CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
🌟人生を豊かにする『噛み合わせ』の話🌟

昨晩のNHKラジオの放送は聞いて頂けたでしょうか。

 

さて、今日は、丸茂先生が日本歯科医師会に寄稿された人生を豊かにする『噛み合わせ』の内容をご紹介します。

(日本歯科医師会 朝昼晩より出典)

 

食文化が歯をつくる。

日本人にとって良い噛み合わせとは?

『口を開けるとあごが痛む』『音がする』『口が開きにくい』といった顎関節症。

(『音がする』は、現在専門家の間では治療対象とならないことも多々ありますが、、、。)←(難波談です)

 

その病名も、原因のひとつである噛み合わせの乱れが、全身の健康に影響することも、一般に知られるようになりました。

 

ただ、あまり知られていないのは、『歯並びと噛み合わせは別のもの』ということ。

そもそも、噛み合わせが良いとは、どういう歯の状態を指すのでしょうか?

 

日本人にとって一番大切な歯の役割は、食べ物をよく噛み、すり潰して咀嚼(そしゃく)すること。

繊維質の多い米を主食にしてきた私たちは、よく噛むことで唾液中の消化酵素アミラーゼを分泌し、デンプンを糖に分解して消化します。 そのため奥歯もよく使われ、全体的にすり減っているのが特徴です。

 

これに対して、歯並びが整い、いかにも健康そうな欧米人の白い歯は、意外にも咀嚼には向いていません。

歴史を通じて、繊維質の食品を多くたべていない彼らは、日本人よりもアミラーゼを分泌する人の割合が少なく、食べ物をよく噛んで消化しやすくする習慣がすくない。 欧米で歯といえばコミュニケーションのツール。まずは笑顔で人間関係をつくる文化が重んじられ、白い歯を大切にする意識が広がりました。

 

『食文化によって、食べ物を消化する方法は違い、咀嚼の考え方、歯の作られ方や役割も違います。これは脈々と受け継がれてきた民族的な違い。小さな頃から洋食中心の人でも、身体のしくみはかえられないんですよ』と丸茂先生

 

つまり、私たちに必要なのは、日本の食文化に合った歯の役割を、しっかり果たせる噛み合わせです。

国の歴史や文化によって、同じ歯でも重視するポイントが、異なるのです。

 

日本人と欧米人で異なる『咀嚼』の方法を知りたい方はこちらへ

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️患者様より喜びの治療体験記を頂きました⭐️

患者様より新たな治療体験記を頂けました!

 

抱えている歯の問題に対して診断に誤りがあり、無意味に天然の歯を削られてしまった患者様のお話です。

 

無意味に天然の歯を削られてしまった患者様は、難しい部類の患者様ですが、どうにか解決できてホッとしています。

このような患者様を解決に導けるのは、院内技工士の力によるものであり、心より感謝しています。

 

では、治療体験記をご覧ください。

 

⭐️治療体験記はこちらから⭐️

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科クリニック

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️前歯が強く当たる感覚の原因⭐️

最近、来院された2名の初診患者さんの訴えに関する情報提供をさせて頂きます。

 

両名の患者さんの主訴は前歯が強く当たる感覚があり、前歯に違和感を覚える!

 

なぜ?

そのような状況が起きてしまったのか?

当たり前の話なんですが、原因は?奥歯に装着されている補綴物(かぶせ物や詰め物)の高さが低く装着されているために左右バランス、前後バランスが狂い、前歯に強く当たり違和感を感じているだけなんですね。

 

それだけ奥歯の高さのバランスって大事な点を理解して頂ければなと思います。

 

また、良い悪いは別として、その強く当たってしまった前歯を削られてしまうと余計に顎の位置バランスが狂い、さらに噛み合わせ異常が悪化する事態に陥ってしまうことを忘れないで、担当の先生とよく相談して治療計画を立てられることをお勧めします。

 

本当につくづく思うのは、『無意味な天然の歯を削ることは、神への冒涜』につながると感じています。

 

また、僕の大好きな哲学者:カントの言葉です!

『理論なき行為は、暴力であり、行為なき理論は空虚である』

 

日本人型咬合理論を駆使した歯科臨床を展開して、患者さんと喜び合いの歯科医療を創造します。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 12:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️顎の位置改善の話⭐️

顎の位置改善のを書こうかと思いましたが、それは患者さんの努力が必要になる、また情報を文章で書くのが大変なので書くことを止めます。

 

顎の位置改善 △牢擬圓気鵑療慘呂あまり必要ないので継続可能となり有効な手段ということですね。

継続は力になりますが、継続する精神力が必要になるので、来院された方にわかりやすく情報提供はさせて頂きますね。

 

ここで改めて考えたいことは、咬合=噛み合わせは、顎位と顎運動が満たされないと患者満足の咬合になることが難しい点を再認識して頂ければなと思います。

 

例えば顎が不安定な感じがする! どこで噛んでいいかわからない! なんか噛み合わせがしっくりこない!等の患者群に対して顎の位置改善がされないまま、補綴治療だけで解決しようとしても改善が難しい患者群がいる事実を知って頂ければ幸甚です。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 17:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️顎の位置改善の話⭐️

顎の位置改善の話、続編です。

 

これから紹介する装置で全てが解決する訳ではありませんが、トリガーポイント療法で改善した顎の位置をさらに安定する装置として当クリニックでは使用する場合があり患者様よりも喜ばれています。

 

現行のSLP装置(サブリンガルプレート装置)としては、現行では日本で当クリニックでしか提供できない装置で主に歯ぎしり・食いしばり対策として紹介している装置ですが、装着しただけで顎や舌の位置を生理的な前方に変化させてくれる画期的な装置となります。(効果は体型、体質によって個人差があります)

 

参考までに資料のpdfをご覧になってください。

 

SLP装置はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️顎の位置改善の話⭐️

先回の話の続きです。

話を理解しにくい方は、先回を読んでからお願いいたします。

 

咬合=噛み合わせのスタートは顎位(顎の正しい位置)だというお話しをさせて頂きました。

 

では、顎の不安定さを解決する手段についてお話したいと思います。

当クリニックの強みである顎の位置の安定に向けて第1弾です。

 

意図的に顎の位置を改善する手段としてもっとも有効なのはトリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)と呼んでいる理学療法になります。

 

例えば、開口障害と言われる顎関節症の患者さんの顎はどうなっているのか?

 

それは、顎の位置が後ろや斜め上方にずれてしまい、生理的な正しい位置から開口できなくなり口が開きにくいという状態に陥ります。

 

それを改善する方法として、顎が後ろや斜め上方に引っ張られている筋膜をリリースする。

それによって顎の位置が正しい位置に戻り、開口障害が解決される方向に導くことができるのです。

 

意図的に顎の位置を改善できる素晴らしい理学療法なんです。

 

トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)はこちらから

 

顎の位置を改善されないまま、いくら咬合治療を続けても解決に至らない点があることを知って頂ければ幸いです。

 

 

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️咬合=噛み合わせの真実⭐️

今日は咬合(=噛み合わせ)について少し深いお話をさせて頂きます。

最近、天然の歯の高さ情報が全くない患者群が増えてきています。

どういう意味か?

ほとんど全ての歯が仮の歯になっていて咬合高径と呼ばれる、、、本来患者さんが持っていた固有の上下の噛み合わせの高さが失われているということです。

言葉だけでイメージをするのが難しいのですが、例えば椅子の足の高さが2本短くなるとバランスを崩しますよね。

そんな感じで歯も一緒で左右の噛み合わせが低くなるとバランスを崩し、顎の位置が左右不安定になってしまいます。

そこで椅子の話に戻りますが、椅子を快適に座れるようにするためには、短くなった椅子の足を足す。

そうすると快適に座れるようになるわけです。

当クリニックに来院される咬合異常(噛み合わせ異常)の患者さんたちは、前医でどんな治療を受けられてきたか?

それは、顎の左右・前後のバランスを戻すには、足りない箇所に足さないといけないにもかかわらず、削る治療で悪化してしまう結果になって苦しまれています。

咬合=噛み合わせに必要な概念をお伝えしますね。

それは、『顎位と顎運動』

ようするに顎の位置の安定と顎の位置が安定した上で顎の左右・前後の動きが筋肉の動きに合うということがとても重要になります。

(それ以外にも大切な概念は多々ありますが、スタート地点ですごく大切な概念は『顎位と顎運動』です)

そこで考えて欲しい点は、顎の位置が不安定なまま削ってどうにか合わせるだけの治療では解決しないという点です。

歯科医が誘導して顎の位置を決める先生もいますが、僕はそんな簡単な世界ではないと考えています。

(それで治ればそれに越したことはありませんが、、、。)

ここで理解して欲しい点は顎の不安定な状態を改善しないまま、歯だけ診てここが高い・低いと言って高さを合わせてもいくら経っても解決しない患者群もいるという現実です。

咬合=噛み合わせのスタートは顎位(顎の正しい位置)だという点を理解して頂ければ幸いです。

次は顎の不安定さを解決する手段についてお話したいと思います。

咬合を制する者は歯科を制するという言葉があるくらい咬合は難しい分野なんです。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 16:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️初診の患者さんの話⭐️
昨日は、茨城県から初診の患者さんが来院して頂けました。

噛み合わせの専門の歯科医院で治療を受けていたそうですが、結果が伴わずに苦労されていました。

色々とお話を聞いていると噛み合わせに関して勉強をされている先生と判断できましたが、結果が出せていない点が残念ですね。

僕にとっては難症例の部類でないので解決は簡単ですが、筋肉のこりや痛みがひどいので、理学療法(トリガーポイント療法)を併用しながら治療に当たりたいと考えています。

高額な費用を支払われて結果が伴わず、患者さんも疲労困憊の様子でしたが、治療結果を残し喜び合える歯科医療にシフトし治療に当たらせて頂ければなと思います。

下記のリンクを見て頂き、結果が残る噛み合わせ治療に必要な概念は何か?
噛み合わせで困られている患者さんに知って頂ければ幸いです。

日本人型噛み合わせ情報はこちらから

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 17:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
欧米人型咬合理論と日本人型咬合理論の違いについて
欧米人型咬合理論と日本人型咬合理論に関してのページを新たに公開しました。

何故? 咬合=噛み合わせに異常を訴える患者さんが多く存在してしまうのか?
他にも伝えたいことは多々ありますが、渾身の内容になっていますので、ぜひご覧下さいね。

見る日本人型咬合理論を知りたい方はこちらから見る

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 13:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
☆〜咬合=噛み合わせの深いいい話〜☆
今日は、長文のブログになります&なります。

人の口腔機能は『咀嚼』『発音』『嚥下』ですが、、、『咀嚼』に関してフォーカスしますね。

民族が違うと、、、咀嚼の様式も違う!!!(だから咬合=噛み合わせって難しいんです)
ここで質問?
欧米人を動物に例えるとどんな動物だと思いますか?

答えは、、、ワニやライオンなんです。
その訳は、、、狩猟民族である欧米人はあまり奥歯を使って食べ物をすり潰すことはしていなく、世界の三大料理のフレンチですらソースの味が決め手で欧米人の方は、ソースの味を確認した後、小臼歯と呼ばれる犬歯(糸切り歯)の奥にある歯の周辺で咀嚼し嚥下しているんです。

また、咬合(噛み合わせ)に関する問題点は、欧米型の咬合理論しか歯科界に出回っていなく、また日本人型咬合に関して学べる場が少ない現状があります。



この写真は、日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生に頂いたスライドですが、、、なんと数ある書籍の中でほとんど日本人型咬合理論の書籍がないんです。

閑話休題〜〜〜
日本人を動物に例えると、、、?

答えは、牛や馬なんです。
農耕民族である日本人は大臼歯と呼ばれる奥歯を使ってお米って甘いよね、、、胡麻の香りって良いよねなんて感じながら咀嚼をしている民族なんです。

僕の親の世代では、アメリカのステーキなんてゴム草履みたいで食えたもんじゃないなんて言っていましたが、、、当時聞いたときは何で???と悩みましたが、そりゃそうでしょね、、、BBQソースをかけて奥歯で咀嚼していないんですから、、、。
基本的に欧米人的咬合にされた患者さんは、咀嚼機能が低下するかもです。

咬合の旅は難解でしんどいなと感じた時期もありましたが、日本人型咬合を熟知ならびに咬合と全身の関係まで制覇された丸茂義二先生の教えのおかげで日本人型咬合を適応させる事によって患者さんに喜んでもらえる、、、もっと喜びを増やしたいなと思う、今日この頃を過ごしています。

オーク銀座歯科クリニック@銀座歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 
                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/9PAGES | >>