約24時間断食すると細胞が余分なものを分解して吐き出す『大掃除モード』に切り替わるそうです。

また断食をするとインスリンの刺激がなくなるため、細胞は『生命の危機だ』と判断し、遺伝子修復プログラムを活性化したり、活性酸素を除去する遺伝子群を発現させたりと、様々な防衛システムを発動させてくれるそうです。 

当然、内臓脂肪も減るので早速お試しください・・・。
エッ、私はやったかって・・・。  明日1日断食します。 
食欲を消すため明日は読書三昧です。

断食のコツは明日書きますね。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| アンチエイジング | 12:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
アンチエイジング・・・。
 今日の話題は、現代人の重金属汚染についてです。

江戸前寿司の王者、脂がのった本マグロはおいしいですよね。
特に中トロ、大トロなんて最高ですが、アンチエイジング的には、マグロは避けたほうが良さそうです。

理由は、水銀汚染の可能性が高いせいです。

現在、マグロの水銀濃度は個体差があるものの、0.7〜1.0ppmと言われており、魚介類の中でもきわめて高いのです。
この原因は、マグロのような大型で寿命の長い回遊魚は食物連鎖の上位にいるため、水銀をどんどん蓄積されていくからという説が有力だそうです。
寿司屋では、コハダ、アジ、サバ、イカなど食物連鎖に近い、小魚類がおすすめということになりますね。
(老けるな『幻冬舎』:坪田一男先生より引用)

明日は、歯科用金属のアンチエイジング・・・金属アレルギーについてお話しますね。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| アンチエイジング | 19:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カロリーリストラクションぁΑΑΑ
偉そうに カロリーリストラクションに書いていますが、コラムファンより難しいと言われましたので改めて概念について触れますね。

カロリーリストラクション=カロリスとは、食事の摂取カロリーを制限することです。
このカロリス、老化防止に繋がるという報告が話題になり、いまアンチエイジング研究会で大きな注目を集めています。

マウスやサルの動物実験では、タンパク質、脂質、炭水化物に加えて必須ビタミン、微量のミネラルなどの栄養分を確保しながら総摂取カロリーを通常の65%に落とすことで、寿命が長くなるというデータが得られたそうです。

例えば、鳥のから揚げ(5個)をねぎまの焼き鳥(3本)に変えるなど工夫をしながら総摂取カロリーを65%程度に落とすことをする訳ですね。

カロリーを十分に摂取している状態よりもカロリス状態の時に、遺伝子を守り細胞の寿命を伸ばそうとする作用=サーチュイン(Sirtuin)と呼ばれる酵素が活性化するためであろうと考えられています。
用は、腹8分目医者いらず、腹6分目薬いらずで長生きするってことですよ。

今日のお昼は、玄米ごはん、焼き魚、きんぴらごぼう合格ですかね

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| アンチエイジング | 20:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カロリーリストラクション・・・。
 昨日まで、お話したカロリーリストラクションは、単にカロリー制限するだけではないので間違えのないような食事をして下さいね。

今後詳しく述べますが、まずはカロリーリストラクションの適応者・適応外者を理解しましょうね。

適応者
65歳までのすべての成人(75歳以上は禁忌)
適応外者
’タ叡罅妊娠希望の方
¬だ年、成長期にある方
摂食障害とその既往のある方
ぜ膽0紊冒蠱未掘∋澆瓩蕕譴進
(東京医科大学:加藤雪彦先生より引用)

歯も健康〜体も健康を目指しましょうね

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄

                    
| アンチエイジング | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カロリーリストラクション◆ΑΑΑ
 カロリー制限をすると寿命が延びる話を昨日お話しました。
実は、カロリー制限をすると寿命が延びることは、70年前にマウスで発見されていたそうです。
その後、原生動物、昆虫、哺乳類で同じ効果が認められ、おそらく霊長類でも同じ効果が出ると言われています。
ヒトでの厳密な検証はまだされていませんが、エネルギー制限をすれば寿命が延びるというのは、この惑星上の動物に共通する仕組みであることは想像に難くないと言われています。
奇しくも、それを実証していまった地域が日本にあるんですね。
その場所は、沖縄で、百寿者の割合が飛びぬけて高く、世界4大長寿地域の一つとして知られていました。

あちこちのエリアで見られる琉球料理とは違った豊富なミネラルに低エネルギー、低食塩の伝統的な芋と野菜の食事・・・いわゆる粗食で現在の琉球料理とは違う食生活をしていた世代が百寿者を生み出していたそうです。

現在の沖縄では、1972年の本土返還以降の沖縄の若年層がアメリカナイズされた食事を摂るようになり、摂取エネルギーが全国平均を上回り、死亡率は全国平均より高くなったそうです。
この事は、社会的、遺伝子的背景が同じ集団において摂取エネルギーが多くなると、病気が増えて瞬く間に寿命が縮まることを示しているそうです。
『東京医科大学:加藤雪彦先生より引用』
自分にあったカロリー摂取量を知り、寿命を延ばしましょうね。
明日のランチは、当然玄米ごはんと豆腐とサラダでアンチエイジングーです。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| アンチエイジング | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カロリーリストラクション ΑΑΑ
今日の話題は、アンチエイジング編です。
カロリーリストラクションってご存じですか

2006年にニューヨークタイムズに掲載されたヒトなら70歳過ぎの2頭のアカケザルの写真が並んでいたそうです。
一頭はOwenという名前の猿で、全身の皮膚はたるみ、しわだらけで、毛並みが悪くあちこち毛が抜け、背中も曲がって、太鼓腹を引きずりながらゆっくりとしか動けない。 もう一頭の名前はCanto,背筋も伸びてすっきりとした体型を保ち、精力的に動き回る。顔にしわなどはほとんどなく、つやつやと毛並みもよく見える。

実際の年齢は1歳しか違わないのに親子ほど違って見えたそうです。
違いはOwenは普通食、Cantoがエネルギー制限食を摂っているだけだったそうです。

アンチメタボではなくカロリーコントロールによってこんなにも違いがでる・・・カロリーリストラクションは100歳なっても元気になる可能性を秘めている訳ですね。

個人的にカロリーを制限する基準は、変動があるのでやみくもにカロリーオフって訳ではない点が要注意なんですが、うまく活用すれば寿命に影響する訳で・・・今後注目したいですね。
また詳細について報告しますね。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| アンチエイジング | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/1PAGES |