CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐スタッフ力に感謝⭐

オーク銀座歯科クリニック専属技工士の大内君が、高知県で開催される龍馬塾(技工士研修)に二日間参加してくれています。

 

自ら進んで志事道を極めるための行動を選択し、さらなる進化し患者利益の補綴物を提供してくれますね。

 

歯科衛生士も自ら外部研修に参加して、志事道を極めようと楽しんで学習してくれています。

 

仕事(志事)に対して誇りを持ち、医療人として楽しく学ぶ環境を提供する事が、僕の仕事なのでみんなの自己実現を今後もサポートしますが、スタッフ行動力に感謝の日々です。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 10:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐咬合講演会終了⭐

昨夜、8時〜10時までの2時間、咬合(噛み合わせ)に関する話を楽しく話してきました。

診療後でみなさん疲れていると思いますが、大勢の先生方にお集まり頂き、ありがたいステージでした。

 

咬合の話は、2時間では伝えきれない内容なので、昨日は総論〜患者利益の噛み合わせ等について話しましたが、各論編も開催して欲しいと依頼が入りました。

『日本人型咬合』の大切さに気づき、患者利益の歯科医療が提案できる場を用意して頂き、主催してくれた先生方に感謝の夜でした。

 

日本人型咬合咬合理論を知りたい方はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 17:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐科学は生き物⭐

講演会深掘りタイム中のスライド紹介!

 

元ニューヨーク大学インプラント科:教授(現コロンビア大学インプラント科:教授)のデニス・ターナー氏が日本に来日した際に、これから、僕が言う言葉は、科学に裏付けられている可能性が高いが、疑って聴講してください!と・・・。

 

この意味の深い部分には、当時・・・こんなに偉い先生でも謙虚だなと感じたに留まりましたが・・・。

 

科学は生き物である・・・科学は仮説の上に成り立っているんですが、腑に落ちた、、、今日、この頃。

 

例を挙げると、、、ガリレオが天動説から地動説を唱えたが、カトリック教会の断罪により悪者になりましたが、その後、コペルニクス的転回で一躍ヒーローに・・・。

 

今度の講演会でも、僕の発言に対して疑いの目を持って、討論できると患者利益に繋がると考えています。

比較・競争なく・・・主張合戦にならない学問のあり方が、大切ですね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐咬合=噛み合わせの処方箋⭐

講演会のスライド深掘りほぼ完成しました。

 

咬合=噛み合わせの話は、2時間で語り尽くせる内容ではないので、今回は咬合の中で一番大切な顎位(顎の位置)に焦点を絞り、当クリニックでの取り組みを紹介しながら、顎の位置の大切さやその具体的な決定法を知ってもらおうと考えています。

そこが、一番難しいのですが、、、。(汗)

咬合とは、何か?

顎位(顎の位置)〜顎運動(顎に調和した運動)〜咬合様式(顎の動きに調和する運動経路と噛み合わせの接触点)

上記が、全て調和しないと顎の機能障害が起きることになるので、難解な世界なんです。(汗)

 

顎の位置を患者さんの筋肉位に合わせるための、当クリニックでの取り組みです。

(顎の位置の決定法には、術者誘導法がありますが、患者さんを機械的に扱わない方法を選択しています)

 

何故? 姿勢が大切なのか? 顎の位置は顎関節が制御しているのでなく、色々な頭頸部の筋肉が制御している点を理解してもらう流れを創造しています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐咬合講演会予演会⭐

昨日は、診療後に講演会予演会を行いました。

 

オーディエンスは、技工士の大内君と衛生士の福田の二人。

 

スライド138枚、約2時間しゃべくりました。

GWは、スライド調整と読書と筋膜ストレッチで時間をコントロールしながら有意義な4日間で過ごします。

 

皆さんも有意義なGWを過ごしてくださいね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐咬合=噛み合わせ講演会スライド深掘り⭐

フライヤーでは、5月10日になっていますが、5月15日の火曜日に開催する講演会の深掘りを進めています。

 

実は、10年前にも登壇した経緯がありますが、当時は、『審美と機能は両立するか』?的な話をさせて頂きました。

今回は、10年の間に進化した私の知識・知恵・技術を余すところなくお伝えします。

 

演題は、『Patient  benefit  dental  care』

日本語に訳すと、患者利益の歯科医療。

 

千葉&銀座のスタッフも総出で参加してくれますので、大人の本気で伝えることが楽しみな講演会です。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 22:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐新人歯科衛生士教育⭐

4月から新人歯科衛生士がご縁があって入社しました。

 

毎日臨床の現場で新しい知識を吸収しながら、『華の歯科衛生士』を目指して楽しく学んでくれています。

新人教育に関しては、2年目の歯科衛生士の簗田が担当してくれています。

 

自分が、ベテラン歯科衛生士から学んだことを日々実践しながら親切に教えている姿が微笑ましいですね。

6月の下旬に、新人だった一年間で院内や院外で学んだ事、苦しかったことから成長できた事などについて1時間プレゼンテーションを行う予定です。 日々の取り組みに感謝です。

 

 

普段は、お魚ばかり食べている自分ですが、本日は肉食女子新人歓迎会を焼肉屋で開催します。(笑)

リーダーとして人材でなく、人財に育ってくれるよう働きやすい環境を提供し続けたいと思います。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 院長の独り言 | 15:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐顎関節症治療最前線⭐

今日は、顎関節症治療最前線の治療について報告させて頂きますね。

まずは、.好薀ぅ匹ら、、、。

欧米では、2010年の顎関節症診断基準は、グループ1は筋膜痛が関与していると発表しています。

顎関節症のほとんどの患者群が、筋膜痛が関与していることになるかと考えています。

 

では、1950年から1983年まで筋・筋膜性疼痛を研究されたサイモンズ博士(故)とトラベル博士(故)のお話を、、、。

エピソードとして、35代アメリカ大統領:ジョン・F・ケネディーが、二度に渡る腰痛の手術で治らなかった腰痛を快癒させ、親友になったという経緯があるくらい筋膜性疼痛管理が重要だと考えています。

スライド

そして、時代の陰に隠れてしまった筋・筋膜性疼痛の概念が、現在の米国で復活し、一般の健康雑誌には、当然のように肩こりは、筋膜痛が原因であるという記事が掲載されています。

約9年前よりクリニックで取り組んできた筋・筋膜性疼痛の管理が顎関節症患者・緊張性頭痛患者群・顔面の痛み・首の不調などの管理につながる医療であると考えて頂ければ幸いです。

では、スライド

 

「痛みと不調」の管理が歯科から創造する医療が、当クリニックの強みなんです。

そして、精度の高い補綴治療を提供しながら、口腔機能を向上させる医療に取り組んでいます。

 

筋膜性疼痛治療のページはこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 顎関節症&噛み合わせの話 | 22:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐患者治療体験記を頂けました⭐

嬉しいことに、またまた患者様治療体験記を頂けました。

お忙しい中、書いて頂け心より感謝しています。

 

治療体験記はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 患者様の治療体験記 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐姿勢や舌の位置が大切な訳⭐

当クリニックでは、姿勢から舌の位置を改善する事を意識して色々な生活指導を行なっています。

5月の咬合講演会の席でも当クリニックにおいての姿勢指導の一環をスライドにまとめています。

それでは、姿勢指導の講演用スライドを、、、。

スライド本文を紹介させて頂くと、猫背という姿勢は円背による胸骨負荷姿勢(画像の左図の姿勢)

簡単に述べると猫背の姿勢だと呼吸障害がある状態で、口を開く時に下の顎がロックしやすい(口が開けずらくなる)

状態になってしまうと言うことになります。

故に、当クリニックでは、患者さんに姿勢指導を行なっています。

ただ、なかなか意識しない限り、また体幹の筋力が伴っていないと正しい姿勢を維持する筋肉が育っていないので困難さもありますが、、、。

またスライドの下の男性の左画像は姿勢が良い状態なので開口はスムーズに行えています。

右画像は試験的に姿勢を猫背にして舌の位置を後ろに引いた状態ですが、開口がスムーズに行えなくなっています。

(みなさんもぜひ体験してみてくださいね)

 

先ほども述べたように正しい姿勢を維持するための抗重力筋が育っていないと一朝一夕では姿勢維持ができない現実もあります。

そこで、舌の位置を改善し、呼吸や姿勢の改善する装置をお勧めしています。

個人差がありますが、歯ぎしり・食いしばり予防にもなる装置なんですね。

装着するだけで舌の位置が前方にくる装置なんです。

↓舌の位置を変化できるSLP装置

日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生の考案装置になりますが、約3年前より患者さん100名以上に臨床提供していますが、好評を得ています。

 

ホームページ内のSLP装置を紹介しますので、ご興味のある方はぜひご覧ください。

 

SLP装置の紹介はこちらから

 

歯科医療を通じ、審美と機能の両立を目指す事はもちろんのこと、さらなる美しく健康に老いる歯科クリニックとしての取り組みを理解して頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 全身と噛み合わせの関係 | 18:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/123PAGES | >>