CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
仮の歯の重要性、、、。
 昨日、顎関節症で来院され症状が緩解されている患者さんが来院されました。

頭痛も消失し、顎の関節からの音も消え、、、顎付近の痛みも軽くなり、、、担当医としてホッとしていますが、、、。

新たな問題が、、、。
なんと顎にとって悪いデザインのクラウンを1本仮の歯に置き換えていた場所が、2週間前に取れてしまったとの事、、、。

歯科衛生士の佐藤より報告を受け、、、他の患者さんの治療をしていた私は、、、じゃー顎関節症の治療の前に取れてしまった仮の歯を装着しておいてと依頼しました。

佐藤より先生、、、歯が動いてしまい仮の歯がはまりませんと、、、。

何故、こんな展開になってしまったか分かりますか
歯って上下、左右がきちんと咬んでいるため動かないんですが、仮の歯が取れてしまった段階から、、、にょきにょきと動き始めるんです。

故に、仮の歯がうまくはまらなくなってしまったんです。
まー調整し、事なきを得た訳ですが、、、。

通常の歯科医療では、、、クラウン(かぶせ物)やブリッジの歯型を取り、、、仮の歯を入れずに、、、最終的な補綴物が入っている場合が多いかと思う訳ですが、、、その間に何が起きているのか

お察しの良い方はお分かり頂けたかと思います。
そうなんです。
仮の歯を入れないと歯が動いてしまうんです。
そうなると出来上がったクラウンやブリッジは評価に値しない出来映えなんですね。

歯科医院の選び方としての基準は、、、。
①歯科医師やスタッフが優しい
②待合室がきれい
③近くて便利
などなどが標準かなと、、、。

補綴専門医の立場として、仮の歯を時間をかけて丁寧に作ってくれる歯科医院が選択基準の重要なポイントに挙ってもいいのかなと思います。

仮の歯の重要性を理解して頂ければ幸いです。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄

                    
| 治療関係 | 00:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
審美歯科と咬合=噛み合わせ機能の充実に向けて・・・。
今日もジルコニアオールセラミックブリッジを2名の患者さんに装着します。

1名は前歯6本、小臼歯3本を含む計9本の審美歯科に取り組みます。
もう1名は3本のジルコニアオールセラミックブリッジで咬合=噛み合わせ問題がある患者さんのためカリスマ技工士:厳氏立ち会いの下・・・審美と機能の充実を図ります。

咬合を制覇する歯科医療は悩みも大きいですが、かなり楽しい歯科医療なんです。
咬合の旅を制覇し・・・次に向かう全身の健康への歯科医療はもっと楽しい歯科医療です。

症例の写真は本日中にUPしますね。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 治療関係 | 00:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯を失った治療・・・。
今日は、奥歯を失った患者さんに一人は入れ歯による治療、一人はインプラントによる治療を行いました。

入れ歯の患者さんは、どうしても垂直的な骨の高さが足りずインプラントをあきらめ入れ歯治療を選択しましたが、バネのかからないエステティックデンチャー(審美入れ歯)を装着しました。

入れ歯にかかるバネが見えないためこれで大きく口を開いて笑えると喜んで頂けました。
今日は、写真をUPできませんが、いずれUPしますね。

午後からのインプラントは、麻酔専門医に静脈鎮静を行ってもらい半ば眠った状態で、インプラント手術が終えることができ・・・患者さんは、昼寝をしている内にインプラント手術が終わりとても快適なインプラント手術でしたと言っていました。

右上4本のインプラントから始まり・・・右下は2本のインプラント・・・そして本日左下の2本のインプラントで失った箇所へのインプラント埋入は終了しましたが、すべて眠った中でのインプラント手術でストレスフリーのインプラント手術が終えることができたかなと思います。
実は、後輩の歯科医師の親知らずを今度抜くのですが、なんと静脈鎮静麻酔で眠った状態で抜歯をして欲しいと依頼がありました。
半ば眠った状態で外科処置を行える・・・最高の治療選択なんですよ。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波 郁雄
                    
| 治療関係 | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
オールセラミック&メタルセラミック・・・。
今日は、右下の奥歯5本を治療したお話です。聞き耳を立てる
右下の一番奥の奥歯は、20Kゴールドクラウンによる治療・・・2番目と3番目(インプラントの上部構造)の奥歯は20金に近いメタルイブリッドセラミッククラウンによる治療・・・4番目と5番目の奥歯はオールセラミッククラウンというバリエーションで材料を選択しました。グッド

(WEB公開了承済み)

審美的にも患者さんに満足して頂けましたが、機能的にも選択的に20金の硬さで統一でき機能的な噛み合わせにも安心できる治療が完成しました。

今後は、右のブリッジをインプラント治療により機能回復を行い・・・単独の歯によるオールセラミッククラウン&メタルセラミッククラウンを使いわけて噛み合わせに優しい治療を行う予定です。拍手
 
話は変わりますが、昨日下の愛娘の卒業式に出かけましたが、子供の成長ぶりに思わず涙が汗・・・年少から〜年長まで本当に成長したなと感激しました。
次は長女の卒業式です。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 治療関係 | 20:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
プレッシャーのかかる日々・・・。
今日は先日(20日)に前歯のセラミックの調整をした患者さんが来院します。

本来ならば噛み合わせの調整をすれば楽になる可能性が高いのですが・・・状況確認のメールによると根の先端部分にあたる箇所がまだ疼くとの事・・・冷や汗

この患者さんは、中国から一時帰国で来ている患者さんなので後1週間で解決しなくてはいけないので今日はプレッシャーのかかる治療になりそうです。

ただただ根が折れていないことを祈ります。
根が折れないためにも・・・予防に努め神経を取らないようにしましょうね。

最後に咬合に不安を抱え先日技工士の厳氏とコラボレーションしどうにか今までで一番良い状態を維持している患者さんの左上の奥歯2本の型取りをしましたが、患者さんよりあのジルコニアとグラディアの最強なプランと技工士立ち会いでお願いしますと・・・プレッシャーのかかる日々ですが・・・やりがい満点の日々です。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 治療関係 | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
診断能力・・・。
昨日上の娘の友達のお母さんから歯科相談メールを頂きました。
拝見していないのでなんとも言えない点もありますが、中国で2軒の歯科医院に通院したらしく2人の先生の診断が異なり悩まれて・・・メール相談となった訳です。

聞き耳を立てる状況は、前歯にかぶせたセラミッククラウンがなんとなく痛い、重い感じがする。一人の先生の診断はかなり悪そうなので抜歯びっくり、もう一人の先生の診断は根の状況に問題があるかも知れないのでとりあえず抗生物質を飲んで下さいとのことだったそうです。

抗生物質を飲んでも痛みの変化はなく不安になっての相談でした。
このような状況の場合、何をチェックすれば良いか伝授しますね。グッド
自分の人差し指で痛い歯に指の腹を当ててカチカチ噛んで下さい。そしてかぶせていない天然の歯にも同様に指の腹を当てた感覚を確かめて下さい。 もしセラミッククラウンが高い場合は、指の腹に当たる感覚が鋭いはずです。冷や汗

次に上下の歯を合わせた状態から前にゆっくり下の歯を動かした状態で先程と同様に指の腹の感覚を確かめて下さいね。  (ゆっくり動かすのが味噌ですよ)
最後に左横に動かし、また右横に動かし指の腹の感覚を確かめて下さい。

上記の動きで指の腹の部分に伝わる感覚異常があれば、必ず噛み合わせは高いです。
噛み合わせに詳しい先生に調整してもらえば楽になると思います。 ただし1回の調整でなく数回通院してチェックしてもらうことをお勧めします。ときめき

中国のMさん・・・自己チェックして指の腹に伝わる感覚が異常なら噛み合わせの調整をしてもらって下さいね。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄




                    
| 治療関係 | 19:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
矯正か、補綴か?
昨日、後輩の歯科医師からの紹介で来院している患者さんの奥さんが歯科相談で来院されました。ラブラブ

嬉しい事は、現在通院している歯科医院があるのにもかかわらず、ご主人が絶対にお勧めだから行ったほうが良いということで来院してくれました。
相談内容は、前歯の噛み合わせが悪いという事で悩まれていました。

前医では、噛み合わせを治すのに、前歯の歯を削り歯の軸を変更して治すのが現実プランと言われていたそうです。びっくり

補綴専門医の立場で考えると、前歯の角度をかぶせ物(補綴物)で変更するには、神経を取らないとできない症例で歯の寿命の事は、何も考えていない治療計画でした。・・・まさしく砂上の楼閣ですね。冷や汗
基本的には、歯の軸を変更するには、矯正歯科の力を借りないと本当の治療とは言えません・・・かぶせ物だけで全ての審美歯科の達成は無理だという事を知って頂ければ幸いです。ときめき

何故か?最近セカンドオピニオンの事例が増えてきています。
患者さんが、利口になってきている証拠ですね。拍手

オーク銀座歯科クリニック@東京 銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄



                    
| 治療関係 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯根破折後の治療法
今日は、不幸にして歯根破折してしまった場合の、治療法についてお話しますね聞き耳を立てる
20世紀型治療法では、抜けてしまった歯の隣り合う歯を削りブリッジによる治療法が一般的でした。
21世紀型治療では、やはりインプラントによる治療が治療オプションの中では、アドバンテージの高い治療にあげられます。
では実際の治療のレントゲン写真をお見せしますね。グッド
レントゲン写真上で赤丸で囲んだ箇所の歯は残念ながら真横に歯が割れてしまっていました。悲しい

治療計画は抜歯してすぐにインプラントを埋め込む計画を立案しました。
ではインプラントを埋め込んだレントゲン写真です。グッド

インプラント治療により機能回復をし患者さんにも喜んで頂けましたが・・・昨日もお話したようになるべく神経を取らずに天然の歯で過ごせるよう『予防歯科』に取り組んで欲しいと思います。

患者利益の歯科治療は『予防』と言っても過言はありません。ラブラブ
みなさん定期的に歯科医院に通院し予防に励んでくださいねジョギング

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科 補綴専門医&指導医:難波郁雄
                    
| 治療関係 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラントの話
今日はまだ治療途中ですが、久しぶりにインプラントの治療症例を見てください。

上の奥歯4本欠損に入れ歯が装着されていましたが、入れ歯が嫌と言う事でインプラントを希望され、紹介で地方より来院して頂けました。ではインプラントを埋め込んだ写真(左)、昨日インプラントの上に仮歯を装着された写真(右)です。
(WEB公開了承済み)グッド

このインプラントによる症例は、麻酔専門医とコラボレーションしたインプラント症例で大変でしたが、昨日どうにか入れ歯でない新たなインプラントによる歯が蘇り患者さんに大変喜んで頂けました。拍手
では、インプラント術後のレントゲン写真も紹介しますね。グッド

次のインプラント治療の流れは、来月下の顎に麻酔専門医とコラボレーションしてインプラントを埋め込む予定です。 上のインプラント治療が大変だったため一時は、インプラントでなくてもいいかなと仰っていましたが、インプラントの上に仮歯が入った結果でやはり入れ歯よりインプラントによる治療を希望して頂けました。
21世紀の歯科治療では、インプラントのオプションは欠かせないなと改めて考えさせられました。
麻酔専門医の紹介は、当ホームページ内のインプラント治療コーナーよりどうぞ!


オーク銀座歯科クリニック 補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄
                    
| 治療関係 | 01:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
審美歯科・・・修復治療
今日は患者さんにほめて頂いた審美歯科修復治療をお見せしますね。聞き耳を立てる
まずは、術前写真(左写真)と術中写真(右)をどうぞグッド(WEB公開了承済み)

右斜め上下から2番目の歯を審美歯科修復を目的として治療を行いました。

術後の写真です。直接口腔内で、コンポジットレジンと呼ばれる樹脂を多層盛りにて充填しました。 患者さんから天然の歯のように戻りましたと言って頂けました拍手


このような直接口の中で行う審美歯科修復治療も楽しい治療です。ときめき


オーク銀座歯科クリニック 補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 治療関係 | 00:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/2PAGES | >>