CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
                
MOBILE
qrcode
⭐患者様の治療体験記を頂きました⭐

患者様より治療体験記を頂きました。

 

6軒の歯科医院を巡り、色々と悩まれた後に当クリニックで治療を開始し、快癒に導くことができました。

 

また奥様もご紹介して頂け、現在奥様の口腔内環境を整えるため治療をさせて頂いております。

 

奥様は噛み合わせ異常ではないのですが、喜んで頂ける補綴歯科治療を提供したいと思います。

 

⭐患者様の治療体験記はこちらから⭐

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 患者様の治療体験記 | 15:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯ぎしり・食いしばり・睡眠の質向上に朗報な装置です⭐

歯ぎしり・食いしばり・睡眠の質向上に朗報な装置、、、SLP装置の特集記事を公開しました。

 

ぜひ、ご覧ください。

 

全国でも提供できる歯科クリニックは数少ない装置になっております。

 

⭐SLP装置の特集記事はこちらから⭐

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 歯ぎしり・食いしばりの話 | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科衛生士の活躍と強み⭐

歯科衛生士の活躍編パートです。

 

パート パート△發翰くださいね。

 

「予防は治療に勝る」

患者さんに取り組んでほしい点は、磨いているから磨けている歯磨きにシフトしてほしいと考えています。

 

咬合異常にならないためにも天然の歯を守り育てる歯科医療を知って頂ければ幸甚です。

 

⭐磨いている〜磨けている取り組みです⭐

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 予防歯科 | 13:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科衛生士の活躍と強み⭐

歯科衛生士の活躍と強み△亡悗靴討任后

 

みなさんのお顔が一人ひとり違うように虫歯にかかりやすい人、かかりにくい人がいます。

 

虫歯に対してのリスク?を科学的に判定し、患者さんに合わせたリスク診断を行うことのできる唾液検査を当クリニックでは歯科衛生士主導のもと行なっております。

 

大切な歯を守るための予防歯科の取り組みを知っていただければ幸甚です。

 

唾液検査はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 予防歯科 | 18:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科衛生士の活躍と強み⭐

歯科医師の仕事は、『治療に関する部門』、そして大切なパートナーの歯科衛生士の仕事は『予防歯科部門』

 

大切な天然の歯を守るのが、歯科衛生士の仕事なんです。

 

予防先進国のスウェーデンでは、大学院教育までカリキュラムがあるほど国民の歯を守るためには、必要な職種になっています。

 

当クリニックでは、マイクロスコープ(実体顕微鏡)を用い、虫歯&歯周病の管理に当たっておりますが、歯科衛生士の努力に感謝しています。

歯科衛生士の取り組みのリンクです。

↓ポチッとしてくださいね。

マイクロスコープを駆使した予防歯科の取り組みを是非ご覧ください!

 

明日も休日返上で、銀座1名&千葉のNAMBA DENTAL OFFICEの2名が、日本を代表する東京SJCDのハイジニスト(歯科衛生士)ミーティングに参加してくれます。

次回の歯科衛生士の取り組みも乞うご期待!

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 予防歯科 | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐口腔外科専門医&補綴専門医によるインプラント治療⭐

昨日は、口腔外科専門医&指導医の眦超擬にインプラント埋め込み手術を担当して頂きました。

 

私は、補綴専門医&指導医という立場で、手術アシスタントしましたが、両者の連携によりベストな埋め込み手術で終えることができました。

 

1症例目は、上の顎に2本埋め込みました。

↓レントゲン写真です。

2症例目は、下の顎に1本埋め込みました。

↓レントゲン写真です。

 

今後も専門医同士の連携により、より安心で安全なインプラント治療を行います。

 

インプラント治療情報はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| インプラント症例 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐重力に負けない身体作り⭐

昨日、重心計が届きました。

 

噛み合わせ異常患者さんや歯ぎしり・食いしばり対策で行なっているSLP装置装着前&装着後では、重心のバランスの改善も当然プラスに改善されているのですが、今回購入した重心計により可視化でき患者さんにも客観的評価をして頂け、より満足度が高くなるかと思います。

 

また、SLP装置に関しては、装着前と装着後で重心バランスの改善が起き、立位体前屈がプラスの変化は体感して頂けているのですが、より一層、装置の効果をご理解して頂けるかと考えています。

 

重心計と重心バランス改善画像です。

SLP装置の概要が書かれたpdfもリンクしますので、ご参照ください。

 

SLP装置概要はこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 全身の健康 | 10:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐歯科衛生士の予防歯科ページが公開されましたー⭐

昨年から取り組んでいた、『歯科衛生士の予防歯科』のページがホームページ上で公開されました。

 

日々の日常業務で忙しい中、完成までたどり着いたことに感謝しています。

 

私が担当する咬合異常(噛み合わせ異常)患者群は、何の理論もない歯科医療を受けられてから悩まれている患者さん達です。

 

補綴(クラウン・ブリッジ・入れ歯・インプラント上部構造)などの専門医として、日々汗をかいているわけですが、、、歯科治療を受けなければ悩みも起こりにくいと考えています。

 

予防歯科の大切さを知って頂ければ幸いです。

ホームページ内のマイクロスコープ編は、必ず見てくださいね。

 

完成したページはこちらから

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

                    
| 医院情報 | 21:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐謹賀新年⭐

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

2017年が皆様にとって素晴らしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 

本年もスタッフ共々、さらなる成長を意識した歯科医療に向かい、患者さんと喜び合いの歯科医療を創造します。

 

患者様の怖れや不安の意識を安心に変え、ますます治療体験記を頂ける歯科医療を提供します。

 

昨日、2017年 10大ニュース(目標)を立てたのですが、その中の一つである書籍出版!

主婦の友インフォス社より依頼が来ているのですが、現在、担当編集者に当クリニックの強み〇兩指導足育指導マイクロストレッチ療法(トリガーポイント療法)SLP装置等を体験して頂きながら、その実益を体感してもらい内容に関し煮詰めたいと考えています。

 

今日は、書籍出版に向けて歯学図書を購入してきました。

 

草案としては、〜歓箸罰み合わせの関係から垣間見る姿勢の大切さ! ▲屮薀シズムコントロール(特に食いしばり)最前線!

8こり、首こり、緊張性頭痛などの『痛みと不調の管理』! 他にも『食育』等に関して書くか書かないか迷っていますが、ワクワクしています。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

                    
| 院長の独り言 | 18:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
⭐2016年診療最終日⭐

本日は、2016年診療最終日。

年明けは、1月6日より新年の診療を開始させて頂きます。

 

今年も

ヽ楷慇畩

噛み合わせ異常

食いしばり系顔周辺の筋膜痛

などなど

色々と多岐に渡る患者さんを解決に向かえたかと考えていますが、咬合の奥の深さを味わえた一年になりました。

 

何故? 咬合(噛み合わせ)治療は難しいのか?

その訳は、来年の2月12日の国際咬合シンポジウムの案内を垣間見ればご理解できると思います。

シンポジウムの紹介文の中にあるように、、、。

『Dentistry  is  Occlusion』との言葉が古くからあるように、歯科咬合学はいつの時代も歯科医療の根幹を成す重要なテーマであり続けています。と同時に、未だ完全に解き明かされることのないブラックボックスが存在し、それゆえ世界的にも、また日本においても今もってさまざまな咬合理論が俎上に載せられ、議論されているのが現状です。

そして今回、咬合学における識者が一堂に会した講演会『国際シンポジウム 2017』を開催することとなりました。

 

私見ですが、咬合が何故難しいのか?

咬合は、大きくまとめると『顎位と顎運動』と考えることができます。

ということは『顎位』のコントロールが鍵になります。

 

その顎位のコントロールが難しい訳で、現在の歯科医学だけでの対応では、難しいと考えています。

 

イスラエル開業のDr. Martin Gross先生がどれだけ顎位について言及されるかが興味津々で参加します。

 

2017年も咬合に関する知見を深め、一人でも多くの咬合病(噛み合わせ異常)の患者さんと喜び合える歯科医療を展開させて頂きます。

 

皆様、良い年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。

 

オーク銀座歯科クリニック@銀座 歯科

補綴専門医&補綴指導医:難波郁雄

 

 

                    
| 医院情報 | 16:41 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/117PAGES | >>