CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐歯科衛生士の活躍と強み⭐

歯科衛生士の活躍編パートです。

 

パート パート△發翰くださいね。

 

「予防は治療に勝る」

患者さんに取り組んでほしい点は、磨いているから磨けている歯磨きにシフトしてほしいと考えています。

 

咬合異常にならないためにも天然の歯を守り育てる歯科医療を知って頂ければ幸甚です。

 

⭐磨いている〜磨けている取り組みです⭐

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 予防歯科 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科衛生士の活躍と強み⭐

歯科衛生士の活躍と強み△亡悗靴討任后

 

みなさんのお顔が一人ひとり違うように虫歯にかかりやすい人、かかりにくい人がいます。

 

虫歯に対してのリスク?を科学的に判定し、患者さんに合わせたリスク診断を行うことのできる唾液検査を当クリニックでは歯科衛生士主導のもと行なっております。

 

大切な歯を守るための予防歯科の取り組みを知っていただければ幸甚です。

 

唾液検査はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 予防歯科 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科衛生士の活躍と強み⭐

歯科医師の仕事は、『治療に関する部門』、そして大切なパートナーの歯科衛生士の仕事は『予防歯科部門』

 

大切な天然の歯を守るのが、歯科衛生士の仕事なんです。

 

予防先進国のスウェーデンでは、大学院教育までカリキュラムがあるほど国民の歯を守るためには、必要な職種になっています。

 

当クリニックでは、マイクロスコープ(実体顕微鏡)を用い、虫歯&歯周病の管理に当たっておりますが、歯科衛生士の努力に感謝しています。

歯科衛生士の取り組みのリンクです。

↓ポチッとしてくださいね。

マイクロスコープを駆使した予防歯科の取り組みを是非ご覧ください!

 

明日も休日返上で、銀座1名&千葉のNAMBA DENTAL OFFICEの2名が、日本を代表する東京SJCDのハイジニスト(歯科衛生士)ミーティングに参加してくれます。

次回の歯科衛生士の取り組みも乞うご期待!

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 予防歯科 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ムシ歯予防デー、、、。
 6月4日はムシ歯予防デーです


予防先進国 スウェーデンでは15歳児で10人中9人がムシ歯0本、、、。

永久歯28本中、、、スウェーデンでは80歳で平均25本残存、、、。

寝たきり老人がいないそうです。

あまりにも削られることに慣れてしまった日本の患者さん、、、。

天然の歯を削ってしまわないように、予防歯科に励んで欲しいと思います。

患者さんの中には、もう削られてしまっているから、、、今更と悲観的になられている方もいますが、どんな口腔の環境でも遅くないので予防の観点で生活を見つめ治して頂ければなと思います。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄




                    
| 予防歯科 | 10:24 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
歯根破折のリスク、、、。
昨日は私が千葉で約10年前にメタルセラミッククラウンを2本装着した患者さんに1本のインプラントを埋め込みました。

何故、インプラントを埋め込む羽目になってしまったのか

1本のメタルセラミッククラウンは神経の存在する歯
1本のメタルセラミッククラウンは神経の存在しない歯

さー、、、どちらの歯にインプラントを埋め込んだしょうか

答えはと言いたい所ですが、、、。

神経のない歯なんです。

神経を取ってしまうと、脈管(動脈&静脈)から栄養をもらえなくなります。

例えですが、、、。
1本のバラを買ってきた時点では、茎は折れにくい、、、。
でも、そのバラが1年経過し、、、ドライフラワーになってしまうと、、、。
簡単に折れてしまう。

だから、何度も言うように、、、、予防歯科に目覚めて欲しいなと思っています。

ただ、残念な現状ですが、予防後進国(勝手な判断)の現状は、、、。
削っていくら!
抜いていくら!
神経を取っていくら!

こんな現状では、理想の歯科医療は達成できませんよね。

予防歯科にいざ、、、出陣!

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄 
                    
| 予防歯科 | 00:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
カリエスフリー、、、。
 今日の話題は『カリエスフリー』=ムシ歯がゼロ。

ムシ歯がゼロ、、、。
予防先進国のスウェーデンでは15歳児の10人中9人がカリエスフリー
      日本では、、、、15歳児の10人中3人がカリエスフリー

まだまだ予防先進国に比べてかなり遅れをとっています。

大切な歯を削らない、、、歯を守る歯科医療に目覚めましょうね。
下記の写真は24歳女性:現在カリエスフリー継続中(WEB公開了承済み)
小さい時から予防のために歯科医院に定期的に通院していたそうです。


歯を削るために通院するのでなく、、、歯を守ってもらうために通院する。
これが理想の歯科医療なんです。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄


                    
| 予防歯科 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
補綴専門医の立場として、、、。
昨日、お話しした韓国と日本の歯科医療の違い、、、。

修復物&補綴物(インレー、クラウン、ブリッジ、入れ歯 )は日本では保険適用可、、、韓国では保険適用外、、、。

旧ソビエトのゴルバチョフ氏は日本の保険医療制度は世界で残った社会主義だと言っていたそうです。

健康保険でベストな治療ができれば、何の問題もないのですが、残念ながらベストとは言えない治療が現実です。

保険制度が改善されることはあり得ない現実を考えると、、、一つ言えるのは、グローバルな視点に立ち大切な歯を削らないように予防歯科に励むことが大切な点を理解して頂ければ幸いです。

欧米ではドリルフリーゾーンで大切な歯を守ってもらうために定期的に通院しています。
何故か?それは悪くなってしまうと多額な治療費を支払わなければいけないシステムだからなんです。

日本では悪くなったら歯医者に行く、、、悪くなったらまた治せばいいやという風潮をどうにかしたいものです。

歯科衛生士教育は1年制〜2年制そして現在では3年制に移行し、大学院まで設立される時代に突入しています。適正な予防教育を受けた「マイハイジ二スト(自分専属の歯科衛生士)持った方が良い時代なんです。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄


                    
| 予防歯科 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
大晦日&カリエスフリー、、、。
 2010年も今日で終わりですね。
皆様にとって来年も良い年になるよう心よりお祈り申し上げます。

昨日、愛娘の歯科検診を行ってきました。
13歳の長女は永久歯がすべて生え揃い上下で28本、、、ムシ歯になりかけていた歯もありましたが、どうにか予防処置でクリアーでき、、、現在28本カリエスフリー(ムシ歯0本)の状態を維持できました

7歳の次女は永久歯が上下で10本、、、ムシ歯0本、、、カリエスフリーを維持できていました。

来年は予防歯科の更なる進化をお約束しますね
歯科衛生士の佐藤&中村、、、頼んだぞ!

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 予防歯科 | 00:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
予防は治療に勝る、、、。
 悪くなってしまったムシ歯や歯周病は残念ながら治療しなくてはなりません。

予防歯科に目覚めると、、、そんな悩みから解放されるんです。
一般的に歯科医院は、歯が痛くなってから行く場所、、、。
しかし、むし歯になってからあるいは歯を失ってからでは手遅れになってしまう可能性が高くなります。
また、歯周病の進行によって骨の吸収(顎の骨が溶けてなくなってしまう)した骨は元には戻りません。
そのため最近では歯が健康な状態から定期的にメインテナンスを行い、むし歯や歯周病を未然に防ぐ予防歯科の重要性が認知されてきました。

世界で最も予防歯科が進んでいると言われているスウェーデンでは、定期的なメインテナンスの受診率が大人で80%以上、子供にいたってはほぼ100%とされています。
残念ながら我が国、日本ではまだ10%以下の受診率と言われています。

この違いはやはり日本とスウェーデンの歯科医療の取り組みの差なのかと、、、。
スウェーデンは歯を守る歯科医療を国を挙げて取り組み、、、悲しい現実ですが、、、日本は歯科医師数を増やして歯を削る歯科医療の展開に埋没した状況がこの差を生んだのかと、、、。

当院では、一人でも多くの患者様に質の高い予防歯科を受診して頂けるように歯科衛生士:佐藤を中心に日々努力しています。

昨日は2名のメインテナンスの患者さんが来院されましたが、4年経過した現在、、、むし歯&歯周病とも無縁な環境でした。
予防は治療に勝る、、、なんです。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 予防歯科 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
歯を守る予防歯科医療、、、。
欧米では、歯を悪くしないために歯科医院に通院する、、、これが常識なんですね。
日本では痛くなってから通院するのが常識の患者さんが未だに多いように感じます。
麻酔が痛かった、歯を削って痛くなってしまった、歯を抜いてはれてしまったなどなど辛い思い出もあるかと思います。
なので、痛くなければ、近づきたくないところなのは分かりますが、、、、。

でも痛くないときに歯医者さんに行くと気持ちの良いところだって知ってましたか
お口の中のクリ−ニングやメインテナンスは取っても気持ちが良く、寝てしまわれる患者さまもたびたびいらっしゃいます。  本当なんですよ

21世紀はcure(治療)よりcare(管理)の時代です。
ホ−ムケア−は患者さまが毎日歯磨きによって磨ける歯と歯肉の一部分です。

プロフェッショナルケア−は、歯肉の中の歯肉縁下と呼ばれる通常では、患者さまが磨けない部分や歯の表面を特別なペ−ストでツルツルにして、毎日のプラ−クコントロ−ルがしやすいように歯の表面を研磨磨きしたりします。
ぜひ美容室感覚で歯も奇麗、ムシ歯、歯周病を予防するために歯科医院に定期的に通院しましょうね。

歯科衛生士と二人三脚しながら自分の歯で一生食べられる環境作りを目指しましょうね。
オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| 予防歯科 | 10:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>