CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐スタッフの学びと成長に感謝!⭐

11月5日(土)&6日(日)の2日間、銀座のスタッフ2名と千葉のスタッフ2名は、

私が取り組んでいる『咬合=噛み合わせ』の知識を深めてもらうため、名古屋まで研修に参加してくれました。

 

休日返上で学んでくれるスタッフに感謝です!

 

土曜日は、総義歯(総入れ歯)を中心とした咀嚼と咬合の話!!!

日曜日は『満足の得られる咀嚼を目指して』!!!

ー咀嚼と咬合の真実ー

 

両日の講師の先生は、日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生

 

スタッフからは、実り多い学びの秋でしたと報告を受けました。

講演サブタイトルにあるようにー咀嚼と咬合の真実ー

私だけでなくスタッフからも知識を患者さんに還元してくれることと思います。

 

スタッフの学び合いと成長に感謝しています。

 

今年の12月22日に開催する院内合同プレゼン大会では、技工士の大内君が『咬合=噛み合わせ』に関して、

スタッフ向けに話をしてくれるので、今回の学びは一番深いのではないかと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 講習会報告 | 16:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐OFR マスターインストラクターコース終了しました⭐

一般社団法人:日本オロフェイシャルリリース協会主催のOFR(オロフェイシャルリリース)マスターインストラクター5回コースの全ての日程を9日(日)、10日(月)で終了しました。

 

以前の記事でも書かせて頂きましたが、

オロフェイシャルリリースが意味するものは、、、。

オロ=口腔という意味

フェイシャル=顔、顔面という意味

リリース=緩めて放つという意味

 

簡単にまとめると口腔顔面ならびに頸部周辺の痛みをマイクロストレッチ療法により痛みを緩めて解き放つという意味合いになります。

 

講師の先生は、日本歯科大学附属病院 顎関節症診療センター長ならびに日本口腔顔面痛学会(専門医・指導医)の原 節宏先生と日本オロフェイシャル協会理事長の歯科衛生士の浜島由美先生になります。

 

顎関節症とブラキシズム(歯ぎしり&食いしばり等)に関する新たな知見や痛みや不調の原因からコントロール方法まで多岐に学べた充実した5回コースでした。

 

学んだ知識を患者さんに還元できるよう学びの秋を深めたいと思います。

 

本日、手書きで患者治療体験記を頂けました。

お忙しい中、書いて頂き、またわざわざお届け頂き、心より感謝しています。

近々、公開いたしますので、ぜひご覧くださいね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 講習会報告 | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐️『日本人の咬合を語る』セミナー終了しました⭐️
昨日、@六本木アカデミーヒルズにおいて『日本人の咬合を語る』
ー民族、骨格、生活習慣、食習慣から読み解く日本人のための咬合論ー
が開催されました。

講師は、日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生
49階の天空に近い会場は300名越えで丸茂先生の講義に感嘆されたことと思います。

下記写真中にあるお言葉、、、。
誰も語ることがなかったTHE  OCCLUSION  for JAPANESE
骨格や生活習慣、食習慣も全く異なる欧米人のために語られてきた咬合論(噛み合わせの理論)では、目の前の患者を救えない、満足してもらえない・・・そこに気づいたすべての歯科医療従事者が知りたい日本人のための咬合を、日本歯科大学名誉教授 丸茂義二先生がよどみなく解き明かします。




司会進行を担当させて頂きましたが、無事に終了してホッとしています。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄
                    
| 講習会報告 | 20:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
☆臨床を養う目を深めてきました☆
6月7日(日)愛知学院大学歯学部同窓会主催の講演会に参加してきました。

講師は、日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生
丸茂先生は噛み合わせと全身の関係を叩き込まれた師匠。

今回の講演会テーマは歯科でしか健康に導くことができないことがある。
ーそのために何を勉強する必要があるのか?ー

臨床経験4〜5年の歯科医師向けの講演会でしたが、臨床を見る目の整理と奥の深さを学んできました。

僕の抱える患者さんは、他の歯科での補綴治療で問題を抱えてしまった患者さんが多いので、補綴の悲劇を繰り返さないために日々目を養う、、、初心に戻ることができた有意義な1日でした。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄
                    
| 講習会報告 | 19:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
総義歯(総入れ歯)を極める、、、。
 先週の土曜&日曜の2日間、千葉の院長、大内先生と名古屋に総入れ歯の勉強に出かけてきました。

講演タイトルは総義歯製作 10の目標〜調整いらずの総義歯を目指して

講師は、日本歯科大学名誉教授、丸茂研修会主宰の丸茂義二先生

丸茂先生には、1998年から咬合=噛み合わせ〜補綴全般に関して指導頂いてますが、、、今回の内容は、、、とても真似のできない真理の世界でした。

総入れ歯が、何故難しいか

それは、歯が残っていないため何の基準もない世界で28本の歯を再現しなくてはいけないからなんです。 (ここでは書ききれない程、多岐に渡る知識、観察眼、技術が必要なんです)

また、今までの総入れ歯の理論では、すべての患者さんを制覇できない&満足をさせられない世界なんです。

今回の研鑽は、学びも多く充実した2日間でした。

また、夜は、同期&後輩&他大学の先生方と楽しく交流でき、喜びの2日間でした。

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科
補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄


                    
| 講習会報告 | 22:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
『咬合採得を極める』研修報告、、、。
 日曜日に参加した研修は知識の整理と到達しなければいけない課題の整理ができた有意義な1日でした。

ただ噛み合わせの世界は正直難しい世界だなと改めて実感する日でもありました。

例えば、左右の関節の形態が左右対称でない患者さんは多いのですが、それが身体的構造から来ているもので、その関節形態を読み取り、、、噛み合わせの平面を決定する訳なんですが、、、総入れ歯などでは全ての歯がないため、、、基準が全くないので身体的構造を深く読み取る必要があり簡単ではないんです。

また下顎が後退することによって削れてしまった顎の関節の外側の部分が多ければ多い程、前後的に顎の位置のずれが大きくなる。
そのズレのコントロールをしないと患者さんの噛み合わせは不安定になってしまう。
難症例と呼ばれる患者さん達は色々と大変な身体的構造問題を持っているんです。

単純な話として、、、。
①寝ている時と起きている時でも顎の位置は変化する。
②座っている時と立っている時でも顎の位置は変化する。
③朝と夜でも顎の位置は変化する。

試しに座っている時と立っている時の歯のあたりの変化を体感してみて下さいね。

そんな簡単に位置が変化してしまう顎の位置を安定させるのは難しいことを理解して頂ければ幸いです。

身体的構造を読み取り、、、身体に合った補綴デザインに汗をかきたいと思います。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄






                    
| 講習会報告 | 11:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
週末はスタッフと講演会参加します、、、。
 今週の日曜日は東京医科歯科大学で開催される講演会に参加してきます、、、。

講演会の演題は、、、。
現在、顎関節症はこう治す
ー構造損傷モデルから疼痛症候群ー

講師は日本歯科大学顎関節症センター長:原 節宏先生

実は私が現在の臨床の中で、、、噛み合わせの理論や顎関節症の原因等は元日本歯科大学顎関節症センター長:丸茂義二名誉教授から学びました。

そして今回の原先生からは難解な顎関節症の制覇に向けて、、、実は約3年前よりご指導して頂いています。

今回の参加は顎関節症に関する知見の整理のため参加しますが、、、なんと嬉しいことにスタッフも全員参加させて下さいとの事、、、感謝、感謝ですね。
(予定があったにも関わらず、、、この講演会を優先してくれました)

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄


                    
| 講習会報告 | 00:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
インプラント研修、、、。
 石垣島でエナジー充填できましたので、フル稼働で仕事&学業を顔晴りたいと思います。

早速、今週の日曜日、5Dと呼ばれるスタディクラブのfounderの船登先生&石川先生が登壇する講演会に参加します。

内容は『現在の歯周治療、インプラント治療の到達点』

両名はインプラント治療や骨再生療法のスペシャリストなので、、、どのように応用して臨床を成功に結びつけているか楽しみな講演会です。

また来月は限局した歯周病の再生療法を予定していますので、多種多様な症例にどのような応用を両名がしているか興味津々です。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯科 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波 郁雄
                    
| 講習会報告 | 13:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
チャリティーセミナー終了、、、。
昨晩、チャリティーセミナーに参加してきました。

UCLAから来日されたサーシャ先生のインプラント治療の最前線は勉強になりました。
またヨーロッパの著名な先生方が訪日をキャンセルしている中、来日して頂けたそうです。

また講師料も無償、、、心意気に頭が下がりますね。

診療終了後、6時30分〜10時までと少し疲れましたが、有意義な時間を過ごせました
セミナー終了後の集合写真です。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄




                    
| 講習会報告 | 00:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
講演会報告、、、。
 先週末に開催されたSJCD30周年記念講演会は無事に終了しました。

国内演者も海外演者もハイレベルな内容でエキサイティングな二日間を過ごしました。

個人的にはGreggory A.Kinzer(Washington,USA)先生の機能的な分析を興味深く拝聴できました。

ただし審美と機能の両立という点に関して言えば、、、ブラキシズム(歯ぎしりや食いしばり)が関与しているので分析をもっと深くしなくていけないかも知れません。

ただKinzer先生ご自身の壊れた審美症例を提示し、、、何故?壊れたのか?、、、ではどうしなくてはいけないのか?を真摯に見つめられた臨床に感銘を受けました。

ブラキシズムで出来上がった前歯の先端の摩耗面の意味とは?

まだまだ解明すべき点は多岐に渡りますね。

オーク銀座歯科クリニック
@銀座 歯医者 補綴専門医&補綴指導医&噛み合わせ認定医:難波郁雄


                    
| 講習会報告 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>