CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐新たな治療体験記を頂きました⭐

またまた、患者様の治療体験記を頂きました。

 

お忙しい中、何度も添削をしながら完成して頂けたようで、ありがたいことです。

 

ぜひ、ご覧くださいね。

 

治療体験記はこちらから

 

治療体験記は、喜び合いで仕事(志事)に取り組むエネルギーを頂ける感謝の出来事なんです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 患者様の治療体験記 | 12:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐咬合=噛み合わせの真髄を知るチャンス⭐

咬合=噛み合わせの真髄を知るチャンスです。

 

日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生が11月3日に講演されますが、抄録を転載させて頂きます。(転載許可済み)

 

11月3日岐阜県歯科医師会学術講演会の抄録です。
日本人型の咬合・咀嚼を考える
 むかしは義歯の名人が町中に沢山いました。しかし、その名人はどんどん減少し、いまや絶滅危惧種に指定されてしまっています。私が技工学校の教授をやっていた時に、有床義歯技工学で教えていた総義歯の作り方は、この絶滅危惧種とも言われる名人の製作している義歯と同じ咬合の与え方でした。しかし、実際に現場に出て臨床の多くの義歯を見た時に、あの教育していた義歯の咬合はどこに行ってしまったのだろうと呆然とするものがありました。技術や知識は何でも欧米化すれば良いと思った人達が合理化とか効率的とかマニュアル的とか数字になるエビデンスで追求する時代が始まって、もっともおいてきぼりになったものがこの名人の義歯の咬合であったのです。
 この義歯や歯冠修復の中で欧米化して失われたものは何だろうと、それを明確にして生き残りを図らないことには本当に絶滅してしまうという危惧があります。ここでは名人を作ろうとは思っていないのです。昔は義歯の調整はチョコチョコっとで済んでしまい、それが当然の姿だったのです。 それを今の義歯の調整の大変さからみたら名人芸であって、昔は名人芸でもなんでも無かったのです。誰でもができる咬合だったのです。それは日本人にあった咬合を作っていたからですね。日本人の顎運動と食品と生活様式と文化に合わせた咬合だったのです。
 欧米化によって失われたものは、それまで作られていた義歯の顎位と彎曲と咬合関係と咬合様式であった。日本人の身体は欧米人と異なっています。それも明確になっています。その日本人の身体にあった義歯の作り方が名人の義歯であって、この日本人らしさの義歯の製作方法から、顎位を変えて彎曲を無くし咬合関係を単純にして咬合様式を効率的にしたら最新の義歯が完成するのです。これでは国民から信頼もされないし、歯科医療が滅びてしまうでしょう。昔は当然の姿として行われていた芸を製作する方向と咀嚼という内容についてお話しさせて頂き、皆さまと一緒に考えてみたいと思います。

 

咬合=噛み合わせが難解だと言われる所以は、欧米化されてしまった理論背景にあるということですね。

(全ての理論を批判しているわけではないのですが、、、)

 

義歯(入れ歯)のみならず、小規模補綴なら患者固有の咬合と調和させるが、大規模補綴だと治療咬合と称して犬歯誘導等にするのは、口腔機能の大切な咀嚼という概念においては、患者利益の歯科医療から遠ざかってしまうということを多くの先生方に気づいて欲しいなと思います。

 

オープンなセミナーで丸茂先生の講演を聞けるチャンスは少ないので中部方面の先生方は、ぜひぜひ!!!

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 15:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐患者様の治療体験記を頂きました⭐

またまた、患者様の治療体験記を頂きました。

 

理論なき行為は、暴力であるとも言える無意味な天然歯を削られてしまい全身の不調を訴えていた患者さんでしたが、噛み合わせ治療と理学療法で快癒できた患者さんです。

ぜひ、ご覧ください。

 

治療体験記はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 患者様の治療体験記 | 19:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科技工士のページを公開しました⭐

通常の診療の流れでは、患者さんとの関わり合いが少ない歯科技工士の存在かも知れません。

しかし、みなさんの口腔内に装着される補綴物は歯科技工士の腕が90%関与していると言っても過言ではありません。

 

多くの方に歯科技工士の存在価値について知って頂ければ幸甚です。

 

歯科技工士のページはこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 医院情報 | 16:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐患者様の治療体験記⭐

またまた、患者様治療体験記を頂けました〜。

 

噛み合わせの不安定感〜肩凝り、首凝り、手足のしびれ、痛み&不調のオンパレードで歯科、内科、整形外科、婦人科などのドクターショッピング。 整体、鍼灸院に通っても症状改善しなかった患者さんでした。

 

約1年半かかりましたが…喜び合いで快癒できることができました。

 

 

ホームページもいずれ公開しますので、ぜひご覧ください。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 患者様の治療体験記 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐患者様の治療体験記を公開しましたー⭐

患者様より治療体験記を頂きました。

 

20年来の悩みを約一年かかりましたが、喜び合いの結果を得られてホッとしています。

 

では、治療体験記をどうぞ!

 

治療体験記はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 患者様の治療体験記 | 21:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐患者さんより治療体験記を頂きました⭐

患者さんより治療体験記を頂きました。

        ↓

 

顔写真も頂くことができ、心より感謝しています。

近日中にホームページ内に公開できると思いますので、ぜひご覧ください。

 

感謝と喜び合いの歯科医療の世界観が楽しいですね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 患者様の治療体験記 | 18:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐拡大視野での治療⭐

今日は、拡大視野での治療について!

 

基本、肉眼での治療は行なっていません。

拡大視野での歯科治療は、マイクロスコープを駆使したり、拡大鏡を駆使したりしていますが、基本は拡大鏡下での補綴歯科治療を行なっています。

 

マイクロスコープ下の治療は、直視できないので補綴治療の精度を上げるには、10倍大(ビーム付き)の拡大鏡視野でもマイクロスコープ下での8倍は確保できるので、結構快適に治療を行えています。

 

 

マイクロスコープ下での補綴治療は鍛錬が必要なので、今後の課題として取り組みますね。

 

多分、市販されている拡大鏡の中では、最高倍率での歯科臨床かと思います。

また、ビーム付きなので結構見えるんですね。

気になるお値段もかなり高額なんです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐特別セミナー開催しました⭐

昨日は、クリニックを休診にして院内で特別セミナーを開催しました。

 

 

講師でお呼びした先生は、日本歯科大学附属病院:顎関節症センター センター長の原 節宏先生!

 

内容は、クリニックで取り組んでいる理学療法としてのトリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)の講義と実習がメインでした。

 

現段階では、李先生が中心となって行なっていますが、衛生士の福田もマスター取得しましたので、レベルアップのために開催という流れです。 年内にもフォローアップセミナーを開催する運びになっていますので、今後の展開が楽しみです。

 

米国では、肩こりや首こりは『筋膜痛』が原因ということが言われるようになりました。

生きているだけで縮んでしまう『筋膜』ですが、筋膜の中には神経系・血管系・リンパ系が存在しています。

 

それをうまくコントロールできるようになると『痛みや不調の管理』繋がります。

 

クリニックでは、この療法を用いて咬合の違和感や顎関節症の症状緩和として活用しています。

顎関節症をお持ちの患者さんは、随伴的に肩こりや首こりをお持ちのかたも多いのですが、その症状緩和も行えています。

 

私の咬合治療と専属技工士の補綴物とこの理学療法を駆使しながら患者さんと喜び合える医療を創造しています。

 

今後も通常の歯科医療はもちろんのこと、本氣で『不調と痛み』の管理ができるクリニックに進化し続けます。

 

トリガーポイント療法はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 顎関節症&噛み合わせの話 | 19:23 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐日本歯科補綴学会に参加⭐

昨日は、横浜で開催された日本歯科補綴学会 補綴専門医研修会に参加して来ました。

 

研修内容は、『デジタル技術を用いた歯冠修復の現状と未来』

 

デジタル化の勢いを感じてきましたが、、、宮大工のような歯科技工士が作製した匠の補綴物にはまだまだ追いついていないと感じています。

 

ただ、AIの普及により加速度ついて歯科医療のイノベーションが起きているのは間違いなく

アンテナを立て、患者利益につながるような状況は模索していかないと考えています。

 

また、今回の学会では、千葉のクリニックで分院長を務めてくれていた高島浩二先生(富山県魚津市 ほんごう歯科診療室開業)

が専門医の発表をした記念すべき学会でしたが、富山県周辺で噛み合わせで困られている患者さんは、お勧めの先生です。

(高島先生は、咬合や補綴を理解しているとても優秀な先生です)

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 学会報告 | 19:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/119PAGES | >>