CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐チーム改革への旅⭐

『働き方改革』の真の『働き方』を探し求める旅に出かけている途中の中・・・新しい組織改革として受付を採用しますが・・・意識改革をしてもらうためのオリエンテーションのスライドを作成している・・・今日この頃です。

 

ただ銀座で働きたいという意識レベルでは、スタッフ間や患者様との関係性の質が低いのでお互いが喜びあえないと考えています。

 

そうなるとお互いに『幸福度』が下がり・・・ストレスが高まる職場になってしまいますよね。

(過去に色々なスタッフと関わり合いましたが、ホスピタリティー力を育んでいくアプローチしても脱落してしまう受付が多かったので、今回よりオリエンテーションに時間を割くことに実験開始です)

 

オリエンテーションスライドの一枚をご紹介しますね!

 

 

噛み合わせ異常に悩まれている患者様は、身体だけでなく心も疲れていることと想像しています。

最初に関わることの多い受付のマインドが低いと患者様との関係が始まらないと考えています。

 

きっと電話やメールでのお問い合わせには、勇気がいる瞬間かと考えています。

心の中には、過去に受けた治療への恐怖や過去への後悔の念でストレスにさいなまれている気持ちがあるかと思います。

また、本当に治るのだろうか? 治らないとどうしよう?色々な感情が芽生え、未来への怖れに意識が向かわれているかと思います。

 

そんな患者様の心に寄り添えられる受付スタッフを育て、本人も仕事場で人間力を磨きながら仕事のやりがいや生きがいを見い出してもらえるように成長してもらえることを意図した実験スタートです。

喜び合える関係性の質が高まることが、クリニック全体の喜びにもつながりますね。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 10:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐志のある歯科医療関係者の方へ⭐

本日は、僕のブログを歯科医師の先生方も見て頂けている点を踏まえて書かせて頂きます。

下記の問題に対し、『志』を大切にして歯科医療の未来をご一緒に考えませんか???

 

『歯科技工士問題』から『咬合問題』を考える講演会が10月20日(日)@虎ノ門ヒルズで開催されます。

昨今、歯科界において『歯科技工士』がガラパゴス化すると言われています。これに対して日本歯科医師会は、PR映画『笑顔の向こうに』等の活動で問題解決に取り組んでいるかと考えています。
『歯科技工士問題』や『咬合問題』に関しては、全ての歯科医療の根幹を成すことは自明の理ですが、真摯に捉える時代に差し掛かっているのではないでしょうか?

このままで歯科界にどんな未来が待っているのでしょうか?
その先に広がる患者利益の世界観を大切にしない限り、目先の利益に翻弄されながら、やがてその先に広がる歯科界の未来は、果たして明るい世界が広がっていくのでしょうか。

『患者利益』の歯科界を創造したい『志』のある歯科医師・歯科技工士・歯科衛生士の方々に多くお集まり頂ければ幸いです。
(事前申し込み期限が9月24日と迫っております。それ以降は受講料が上がりますので、ご注意ください)

参加希望の方は、画像をプリントアウトして申し込みされるか、個別でクリニックホームページのお問い合わせに,名前 ⊇蠡亜´ご連絡先を送信して頂ければ、参加申し込み対応させていただきます。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐天然の歯を大切にしたい歯科医療の創造⭐

 

1本のクラウンで腰が壊れた患者さんの治療記録ですが、たとえ補綴専門医であったとしても同じ場所に存在している天然の歯には勝てない・・・勝ち負けで判断してはいけないのですが・・・。

 

僕の身勝手な意見ですが、やはり天然の歯にはどんなに優秀な歯科医師でも、天然の歯には勝てないかなと考えています。

(もちろん結果を出すためには、日々、院内技工士と相談しながら技工作業を進歩させる努力はしていますが・・・)

 

治療介入しなくては、いけない患者さんがいるのはこの国の歯科医療の『あり方』では仕方がない現実に葛藤している日々を過ごしていますが、天然の歯を守る意識を拡大できる国民性を養いたいですね。

 

My Hygienist(私の歯を守ってくれる歯科衛生士さん)を持つことに意識して頂ければ、嬉しい限りです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科クリニック

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐Purpose(目的)を深掘りの夏季休暇⭐

夏季休暇も残り1日となり、仕事モードに戻りつつ、午後のひと時を過ごしながらブログを更新しています。

 

夏休みのスタッフ向け課題図書『PURPOSE  MANEGEMENT(パーパスマネジメント)』=『人生の目的』・・・社員の幸せを大切にする経営:丹羽真理著を深く読み込み、今後の組織のあり方を深掘りした夏休みでした。

 

通年、スタッフからのみ感想文を提出してもらっているのですが、今回は僕も感想文を10枚も書き上げました。

 

もしかしたら、スタッフは今頃、苦戦しながら取り組んでいるかも知れませんね(笑)

 

政府が取り組んでいる働き方改革で・・・本当に豊かな社会が創造できるか?甚だ疑問がありますが・・・。

 

僕がリーダーとして取り組んでいる働き方改革は、『生き方改革』に注力しながら仕事のあり方を組織の軸だけでなく、『個人の生き方』の軸を定める必要があると考えています。

そこで、今回は上記の『パーパスマネジメント』=人生の目的を課題図書に選んだ訳です。

 

『社会に何を与えたいか』『社会から何を得たいか』と言った軸を持っていれば、仕事についてのフィロソフィー(哲学・考え方)も決まり目標を持って仕事に取り組めると考えています。

(組織のフィロソフィーもあるのですが、バージョンアップしないといけない時期ですね)

 

また今後の取り組みにおいてもスタッフがどのように仕事に取り組みたいかを組織が把握していれば、お互いの関係性は良くなり真の働き方改革に繋がることは間違いないと考えています。

 

月曜日に会社に行きたいと思う人は日本には少ないと言われています。

働きがいが感じられず、生産性が低いのは4つのエネルギーを満たしていないからであり、4つのエネルギーとは、『身体』『感情』『集中』『生命』であり、体が健康で幸せを感じていれば自然とパフォーマンスが上がって物事に集中できると言われています。

 

今後は、自分の人生の目的や存在意義を見つけられないスタッフもいるかと思いますので、全体MTGの場で探すお手伝いをしたり、心(感情)が大切とみんな考えているかと思いますが、心(感情)を日々磨くことは実践できていないと思いますので、心(感情)の成長に向けたワークショップも開催したいと考えています。

 

スタッフと共に、『個人の成長』+『みんなの成長』=『組織の成長』から人生の質を上げ続けながら・・・患者さんとの『関係性の質』・『場の質』・『高度医療提供の質』を上げ続けた組織に進歩していくことが、Our Purpose(医院理念)かと考えています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 14:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐咬合問題(噛み合わせ問題)講演会⭐

 

2019年10月13日(日)に日本歯科大学附属病院 顎関節症初代センター長ならびに日本歯科大学名誉教授の丸茂義二先生が静岡県 浜松市で講演されます。 

 

興味深い内容なんです。

 

タイトルは咬合問題(噛み合わせ問題)

〜淘汰されない理論を学び、超高齢社会に対応する〜

 

咬合を学習する者にとって、咬合の歴史を学ばない訳にはいかない。

というのも、咬合も時流に流されて情報として流通している。 

 

咬合が『学ぶほど難しい』とされるのは、この歴史的変化と淘汰を知らぬままに書物を読むからであろう。 

 

補綴装置の咬合は簡単である。 

成功する補綴治療は簡単である。

 

歴史の中で淘汰されない理論を学ぶことが咬合への最も近道である。 

 

世の中は主義主張が激しくなっているが、本当に正しい咬合を行なっている者は時代に捕らわれずに同じことを考え、同じことを行なっているので温和しいのである。 

 

本講演では、主張されない咬合が正しいという考えを解説し、声をあげない無名の大家の考え方を解説する。

 

ぜひ、臨床の一助にしてもらいたいと考えている。

 

学問として歴史を学ぶことは大切ですよね。

もちろん咬合の歴史は学んできていますが、知識を増やすために浜松まで行ってきます。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 10:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐真実に近づける噛み合わせ講演会開催⭐

 

真実に近づく咬合(かみ合わせ)講演会が、10月20日の日曜日に虎ノ門ヒルズで開催されます。

講師は、日本歯科大学附属病院 顎関節症センター初代センター長ならびに同大学名誉教授の丸茂義二先生。

 

『禁断の扉が今、開かれる』

〜見える顎位と顎機能の真実〜

 

 

フライヤーの一部を抜粋ですが、生体の生理機能を無視した補綴物は最終的に拒否される。

アカデミックフリーダムという甘言の中でさまよわれている咬合の真実を追求したい先生方にご参加頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 学術関係 | 14:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐院内MTG開催⭐

昨日の午前を休診にさせて頂き、スタッフ向け院内MTGを3時間開催しました。

 

内容は、『スタッフ満足度』から『スタッフ幸福度』を高める組織作り。

意図は、『スタッフ幸福度』を高めスタッフ各自が自分の強みを発揮し、弱点を克服しながら主体的に患者さんに喜ばれるホスピタリティ力を向上させ、『患者満足度』から『患者幸福度』を高めるために取り組む流れです。

 

 

現在、土壌を耕す取り組みの一環として、スタッフの強みを知るために各自のストレングスファインダーにも取り組んでいます。

 

全員のデータが揃い次第、各自の強みを法人全体MTGの場においてシェアし、お互いの補完関係に気づきあいながら人としての成長に意識を高めていきます。

また自分の弱点をされけだす取り組みをしますが、弱点を人前でされけだすことにより痛みを感じるとは思いますが、『痛み+内省=進歩』という数式を理解させ、職場の人間関係の風通しを良くしながら、各自の個性を認め合い、お互いが尊敬し合える組織成長へ向かいます。

職場のストレスが減ることにより『スタッフ幸福度』が上がり、そのエネルギーが『患者幸福度』につながる実験的取り組みです。(笑)

 

そしてスタッフ向け夏休みの課題図書として、PURPOSE(パーパスマネージメント)社員の幸せを大切にする経営:丹羽真理著

 

PURPOSE=存在意義

 

世の中、ブラック企業とかホワイト企業とか騒ぐ中、真の働き方改革とは何か?

正解がない問いに満ちた世界ですが、スタッフが生きがい・やりがい・仕事の誇りを感じ取りながら社会貢献・患者利益の医療・患者幸福度に意識を拡大し、意思を持って行動実践しながら患者さんと喜び合いで過ごせる組織にらせん状に進化させます。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 11:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐院内セミナー開催⭐

7月21日(日) 外部講師をお招きし、法人全体の歯科衛生士向けセミナーを開催しました。

 

講師は、iTOPインストラクター・デンタルアーツアカデミー講師・日本顕微鏡歯科学会認定歯科衛生士の杉山先生

 

内容は、ご自身の歯科衛生士としてのキャリア育成から歯科衛生の『あり方&社会貢献への役割』など仕事の魅力についてお話しして頂きました。

また臨床面では、マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を駆使しながら臨床での取り組みなどについてもお話しして頂きました。

 

参加者全員で学びに関してのシェア発表もあり有意義なセミナー開催になりました。

スタッフの仕事の『あり方』やプロ意識が高まりましたので、来院中の患者さんには、スタッフのエネルギーが高まったことを感じとってもらえれば幸いです。

 

僕は、最後に総括として『人生100時代ライフシフト』という演題で仕事だけでなく人生の『あり方』につて一人ひとりが後悔しない生き方へ意識が拡大する話をさせて頂きました。

 

懇親会の席で第二弾開催も決定し、らせん状に組織が進化できる喜びを感じ取れた1日でした。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 医院情報 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐かみ合わせの話⭐

画像から観察できる概念は、糸切り歯(犬歯)だけに当てて・・・奥歯は離す。

 

米国から輸入された犬歯誘導ですが・・・実は、米国も100年間くらいは、学問として犬歯誘導じゃない日本人型のかみ合わせの概念を追求していた時期もあった訳なんですが、政治的な判断で学問から離れてしまった歴史があります。

 

だから咬合=かみ合わせって誰も解決できない世界になってしまい論争が絶えない世界になってしまった訳です。

 

患者さんには、全く関係のない話の世界で、すみません。

 

『咬合を制する者は、歯科を制する』という言葉がありますが・・・。

一人でも多くの日本人にあった咬合が世に広まればと考えていますが・・・難題です。

 

10月20日(日)・・・日本歯科大学付属病院顎関節症センター初代所長&名誉教授:丸茂義二先生を招聘して虎ノ門ヒルズで日本人型咬合講演会を開催し、司会進行を担当させて頂きますが・・・若手の先生方に多く参加してもらえるようにします。

 

日本人型咬合と米国型咬合の違いを知りたい方は・・・こちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 21:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐かみ合わせの話⭐

 

米国から輸入されたかみ合わせの理論・・・犬歯誘導。

そんな理論に振り回されてしまった日本の歯科医療。

 

実は、僕も一時期傾倒していました。

 

だって犬歯(糸切り歯)に当てて奥歯は離せば、かみ合わせの理論が成り立つんですからね。(汗)

 

そんな理論で起こる、恐ろしい事実。

/事が取りにくくなる。

⊆鵑猟柑劼悪くなる。

O咾痺れるようになる。

 

本日は、こんな情報で失礼します。

 

あくまでも可能性ですが、僕のクリニックには上記の症状で悩まれている患者さんが大勢訪れています。

 

判断に悩むかと思いますが、主体的に判断して頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/130PAGES | >>