CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐️補綴専門医✖️口腔外科専門医によるインプラント治療⭐️
インプラントの埋め込み手術自体に関しては、僕自身が行う場合もありますが、難症例や少し難易度の高いインプラント埋め込み手術は口腔外科専門医にお任せするようにしています。

何故?
僕自身が患者さんの立場に立つとしたら、やはり安全・安心・成功率を上げたいからです。

医療には、100%成功という確率は存在しないのが現実ですが、100%に近づけたいですよね。

そのために経験豊富で色々な修羅場を乗り越えてきた口腔外科専門医・指導医の眦超擬にお任せするような医療環境を整えています。

新たにインプラントのページをバージョンアップしましたので、ご覧になってくださいね。

インプラントページはこちらから

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 
                    
| インプラント情報 | 09:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️口腔外科専門医によるインプラント治療の利点⭐️
口腔外科専門医&指導医の眦超擬によるインプラント治療においては、患者さんの希望にもよりますが静脈鎮静麻酔を施術してもらうことがあります。

静脈鎮静麻酔により患者さんは意識がなくほぼ寝ている状態でインプラント埋め込み手術を行うことができるため、術中のストレスを感じることはほとんどありません。

私も胃カメラを行ってもらう際は静脈鎮静麻酔下で行ってもらいますが、意識がない状況下なので楽に終了しています。

ストレスが少ないインプラント手術を希望される患者さんには、眦超擬によるインプラント治療をお勧めしています。


口腔外科専門医による安心・安全なインプラント手術と補綴専門医による噛み合わせを考慮したインプラント補綴で快適な咀嚼機能の回復を提供できることが当クリニックの強みの一つになっています。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄


 
                    
| インプラント情報 | 08:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️口腔外科指導医によるインプラント治療!続編⭐️
土曜日のブログ続編です。

何故? 口腔外科専門医&指導医とコラボするのか?

土曜日の患者さんは、サイナスリフトと呼ばれる骨造成が必要な患者さんでした。

レントゲン写真をアップしますが、下顎のインプラントは過去に私が埋め込み、上部のかぶせ物まで担当しましたが、
今回のレントゲンで向かって左上の2本は骨の高さが足りなく、また骨造成の難易度が高いため口腔外科専門医&指導医にお願いした訳です。
↓レントゲン写真です。


この患者さんの根の治療は全て歯内療法専門医(根の治療の専門医)に担当して頂いて、予後も非常に良好です。
当然ながら各専門医に治療を担当して頂くと治療費が高額になる点は否めませんが、永続性の高い歯科医療を提供することが私の課題のように感じております。
またそれが患者さんの安心につながると考えております。

下顎のインプラントは術後9年経過良好ですが、上顎に埋め込んだインプラントも永続性の高い補綴物を今後装着して、、、患者さんと喜び合いたいと思います。

各専門医の力を結集して永続性の高い歯科医療を今後も創造し続けたいと考えています。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄
 
                    
| インプラント情報 | 11:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️口腔外科指導医によるインプラント治療⭐️
今日の午前&午後で2症例のインプラント埋め込み手術を奥羽大学口腔外科教授&口腔外科専門医&口腔外科指導医の眦帖〃雲萓犬肪甘して頂きました。

これが先回にお話したインターディスプリナリー(学際的)アプローチの歯科医療の流れです。
補綴学的に理想的な位置に埋め込んで頂き、その上部構造(土台&かぶせ物)は、補綴専門医である私の仕事になる訳です。

補綴専門医が設計したポジションに対し、正確に口腔外科専門医に埋め込んで頂き、補綴専門医による上部構造を設計し、噛み合わせを完全に仕上げる安心・安全・正確なインプラント歯科医療を提供している価値を知って頂ければ幸いです。

↓本日の午後のオペ風景です。


オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 
                    
| インプラント情報 | 17:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラント治療後のメインテナンス、、、。
 今日はインプラント上部構造のメインテナンスを行いました。

インプラント上部構造装着後、まだ1年6ヶ月しか経過していませんが多少の炎症所見はありましたが、臨床的には安定した状態で、、、ホッとしています。

では、レントゲン写真です。(WEB公開了承済み)

管理が難しい患者さんですが、長期的に安定して使って頂けるよう頑張りたいと思います。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| インプラント情報 | 19:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
骨の幅が狭いインプラント治療、進化のために、、、。
 当院では骨の幅が狭い患者さんの場合、、、ピエゾエレクトリックサージェリー機器を用い、、、骨を拡げる処置を行いインプラントを埋め込んでいます。

昨日、ボーンスプリティングシステムと呼ばれる器具が届きました。
この器具により骨を拡げる処置が簡便になり、、、今までより拡げる幅も大きくとれるようになり適応症が拡大する可能性が高まります。
ピエゾサージェリー&ボーンスプリティング、、、骨を拡げる最強の武器が揃いました

日々進化するインプラント治療を目指し頑張りますね。

診療後は入れ歯専門医のS先生とインプラント治療談義でなく、入れ歯治療や噛み合わせ談義に花を咲かせる予定です。   

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄

                    
| インプラント情報 | 00:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラントサミット参加、、、。
インプラント治療を進化させるため、10月9日、10日@グランドプリンスホテル新高輪:ITXインプラントサミット2011に参加してきます。

メインテーマは『これまでのインプラント〜これからのインプラント』

特に期待するレクチャーは特別講演Maurice  Salama先生です。

米国を代表する歯科医師の進化を学んできますね

では、今日の石垣島の思い出写真です。
目覚ましテレビに出演したワンコらしいです。
石垣島は最高でした。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄

                    
| インプラント情報 | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラント治療進化のために、、、。
 本来ならば夏期休暇時期は米国:UCLAでインプラント研修を受講している予定でしたが、震災の影響で中止になり、、、今回の夏休みは石垣島旅行でエナジーを充填してきました。

石垣島〜波照間島まで高速艇で約1時間、、、奇麗な珊瑚と海に癒されてきました。
閑話休題、、、。
インプラント治療の進化のために必要な研修として、今年の10月29日、30日は3th National CAMLOG Congressに参加し長期的に安定して使用できるインプラント治療に必要な知見等を研修する予定、、、。

来年のGWはLUCERNE(ルツェルン)@スイスにて開催される4th international  CAMLOG  Congress に参加しインプラント治療に関する進化を研修する予定です。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄
                    
| インプラント情報 | 00:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラント治療の進化、、、。
 先日お話しした、、、新たに導入したカムログインプラントシステムの中で、カムログガイドシステムを使えば、、、症例によっては歯ぐきを切開し、歯ぐきを開かず縫わないでもインプラント手術を終了することが可能になります。

CT撮影を行い、事前にコンピューターでインプラントを埋め込む場所等を設定し、、、インプラント手術時にガイドを使用すれば、、、①手術時間短縮、②正確な位置に埋めこめる、③術後疼痛や腫れが少ない等が患者利益のシステムなんです。


私が今まで好んで使用してきたインプラントシステムのインプラントのボディにはHA(ハイドロキシアパタイト=骨と同様の成分)が付着しており他社のインプラントのボディよりカルシウムブリッジ形成能が高く、、、その優位性が高い点を評価し使用していました。

今度のインプラント学会でもインプラントボディの表面性状、、、。
チタンインプラントかHAインプラントか?をテーマにした発表が多くプログラムされていますが、、、どちらのインプラントが良い?悪い?の判定でなく、、、。

患者さんにとってどちらのシステムでインプラント治療をすれば患者利益かを考えながら、、、手術計画〜補綴計画まで立案し、、、長期予後性の高いインプラント治療を提供したいと思います。

8月22日のインプラント手術は前歯領域のインプラント治療なので、、審美を優先しなくていけない領域なので、、、カムログインプラントを使用したインプラント手術を行います。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄



                    
| インプラント情報 | 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラントシステム新規導入、、、。
 インプラントのシステムは色々な会社が製品提供していますが、各メーカーのコンセプトの違いにより、、、システムには差が出ます。

まー難しい話は避け、例えば車でもトヨタ、日産、ホンダ、ポルシェ、ベンツなどなど各メーカーによって細かい仕様が異なる感じですかね。

当院で通常使用しているインプラントは米国:zimmer社のスプライン(HAインプラント)と呼ばれるシステムを使用しています。
長年使い慣れているので安心なシステムなんですが、、、。

来月から現在のシステムに加えドイツ:camlog社から新たに登場したスクリューインプラントK-シリーズを導入することにしました。

両社のシステムの特徴を生かし、適材適所なインプラント治療を進化させていきたいと思います。

実はドイツ:ストローマン社のボーンレベルインプラントのシステムも欲しくなってきた、、、この頃です。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄




                    
| インプラント情報 | 19:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/5PAGES | >>