CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
🌟人生を豊かにする『噛み合わせ』の話🌟

昨晩のNHKラジオの放送は聞いて頂けたでしょうか。

 

さて、今日は、丸茂先生が日本歯科医師会に寄稿された人生を豊かにする『噛み合わせ』の内容をご紹介します。

(日本歯科医師会 朝昼晩より出典)

 

食文化が歯をつくる。

日本人にとって良い噛み合わせとは?

『口を開けるとあごが痛む』『音がする』『口が開きにくい』といった顎関節症。

(『音がする』は、現在専門家の間では治療対象とならないことも多々ありますが、、、。)←(難波談です)

 

その病名も、原因のひとつである噛み合わせの乱れが、全身の健康に影響することも、一般に知られるようになりました。

 

ただ、あまり知られていないのは、『歯並びと噛み合わせは別のもの』ということ。

そもそも、噛み合わせが良いとは、どういう歯の状態を指すのでしょうか?

 

日本人にとって一番大切な歯の役割は、食べ物をよく噛み、すり潰して咀嚼(そしゃく)すること。

繊維質の多い米を主食にしてきた私たちは、よく噛むことで唾液中の消化酵素アミラーゼを分泌し、デンプンを糖に分解して消化します。 そのため奥歯もよく使われ、全体的にすり減っているのが特徴です。

 

これに対して、歯並びが整い、いかにも健康そうな欧米人の白い歯は、意外にも咀嚼には向いていません。

歴史を通じて、繊維質の食品を多くたべていない彼らは、日本人よりもアミラーゼを分泌する人の割合が少なく、食べ物をよく噛んで消化しやすくする習慣がすくない。 欧米で歯といえばコミュニケーションのツール。まずは笑顔で人間関係をつくる文化が重んじられ、白い歯を大切にする意識が広がりました。

 

『食文化によって、食べ物を消化する方法は違い、咀嚼の考え方、歯の作られ方や役割も違います。これは脈々と受け継がれてきた民族的な違い。小さな頃から洋食中心の人でも、身体のしくみはかえられないんですよ』と丸茂先生

 

つまり、私たちに必要なのは、日本の食文化に合った歯の役割を、しっかり果たせる噛み合わせです。

国の歴史や文化によって、同じ歯でも重視するポイントが、異なるのです。

 

日本人と欧米人で異なる『咀嚼』の方法を知りたい方はこちらへ

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 咬合(噛み合わせ)の話 | 11:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐生き方は『口』に現れる⭐

生き方は『口』に現れる‼

人生を豊かにする『噛み合わせ』の話‼

 

来たる6月7日の夜10時にNHKラジオで放送されます。

 

出演者は、日本歯科大学顎関節センターの初代センター長ならびに名誉教授の丸茂義二先生です。

 

『咬合=噛み合わせを制する者は、歯科を制する』

歯科医師のみならず、全国民に聴いて欲しい内容になっています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐当クリニックの治療体験記の真偽⭐

今日は久しぶりに矯正治療後の噛み合わせ不安定感を訴えられる患者さんが初診で来院されました。

 

数あるクリニックで当クリニックを選択した理由は、患者さんの価値観の中で色々とあるかと思うのですが、

初診時に信頼関係を全て構築するのが難しいので当クリニックの治療体験記をみて頂けましたか?

と聞いたところ、、、はい、見ましたと!!!

 

しかし、その表情からはなんか陰りが、、、。

私は、あの治療体験記は全て生の声なんです。

誤字脱字は訂正させて頂いていますが加筆は一切していませんと説明しました。

 

自作自演の体験記や読者モニターなど色々表裏一体でない世界もあるので疑われたのでしょうね。

 

初診時のコミュニケーションとしては、喜び合いで終了したかと思います。

 

一切加筆していない治療体験記はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐保険と自費の補綴的見解!⭐

とある患者さんからの質問に対しての回答をさせて頂きました。

 

質問内容は、、、。

質問ですが、根管治療や補綴といった保険でもできる治療を、自費で場所によりますが根管治療20万かかるところもあると聞きました。

保険では何千円ですむ治療を、自費だと高額になるのは丁寧で時間をかけ、素材にこだわっている、という理由だからでしょうか?

お金に余裕があるわけではないので、保険内で良い治療を、と都合良く思ってしまいますが、自費と保険の具体的な違いは何なのでしょうか?行けるのならば自費の方が良いのでしょうか。一回の時間が自費の方が長いので治療回数が少なくすむなどあるのでしょうか。

教えていただけるとありがたいです。よろしくお願い致します。

 

当クリニックの保険と自費の補綴的見解を回答させて頂きました。

下記のリンクより参考にして頂ければ幸いです。

 

保険と自費の違い補綴的見解です

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐手仕事の医療からの咬合学と歯科臨床へ⭐

先回のブログを読んでから読み進めて頂けると流れが理解できるかと思います。

 

三泊四日の家族サービス旅を終えて、今朝東京に戻りました。

読破したい本が山積みなのですが、真っ先に復習を兼ねて咬合学と歯科臨床、、、よく噛めて、噛み心地の良い咬合を目指してを再読しています。

この書籍は、先回からお話ししている石原先生の門下生で意思を引き継いだ徳島大学歯科補綴第二の坂東永一教授と中野雅則教授が中心となって書き下ろした2011年に発刊された唯一の日本人的な咬合を考えている良書であると考えています。

 

内容に関して難解ですが、プロローグの一節をご紹介します。

毎日の臨床で、患者の咬合に手を加え頻繁にこれを変化させているにもかかわらず、『咬合や顎運動はむずかしくてよくわからない』

と言う歯科医師の声を耳にする。

この『よくわからない』と言う歯科医師には2通りあり、一方は『咬合に関する知識や技術が不足しているが、適当に義歯やクラウンを装着している』本当にわかっていない歯科医師である。

その歯科医師も、患者には『私は噛み合わせのことはよくわからない』とは決して言わないと思うが、少なからずいることは確かである。

もう一方は『咬合について勉強をしてきたが、咬合学のよい教科書に辿りつけず、よくわかっていないところは経験で補って

臨床を行なっている』かなり咬合のわかっている歯科医師である。

と書かれている。

 

また、咬合が咀嚼機能に重要な役割を果たし、『良く噛め』、『良く噛む』ことが全身の健康に重要な役割を果たしていることは、身をもって体験した患者や、このような患者をたくさん診てきた経験豊かな歯科医師が一番よく知っている。しかし、『良く噛める咬合』とはどのようなものであるかを具体的にかつ正確に『表現し』『評価し』、またこれを『形にする』ことは非常にむずかしいことで、補綴装置を人工臓器をするならば、これほど患者ごとに多様で、しかも高い精度が要求される人工臓器は他にないといっても過言ではない。

とも書かれている。

 

文中の中にある咬合を改善すればあらゆる病気がたちどころに治ってしまうというというように、咬合を過大評価している宗教家のような歯科医師もいる。

咬合に関する混乱や誤解が生じたりする背景には、咬合学が明確に体系化されていないことがあると書かれている。

 

私も日々の臨床で咬合の難解さを痛感しながら患者さんと対峙している訳でありますが、咬合に関して自費出版をされている『咬合=噛み合わせ』を改善すれば○○が治ると言ったような書籍には疑問を感じて欲しいと考えています。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐『手仕事の医療』を再読!!!⭐

先回ご紹介した『手仕事の医療 評伝 石原寿郎』秋元秀俊著 生活の医療社

 

深掘りしたくなり、GWを利用して再読しています。

時代に翻弄されながらも使命に明け暮れた日々を送られた石原寿郎先生

頭が下がる思い一杯で読み進めています。

 

先回の投稿でお伝えした通り、52歳という若さで他界された補綴歯科界のレジェンド。

文中の一節を拝借して、、、。

 

後年、石原の没後、石原教室の後継者らは次々に新しくできた大学のクラウンブリッジ講座の然るべき地位についた。

その多くがかみ合わせ、すなわち咬合を専門にした。

石原の没後、歯科開業医の間では米国輸入の咬合学というものが空前のブームになって学問的には混乱を極めるのであるが、石原の教室員から見れば、石原没後に『石原咬合論』という呼称を使った。もし石原本人がそこにいたなら、そういう派閥的な名前をつけるものじゃありません、と厳しく叱ったであろうが、すでにどこにも叱りつけるものはいなかった。

 

文中にあるように米国輸入の咬合学が空前のブームになって学問的には混乱を極めると書いてあるが、米国輸入の何が問題であったのだろうか?

私見でありますが、そこには日々の生活を営む上での咀嚼を考えていないのが米国の咬合理論であると考えています。

(これは全ての米国の理論が間違いと言っている訳でなく、民族の違いによる解釈に疑義がある訳であります)

 

そういう私も米国の理論で患者と対峙してきた経緯があるのですが、自分が解決したと思われた患者さんに対し、日本人的な咬合理論を当てはめ咬合調整を恐る恐る開始した訳でありますが、次回来院時、患者さんより先生、、、ありがとうございます。 以前よりとても噛みやすくなりましたと報告を受ける次第であった訳であります。

 

患者さんからの感謝の言葉の裏腹には、申し訳なかった思いでいっぱいに満たされた懺悔の日々を過ごした訳であります。

 

現在の私事ではありますが、精一杯患者固有の顎運動に調和する補綴物を提供することが使命であるように考えています。

 

ホームページ内にある日本人型咬合紹介ページになります

 

咬合に関する、何かの選択基準にして頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 22:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐魂が揺さぶられた書籍⭐

未だに論争の絶えない世界!『咬合=かみ合わせ』

今回一気読みをした書籍!

『手仕事の医療 評伝 石原寿郎』

 

石原寿郎先生は、東京医科歯科大学補綴科教授で詳細は書籍を読んで頂ければご理解頂けますが、52歳という若さで他界された歯科補綴界のレジェンドと言われています!

 

米国から輸入された咬合理論を検証しながら、また機械論的な咬合理論に異を唱えながらも寡黙に取り入れるべき点を俯瞰しつつ、理論の検証を繰り返しながら、心から患者さんへの診療技術の還元を考え抜いていた人物であったのではないかと考えています。

 

今更言っても仕方がありませんが、石原先生が存命してしていたならば、カオスな咬合論が蔓延しなかったかも知れないのではないかと考えています。

 

歯科界を見渡してみると、、、。

犬歯誘導VSグループファンクション

リンガライズオクルージョンVSバランスドオクルージョン

などなど何故? 戦わなければいけないのか甚だ以ておかしな話であったと思っています。

また、各々の先生方が補綴学を学んだ世界だけに限定し、それぞれが主義主張を繰り返すだけで、論争が絶えないのは自明の理であると思っており、戦う必要などないのではないかと考えています。

 

それは、何故か?

患者は骨格・筋・顔貌それぞれ各人違うわけで、それぞれに合った咬合をよく観察・分析しそれぞれに合う理論で臨床を行うだけであると考えていますが故に、咬合は難しい分野の学問であると言えます。

 

そういう私も咬合を学び始めた時は、何故?先述のVSな世界なのか到底理解できなかったことを思い出します。

故に、『咬合を制する者は、歯科を制する』という世界になのであると考えています。

 

私のクリニックには、何軒ものクリニックを転々とされて来院される患者やインターネットでかなりの情報を得て来院される患者さんや咬合に関する書籍を自費出版されている先生の元で治療を受けられた患者さんが多数来院して頂けています。

 

情報過多や間違った情報で混乱されている患者さんが多いように感じていますが、手仕事の医療の文中をお借りして一言!

『歯科の治療学は、治療技術学にとどまっている。 半世紀の長い冬眠の前の19世紀であれば、それでよかった。

しかし20世紀半ばの学問が、それでいいはずはない』

と書かれています。

 

私の私見ですが、未だに混沌としている咬合、そこにある理論は、本当に患者利益なのか!?

果たして歯科医師利益なのか!?と問うと疑問が未だに残りますが、今後も患者利益の補綴歯科医療とは何か!?を深く洞察しながら一人ひとりに合った補綴物を提供していきたいと考えています。

 

咬合で悩まれている患者さんがいれば、この本は一般向けにも書かれているのでご参考にして頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 院長の独り言 | 20:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)のページ⭐

トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)に関する記事の中で、新たにアンケート集計結果と体験談を追加しました。

 

通常のマッサージと似て非なる施術により喜びの声を頂けています。

 

米国では一般の国民に向けて、肩こりは「筋膜痛」であるという情報がパブリッシングされている時代に突入しています。

また、欧米では顎関節症の治療の選択肢として理学療法が最優先されています。

 

スプリント治療(プレート治療)は、1時間装着しているだけで微妙に顎がずれてしまいます。

一般社団法人日本顎関節学会のホームページ内では、スプリント治療に関して、2週間経過して痛みや症状が悪化しない場合は専門医療機関を受診するようにと記載があり、またスプリント治療は、弱い推奨/”低”の質のエビデンスと記載されています。

 

20年前よりスプリント治療を行わず顎関節症治療に当たらせて頂いていますが、スプリント治療が全くダメな治療と批判するのではなく、マイナスに働いてしまうと顎のズレが大きくなり噛み合わせも変化する点を知って頂ければ幸いです。

 

アンケート集計結果&トリガーポイント療法体験談はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

                    
| トリガーポイント療法 | 12:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐顎関節症等に対する侵襲の少ない治療選択肢⭐

最近来院される患者さんの中で、色々な歯科医師を回られ様々な意見により混乱されていたり、ネット上の情報で混乱されている方が多いので顎関節症や咬合異常の治療に関して治療法を整理したいと思います。

 

下記の画像の中であるように左が侵襲がほとんどない治療の選択肢になります。

また右側が侵襲が大きくハイリスクな治療と言われています。

 

 

侵襲が大きくハイリスクな治療の中で例えば矯正治療に関してですが、論文ベースで顎関節症は、矯正治療で治るか?治らないか?は治ると報告されている論文が50%、治らないと報告されている論文が50%です。

治らない場合が、50%ということは、ハイリスクな治療と言っても過言ではないように考えています。

 

またハイリスクな治療の中にある咬合調整などは、もっての外で当クリニックには無意味な天然歯の調整により悪化された患者さんが来院しています。

 

他にもスプリント療法(マウスピース療法)も装着すると顎の位置が変化することにより噛んでいる位置が変化してしまうのでプラスに働けば良いのですが、マイナスに働いてしまうと顎の大きなズレを生じさせてしまうことがあるので、個人的には治療選択肢としてメニューには取り入れていません。

 

治療選択の中で、ご参考にして頂ければ幸いです。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

 

 

 

 

                    
| 院長の独り言 | 13:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐患者利益の歯科臨床とは?⭐

色々な学びの中で、患者利益とは?何かを命題に日々過ごしているのですが、、、患者利益の顎関節症管理や肩こり、首こりのマネージメントにつながる歯科医療を目指しています。

 

新たに、トリガーポイント療法(マイクロストレッチ療法)に関して、コンテンツを改変しましたので、ご覧頂ければ幸いです。

 

http://www.ginza-gakukansetsu.com/trigger_point.html

↑顎関節症の概念や、新たな患者利益の歯科医療に興味のある方は、ぜひご覧ください!

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 顎関節症&噛み合わせの話 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/118PAGES | >>